太永浩氏「北朝鮮は決して非核化しません」

太永浩(テ・ヨンホ)という人をご存知でしょうか。韓国に渡ってきた北朝鮮の公職者の中でも、かなり高位級となる人です。北朝鮮のイギリス大使館の公使でした。

彼が14日に出版した初めての著書で(わざと南北首脳会談のあとに出版したそうです)、「北朝鮮は決して非核化しない」と主張しました。

「ニューシース」が紹介している該当部分を翻訳してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・金正恩は、父である金正日とは異なる方法で、神と同じ存在になろうとしており、その方法は、核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)、恐怖政治であった。そうやってカリスマを形成して神的な存在にならないと、体制はもちろん、金正恩自体が崩れる。金正恩が核ICBMに執着し、張成沢(チャン・ソンテク)の粛清で代表される恐怖政治を振り回す理由がここにある

・今回の板門店宣言で南北の首脳は北朝鮮の非核化ではなく、「朝鮮半島の非核化」を合意した。朝鮮半島の非核化は、これまで北朝鮮が粘り強く主張してきたことで、最終的に、在韓米軍を追い出そうとする戦略だ。金正日は『米国は朝鮮半島で核戦争演習を続けており、いつでも核兵器を持ち込むことができる。私たち(北朝鮮)の核で、米国の核を追い出してこそ、米国からの核不使用の担保を受け止める場合にのみ、非核化が可能である』と言った

・北朝鮮の第1次核実験直後、中国外交部長リージョソンと北朝鮮外務次官カン・ソクチュが交わした会話が、朝鮮半島の非核化が駐韓米軍撤収を意味する根拠である。北朝鮮の核実験に最も怒っ国は、米国ではなく中国のだった。1回目の核実験の後、中国の瀋陽でリーとカンが密かに会った

・リージョソンは「金日成同志は朝鮮半島の非核化という遺産を残したのに、今の朝鮮同志は彼の思想と遺産を壊している」、「金日成同志が朝鮮半島の非核化の思想を提示したのは、朝鮮のような小さな国が核競争に巻き込まれると過重な経済的負担に耐えられず崩壊してしまうだろうと予測したからだ」、「今からでも核開発をやめると、中国は経済、軍事的支援を増やす」、「核では朝鮮を守ることができない。経済から早急に再生させなければならない」と話した

・するとカン・ソクチュは「朝鮮半島の非核化とは、私たちだけの非核化ではなく、南朝鮮まで含めた全朝鮮半島の非核化を意味する」、「米国は朝鮮半島で核戦争訓練を続けていて、いつでも核兵器を持ち込むことができる」、「このような状況では、朝鮮半島は決して非核化されない。私たちの核で米国の核を追い出して、米国からの核不使用の担保を受け止める場合にのみ、可能である」、「金日成同志の朝鮮半島非核化の思想が実現されるように、中国は朝鮮とアメリカの関係を仲介してほしい」と金正日総書記の言及をそのまま伝えた

・「カン・ソクチュが使ったこの理屈は、以後、北朝鮮の一貫性のある核の理屈でもある。北朝鮮が、他のものはともかく、核問題だけ命がけでしがみついているという事実をより多くの人々にわかって欲しい

http://v.media.daum.net/v/20180514080106741?rcmd=rn

氏は他にもいろいろ今回の板門店宣言の問題点を指摘しており、特に韓国側が大喜びしている北朝鮮との鉄道連結についても、「北朝鮮の東海岸(朝鮮半島の日本海の方)防御部隊はほとんどが鉄道に沿って配置されており、鉄道を現代式に変えるには部隊の移転を含めて想像を超えた費用負担が発生するし、軍部の反発も大きく、ロシアと鉄道を繋げられずにいる理由もそこにある」と否定的な見解を書いています。

http://v.media.daum.net/v/20180514080207770?d=y

 

フムフム。

「朝鮮半島の非核化の意味」など、同じ趣旨の内容を本ブログにも「韓国人による罪韓論」にも書いたばかりですので、興味深い話だな・・と思いました。わかっていたこととはいえ、こういうエピソードを聞くのは新鮮ですね。この会話が本当にあったかどうか確認できる方法はありませんが。

 

 

 著書関連のお知らせ 

アマゾン他で予約中です!画像はアマゾンリンクとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

 5月10日発売のVoice6月号に寄稿文が載ることになりました。なぜ韓国の大統領は不幸な結末になるのか?というテーマです。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“太永浩氏「北朝鮮は決して非核化しません」” への66件の返信

  1. 文大統領の北朝鮮対応は共犯と言うより確信犯でしょう。
    騙されたではもう通用しない。

  2. 先日の米朝首脳会談が開かれる前のアメリカ国務大臣との折衝で、
    まず核弾頭5機をフランスに運び、その後毎月5機ずつフランスに運べと。
    北はその条件を飲まなければ、アメリカからの爆撃が待っている。
    どのみち非核化しても、ジョンウンの命は無いでしょう。

  3. 南北融和にゃお金がかかる。
    まずは韓国民の懐から出してもらうにゃ。
    うまくいくといいのですが。

    1. それは”やり方”次第でしょう。
      それこそお金をかけずに時間をかければ良いのでは?
      数十年単位でやれば良いと思いますよ。
      「日本が巨額の費用がかかると言っているが嘘だ!」
      とも公言しているようですし・・・
      良策があるのでしょう?(笑)

  4. この解説と同じ内容、NHK教育の「ニュースで学ぶ英語」でやってましたよ。北朝鮮とアメリカが意図する非核化がどう意味が違うか、だからトランプ大統領は外務大臣を国際協調派からタカ派に変えたって解説。ワイドショーなどのショーアップした薄っぺらな評論家の話聞くより、いい番組だったんですが、終了してしまいました。

  5. 曇り目が中国に怒られたから朝鮮半島全体とか言い出したのかとみてしまいます。つか非核化の南北共同宣言だして割とすぐ査察お断りしてたような。なんだか現時点から盛ってるというか作ってる感がありませんかね。

    1. 朝鮮半島に統一国家が生まれる可能性が無いとは言いませんが、それは朝鮮人が決められる事ではありません。
      韓国は朝鮮戦争の休戦にも絡んでいません。
      (当事者ではありません。その立場を自ら放棄しました。)
      もし朝鮮統一が行われたとしても、米中露日の思惑が絡んだ歪な国家になるのは避けられないのです。
      戦後いい加減な事ばかりやってきたツケです。
      今更どうにもなりません。

  6. そうはいっても、北朝鮮が非核化しない(或いは非核化を偽装)=朝鮮戦争休戦の終わり(戦闘再開)
    ってことでしょ。

    1. 米は問題を話し合いだけで解決する国ではありませんよ。
      そこには必ず強大な軍の存在がありますし、今回はワシントンDCを灰燼に帰すと脅されてもいるのです。
      旧ソ連でさえそんな直接的な脅迫はしませんでした。
      米軍はやりたくないでしょうが、それでもやるときはやるでしょう。
      そして、朝鮮戦争の終戦には協定の当事者の賛同が必要です。
      すなわち中共の意志が必ず介入するのです。
      どちらにしても当事者でない韓国に権限はありません。

  7. あの国はあの人権の扱いこそが体制そのものなので、手なんかつけられません。
    人権に手を付けるまでもなく、体制崩壊しますよ。3月以来中国協力下の経済封鎖で平壌の食糧配給や電力供給が滞ってますからね。
    3月から雑穀さえ配給されずにトウモロコシだけらしいですから、中国の協力下で封鎖を維持するだけで、食えなくなった平壌市民が軍部巻き込んで蜂起することでしょう。

    そしてアメリカは最後まで開戦しないはずです。
    本気の戦争の覚悟を見せないと、中国は交渉のテーブルにさえつかないので、臨戦態勢になっただけだと思われます。
    朝鮮問題は下支えする中国こそが問題で、朝鮮よりも中国そのものが問題で、そこにどう圧力をかけるかが主題です。
    北朝鮮の挑発を利用して、中国への圧力を大義を持って効率よく増している、という印象ですね。

    1. 北の延命が中共によって行われてきた事は事実です。
      また北の存在は中国にとっての生命線です。
      自らの体制を維持するためにも緩衝地帯を手放すわけはありません。
      そしてそんな中国のことを米国はよく理解しています。
      米国にとって北の問題はあくまで対中政策の一つでしかないのです。

    2. 中国は2つの空母の試験航海を始めたね。
      ここに来て、何やら急いでいる様子。
      この空母は対アメリカ本土用か、対在日米軍用か、、、
      何しようとしているんだろう。

  8. 問題は、この意見が大勢にならないとこだよね( ´ ▽ ` )
    平和統一わっしょい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆じゃないといけない雰囲気になってるでしょう?もう既に、、、

  9. 国会での安倍首相の答弁でも
    制裁解除の最低条件は「核放棄」ではなく
    「核放棄+拉致問題+ミサイル+大量破壊兵器」ですからね

    日米はジョンウン体制を潰すところまでとことん追い込んでいくつもりでしょうから、
    核放棄の実現性だけにこだわってもねー
    支援したがってる人は、少しでも核放棄の姿勢が見えたら援助する気マンマンなんでしょうね。

    1. 日米中露は、
      北朝鮮が核を放棄したら、基本的に金体制を維持する方向で一致していると思います。
      この地域の不安定化を望んでいる国はありませんよ。
      原則は現状維持ですね。

      1. 日本はと、言うよりは、日米は「核」だけには、拘っていないと思いますよ(別の意味で)。
        ジョンウンと笑顔で握手出来ますか?
        それをすれば、支持率が上がると思いますか?

        核廃棄の後には、拉致を含めた「人権問題」も追及されます。
        誰も責任を問われないと思いますか?

        ジョンウン排除しか選択肢は無いと思うけどね。
        ジョンウンは既に整形してダイエットをしてんじゃないかな~~ww

      2. そう思います。
        日本は拉致問題があるから、金体制が崩壊した後に国連の管理下になるのがいいかもしれませんがね。
        しかし、あの国のことですから、独裁体制が崩れたら南も巻き込んで内戦状態になりかねない。そんなことになるよりは、核抜きの現状維持が最も望ましい。他の国にとって北朝鮮は核を放棄しさえすれば、どうでもいい国なんですから。

  10.  なんか、古くなってしまった論という感じがしますね。
     米国が本気で軍事攻撃の構えで、経済制裁も中国が協力している今、これを踏まえた論が必要でしょう。

    1. >米国が本気で軍事攻撃の構えで、経済制裁も中国が協力している今

      あいかわらず空想が酷い

コメントは受け付けていません。