北朝鮮、核実験場閉鎖の時に対外に公開と合意・・時差も無くし韓国側に合わせることに

南北の合意した内容だそうですが・・北朝鮮が、核実験場を平和する時、対外に公開すると合意したことがわかりました。

「あ、それどっかで見た」と思って記憶を辿ってみたら、ちょうど10年前、2008年に同じく「対外公開」がありました。当時、テロ支援国家指定の解除などいろいろあって、北朝鮮はヨンビョン(寧辺)にある核施設の取り壊し、それ映像を対外に公開しました。

確か大きな煙突みたいなもの(?)がドカーンと破壊される映像だったと記憶しています。それから10年が経ちました。

言い換えれば、10年も「稼げた」わけですが・・・今回もまたその「繰り返し」でしょう。

北朝鮮側は否定していますが、いま閉鎖すると言っている実験場はもう使えない状態ではないのかという話もありますし・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

他に、北朝鮮は韓国と30分あった時差を無くし、韓国側に合わせるとした、とのことです。

これ、韓国では「北朝鮮の時刻が正しい!私たちがいま使っている時間は日帝によるものだ!」と騒ぐ人たちもいましたが、彼らの立場は・・(笑

http://v.media.daum.net/v/20180429111923216?rcmd=rn

 

 

NEW 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

 著書関連のお知らせ ♨

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・10冊目「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、9冊目「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“北朝鮮、核実験場閉鎖の時に対外に公開と合意・・時差も無くし韓国側に合わせることに” への44件の返信

  1.  北朝鮮と韓国の標準時の歴史的経緯について、ご隠居さんのところで詳しいく説明されているので、貼っておきます。
    ・https://ameblo.jp/nobody0728/entry-12372301895.html

  2. 金正恩氏が核廃絶するなんて事は、絶対って言っていいくらい有り得ないでしょう。

    北朝鮮は、経済制裁が解かれるまでは何でもするでしょう。
    核実験場の1つや2つ消えたって、どうってことないのだから。
    より良いものをまた新たに造ればいいだけ。

    テレビに映る金正恩氏の目のなんと冷ややかなこと!

    韓国も北朝鮮も、結局は日本だけがお金を出してくれることを、昔から知っていますよ。
    日本がお人好しだってことを。

    余談ですが、トランプ大統領もノーベル平和賞を狙っているのね!
    ノーベル平和賞って、軽すぎると思う今日この頃です。

  3. アベマTVからの抜粋音源ですが、面白かったです。

    【青山繁晴】『南北首脳会談』成果ナシ!嘘つき民族同士の茶番に米軍は怒り心頭!?【炎の論客】
    ttps://www.youtube.com/watch?v=07-Mc1cUooc

  4. 日本の左や赤な人たちも喜ぶでしょうが、本気で核を手放すとは思えません。
    結局は日本貶めのパフォーマンス。

    >「労働新聞」 大勢の流れから押し出されて独りぼっちの境遇になった日本の反動層

    >【平壌4月29日発朝鮮中央通信】深刻な政治的危機に陥ったうえに朝鮮半島を巡る外交の流れから押し出されて不愉快になった日本の反動層が日増しに意地悪く振る舞っている。
    >安倍と財務相、防衛相、外相をはじめとする島国の連中は各々出て「核と大量殺りく兵器、そしてミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」「最大限の圧力を加え、核・ミサイルの放棄を目標とする姿勢の変わらない堅持」などを言い立てている。
    >安倍は、先日の米国訪問の際にも上司にしがみついて核問題と共に「拉致」問題まで持ち出して対朝鮮制裁・圧迫を哀願した。
    >29日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、反朝鮮制裁・圧迫騒動を引き続き強化してわれわれをなんとしても害しようとするのが日本反動層の骨髄に徹した腹黒い下心であると暴いた。
    >同紙は、哀れな島国一族の醜態は大勢の流れから押し出されて独りぼっちの境遇になったことに対するヒステリックな狂奔であると嘲笑(ちょうしょう)し、次のように明らかにした。
    >日本反動層の反朝鮮対決策動は自分らの軍事大国化、海外膨張野望が水泡に帰していることに対する極度の不安、焦燥感の発露でもある。
    >日本は、今のように変わった世でいかに行動するのが賢明なのかということについて、そのすばしこい頭でよく打算してみて慎重に行動するのがよい。
    >今のように憎たらしく振る舞っては平壌に通じる道に自らより高い障壁を積み、馬に混じりたる牛の境遇になって世からさらに孤立し、排斥される結果しかもたらさないということを銘記すべきである。

    1. >本気で核を手放すとは思えません。

      その前に核が完成しているとはとても思えません。
      あれって相当な実験を繰り返さないとだめだそうな。

      中国だってすごい実験回数を繰り返してそのため
      ゴビ砂漠に、入った途端に即死するほどの危険地帯があるそうですし

      中国やロシア、アメリカから核のデータを盗まない限りは
      完成してないと思う。核実験はあくまでも実験です。
      完成してないからこそ実験を繰り返すのです。

      1. なるほど。
        それなら、閉鎖したほうが都合がいいわけですね。
        ありがとうございます。

  5. 金一族と後ろ盾の中華人民共和国がある限りドイツの様な統一は不可能.経済格差や民度も当時の東西ドイツとは大きく違う.従ってベトナム型統一になり,米国が南ベトナムを見捨ててサイゴンが陥落,北ベトナムによる共産主義国家となった様に,米朝会談後には米中露北による朝鮮戦争の終結宣言で,米が撤退した南北朝鮮でも全く同じ事がこれから起こる.
    在韓米軍を撤退させ,文大統領は金正恩体制を維持した南北連邦制の統一国家を目指すというが,北京政府は北による赤化統一を目論み,最重要課題の東アジア赤化のため南による自由主義統一は認めない.金正恩はいずれ文政権を切り捨て,金正恩独裁体制の恐怖の”大朝鮮人民共和国連邦”を建国させる腹.黒幕は中国で,第二段階は中国の再属国にして”東亜赤化中華思想圏”の東アジア編は完成.次は南シナ海諸国の赤化に向かう.

    大統領より偉い!? 韓国親北市民団体の挺対協などによる強烈な洗脳で,赤化統一するまで反日の国家国民が続いて馬鹿を見るのは韓国民.慰安婦や竹島で反日に励んだ馬鹿国民は騙され手遅れで,北に飲み込まれて,毛沢東ポルポトなみの大粛清と政治家,知識人,財閥の根絶が始まり韓国は消滅.

    1. ドイツを夢見ながら、その実、カンボジア、ベトナムになると言う事か。今のカンボジアを想像したらいいかも。

      1. >米が撤退した南北朝鮮はベトナム型統一
        私もその意見に賛成です。

        アメリカにとっては、朝鮮戦争もベトナム戦争も、
        (共産思想)が恐ろしかったからなんですよね。

        今(赤狩り)って、アメリカを舞台にしたマンガを書いている
        人がいますが、当時のアメリカを支配していたのは、
        資本家達であり政治に不満を持った民衆が(結果平等)の
        (共産思想)に染まっていって、内部から国家を乗っ取られることが恐怖でした。だからこそ、ベトナムにも朝鮮半島にも
        (赤)を食い止める為に戦争に加担したわけです。けど、
        今は冷戦も終結し、肝心の北朝鮮も中国も、内部は(独裁政権だけど一部資本主義社会になりつつある)わけで、
        アメリカにとっては他国の(独裁政権)や(人権問題)はどうでもよいことであり、共産主義は国家を貧乏にするだけだから、国力を減退させるだけで、(共産思想)は恐るるに足りないわけです。

        なので、早めに損切りで、韓国から撤退して、半島を統一させて内乱が多発してから、アメリカが国連軍として仲裁に向った方が
        確実にお金が稼げると思いますよ。

      2. ドイツのようになる、という夢は、部分的には叶いそうです。
        統一以前に、韓国経済が「第一次大戦直後のドイツ」みたいに。
        ヒトラーのような政治家が降臨する、というのもありそう。
        ヒトラーは「経済の立て直し」には成功しましたが…

        私は、半島勢力に任せておいたのでは「連邦制を宣言するだけで、まったく実質的統一は進まない」と予想します。
        で、そのうち「連邦制国家」そのものが破綻します。
        米軍が撤退しても、ベトナム型には、なれないでしょう。

        1. 追伸
          連邦国家が破綻する、というのは眠り猫さんの想定(統一後の内乱多発)と、結局は同じですね(笑)
          そこのところが、ベトナムとの違いです。

          そこでアメリカが介入するかどうかは、否定的に想定します。
          「Kの法則」に気付いたアメリカは、防衛ラインを対馬海峡に固定して、半島は中国に任せるのでは、と。
          米軍全面撤退のシナリオが実現するなら、理由としてのアメリカのアジア戦略は、そちらだと思えます。

          半島への影響力を保持したいなら、米軍は全面撤退しないでしょう。

    2. 朝鮮半島全域は、国連軍管理区域です。
      米国の判断では無く、国連安保理の議決が無い限り国連軍(在韓米軍)の撤収は有り得ないのよ。
      「北と南が仲良しに為たから、米軍は帰れ。」は、有り得ないのよ。
      そもそも朝鮮半島に米軍が居る理由は、1945年日本の降伏に伴う処置として、38度線以南を米軍が接収、38度戦線以北をソ連(当時)が接収した事に始まり、米ソの接収を以て日本から独立した事にして、大韓民国と北朝鮮が成立したことにした。
      そしたら朝鮮戦争が始まり、米国は国連軍を創設して北と戦い現在に至る。
      WWⅡの戦後処理の一環として始まった米ソの接収は、戦後処理をしないまま朝鮮戦争が継続状態で今日に至る。
      なので、決定権は米露に有る。
      横から口を出す中国も、若干の影響力を持ってる。
      しかし、北と南は共に決定権を持っていないのが現実だ。
      朝鮮のご都合主義は、通らない。

      1. >米国の判断では無く、国連安保理の議決が無い限り国連軍(在韓米軍)の撤収は有り得ないのよ。

        それは違います。国連軍(在韓米軍)はとっくに撤収しています。
        韓国から日本へです。
        1953年7月の朝鮮戦争休戦協定の当事者が国連軍で、
        1978年11月に米韓連合司令部が設置。
        国連軍司令官と米韓連合軍司令官は兼職であり、アメリカ軍人が当たる。そして2007年に横田基地に移転済なのです。

        そもそも国連軍と在韓米軍は別の組織です。
        朝鮮戦争休戦協定のあとで、アメリカと韓国で軍事同盟が締結されました。
        米韓相互防衛条約1953年10月1日調印、翌年11月17日発効
        つまり国連軍とは無関係に、二カ国間での軍事同盟を結んだことで、半島に在韓米軍があるわけです。半島は国連にお金を払っているわけではなく、アメリカ政府と直接交渉して、在韓米軍基地の維持費や場所等を決めています。

        これは日米安保条約といっしょで、日本国内における米軍基地の存在が国連とは無関係に、日本とアメリカとの二カ国間での交渉によるものと同じ扱いなのです。

        米韓連合軍司令官なんざ、日本の横田基地においてあるんですよ

  6. 初めてコメントします。
    著書何冊か読みました。
    教えてください。
    時差って国際的に一時間単位ですよね。
    北朝鮮の三十分の時差って何でしょうか?
    北朝鮮が勝手に決めた時差なんでしょうか?
    サマータイムも時間単位のはず。分単位の時差って聞いたことがありません。

    金王朝は時間も決められるんだ、ってことなんでしょうか?

    1. UTCと30分単位でずれているタイムゾーンのところは、少ないながらも北朝鮮以外にもありますよ。

      1. ありがとうございます。

        30分の時差、初めて聞きました。
        あるんだ、、

    2. いや、別に国際的に時差1時間でなんて決まりはありません。
      オーストラリアなんか国内30分単位の時差が有ったりします。
      ttp://www.ryokojoho.jp/aus/other/time.cfm
      ttp://www.digitalworldjapan.com/enc/others/timemap.htm

      標準時間はその国が自分の都合で定めるものですよ。
      もともと朝鮮半島が120度(中国)と135度(日本)の中間にあるから30分の時差って実はおかしくないんですよ。
      だから、時差つけて自分たち独自のタイムゾーンでやっても何の問題も無しです。

      大国に挟まれてどちらかに寄せるのが都合がいいなら、それはそれ。中国に寄せても日本に寄せてもどちらでもいい。

    3. 其の地域の標準時は、其の国が勝手に設定できます。
      日付変更線を見ると、善く解ります。
      30分に時差を採用している国は、存在します。
      ただ、在韓米軍と在日米軍間に30分の時差が存在する事は問題なので、韓国は日本時間に合わせませた。(軍政時代)
      北は、南に揺さぶりをかける為に、しばしば時差(30分)を持ち出して、韓国を混乱させてます。
      此のブログでも、時折話題になってます。
      北が、南の時間に合わせると言いだしたのは、北の南の赤化に対する相当の自信の表れですね。

コメントは受け付けていません。