「この作家は親日派だ」博物館に放火して見物していた犯人、逮捕

お待たせしました。帰ってきました!いつもの神社で感謝の祈りと日本酒を捧げ、本も買い、レナの服も買い、布団乾燥機(夏モード付き)も買いました。著者として書店めぐりができるのも、皆様のおかげです。本当にありがとうございます。あ、コメント欄からの情報ですが、アマゾンのKINDLE版がなぜか別ページになっていましたので、リンクを追加致しました。遅くなって申し訳ございません。

それじゃ、遅くなりましたが今日の更新行きます!

京畿道にある、50点の作品を常設展示していた小さな博物館。そこに放火し、近くでそれを見ていた男(70)が逮捕されました。彼は「(博物館の作品の)作家が親日派だから放火した」と何の躊躇いもなく話した、とのことです。

ちなみに、その作家は親日派ではありませんでした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、記事から部分引用します。

<・・警察に捕まった70代の男性(犯人)は、親日派が嫌いで火をつけたと主張しました。火を初めて出したのは檀君と仏像彫刻がある「民族館」でした。

男性は犯行3週間前に博物館を訪れ、創設者の彫刻であるサッがッ(笠)が日本式だと抗議したことが明らかになりました。

(館長の話)「作品が少し、日本らしいではないかという不満を持っていたと思われます。(犯行当日)またそんな話をしてきたのかと思っていましたが・・」

博物館側は(作品は)親日派とは何の関係もないと述べました・・>

http://v.media.daum.net/v/20180601210904295?rcmd=rn

 

犯人は放火して逃げたりもせず、遠くから見物していた、とのことです。しかも、コメント欄には「じゃ日本に行け(日本で放火しろ)」「他に親日派が多いのになんで博物館まで行ったのか」というのがあったりします。

反日という名の歪んだ「正義」が、「日本には何をしてもいい」という行動として表れること。恥韓論から書いてきて私の持論が、広く、そして深く韓国社会の人たちを染めつつあるみたいです。

夜にもう一本更新します。

 

なぜかKINDLE版が別のページにあったので、リンクにKINDLE版を追加しました!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が2018年6月2日に発売予定です。KINDLE版はこちらへどうぞ。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“「この作家は親日派だ」博物館に放火して見物していた犯人、逮捕” への48件の返信

  1. >>「日本には何をしてもいい」という行動

    靖国神社での爆破事件、放送局前での殺人未遂事件、いずれも韓国人が日本国内で起こした「テロ事件」です。マスコミは(左や朝鮮系に乗っ取られてるのかしりませんが)、もっと事件を大きく報じ、問題視すべきです。その際、韓国の教育・政策が如何に反日を危険なレベルに押し上げてしまったかを大々的に報じるべき。そして英語ニュースなどを通じて外国にも報せるべきです。

    韓国はもはや隣国とも思いたくもないが、物理的な距離は変えようもないので、困ります。本当に厄介。本当に危険。

    犯人は死刑にはならない。刑期を終えたら、韓国に戻り、2018年の安重根にでもなるつもりなのか。卑劣なヤツ!!!。

    1. 博物館への放火犯が刑期を終え、出所したら、今度は来日して、別の凶悪犯罪を起こす可能性があります。

      ヤツには罪の意識が薄いのです。そしてそのことを、反日の韓国社会が容認してしまっています。

      この放火犯のようなケダモノを日本に入国させないためには、何が有効でしょうか。

      ビザの復活は有効策となりうるでしょうか。

  2. まさに魔女狩り。中世ですなぁ。

    自分の気分が良ければそれで良い、自分の考えは絶対に正しく、不都合なものは隠して言い繕って上手くやれば良いと思っているうちは科学も社会も発展しないでしょうね。

    競走相手(国)はそうではないので差は開く一方ですが、朝鮮民族が根絶やしになることはなさそうなので本人達が良ければいいのではないですか。

  3. 神社のトイレでの爆弾テロ、テレビ局建物前で殺人未遂と韓国人の犯罪が過激化しています。
    京都の竹林への落書きが微罪見えてくるのは思い過ごしでしょうか。
    いつか取り返しのつかないことが起き、韓国がテロ国家として認定される日が来るかもしれません。

    1. 京都の竹林への落書きは、いわば、「韓国人による竹テロリズム」です。

      山盛りのわさびごときに、「わさびテロだ」と大騒ぎしていたバ韓国人は、今頃どうしてるんでしょう。連中はサッサと苦しみ死んでくれ、と真剣に思います(韓国愚民の話をしてると、普段はほとんど怒らない自分まで、考え方が荒っぽくなり、言葉も汚くなってしまいます。我ながら怖い気がします)。

  4. 正しい韓国人じゃないですか?
    優しい教育制度に教育され、健康保険制度に守られ健康にこれまで暮らしていた善人です
    『笠』に日本的要素があっても、生産設備は、日本製・製造方法も日本指導、製造したのは、土地も人も韓国でいいじゃん
    『半導体』『科学繊維』『いちご』韓国製でいいじゃん
    70年生きてきて放火、食い物の手当てできないほど困ってきたのか?
    老人の犯罪が増えるとノミのように潰すしかないね(一応先人ですから)

  5. 「親日派」は、韓国に取って悪魔なんですね。
    憎まなければならない相手、日本。それに反するものは、悪魔であり敵。
    韓国国内で、売春婦像を建てる事も含め、何やっても私は別に構いませんが、最も大事なことは、日本が日本人が、こういう民族であるという事を、もっと広め、認識しなければならないということです。

    やれ、日帝のせいだ、親日だ、とか、そういう言葉がメディアに極々普通に掲載される国だということが、すでに異常な国である事を物語っています。

    嘘が真実になる韓国社会、それでも法治国家だ、なんて、いつまで通用するのかなって感じ。
    北におちょくられ、米国には邪魔にされ、日本に無視され、チンチラマイのムンさん、まあ蚊帳の外から面白、可笑しく見させていただきます。

  6. 放火は日本では重罪。
    韓国ではそうでないのかね。
    いつも火病ってるからね。

  7. 現代朝鮮研究家の西岡力氏の解説を見てると日本と朝鮮の対立の裏にはいつも朝日新聞の存在がチラつく。
    慰安婦問題を捏造したのも朝日新聞、韓国人が日本側が歴史歪曲しているように見えるように意図的としか思えない「誤報」を垂れ流してきたのも朝日新聞。
    韓国側に新聞の書き方を指南したのも朝日新聞。
    現在、安倍政権の倒閣の為に森掛問題を作り出したのも朝日新聞。
    西岡力氏によると朝日新聞の記事に騙されて北朝鮮に戻った元在日は朝日を激しく恨んでいる。
    前田明の祖母は朝日新聞の記事を鵜呑みにして北朝鮮に渡り行方不明になっている。
    森掛け問題を報道している全ての放送が朝日新聞の記事を元に報道している状況がある。
    2ちゃんねるにおいても朝日新聞社のIPアドレスで不可解な荒らし行為が行われていた過去がある。不思議な事に朝日新聞社をアクセス遮断する度に無関係と思われていた複数の荒らし行為が途絶えるのであるの
    一体こいつらは何なんだ…。

    1. 朝日と朝鮮がテーブルの下で手を組んでる可能性は、否定できません。かつて朝日がソ連と結んでいたように。(不熱心)読者である私ですら、それを疑っています。

      従って、朝日の国際面と政治面に関しては、「書かれていることは真実の真逆かも」と腹を括って読む必要がある。って、それなら読まない方がマシなので、読み飛ばすことが多い。よって朝日はすぐに読み終わる。

      ただ、左派が何を考え目論んでいるかの意見表明であると位置付ければ、敵状視察的に読むことは可能だとは思います。

      追伸
      たしか、戦前のゾルゲ事件で、御前会議の結論をソ連に流すスパイ行為を行ったのは、朝日記者の尾崎秀美ですよね。あの頃から親ソ連のメディアであったのかと。

  8. 基地外朝鮮人‼️これでも法治国家か❓土人国家の間違いだろ‼️

コメントは受け付けていません。