コピノ(Kopino)、4万人突破か・・売春で生まれた子は5%にもならず

旧ブログでこの件を扱うようになった時、コピノの数は「1万人」となっていました。確か、2011年か2012年だったと記憶しています。それが、2013年には「2万人」となり、2014年6月に「3万人」というニュースがありました。そして、今日、「4万人」とするニュースがあったので、紹介します。

このニュースで注目すべきは、「5%」という数値です。記事本文にもありますが、韓国ではコピノが主に「性売買(売春)によって出来た子だ」というニュアンスになっています。しかし、コピノ問題にとりかかって「韓国人お父さんを見つける」運動をやっているク・ボンチャン氏によると、売春による性関係で出来た子は5%にもならない、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・コピノの数は4万人

・国内マスコミはコピノのお母さんたちを「性売買女性」と紹介しますが、売春で生まれた子の割合は5%にもならない。フィリピン留学生、語学研修生たち、フィリピン企業に派遣に行った社員、起業家たちがフィリピン人女性と恋愛して、子を捨てて韓国に帰ってくる

・コピノのお父さんたちの顔写真を載せるブログを初めたら、様々な脅迫に苦しめられた。いまは米国のサーバーでブログをやっている。米国ではコピノ問題による顔写真の公開は問題ない

※顔写真の公開については賛否両論があると思いますが、私は反対です※

・「韓国人男性とフィリピン人女性の利害関係が衝突しているのに、なぜ韓国人(ク・ボンチャン氏)が韓国人の味方をせずフィリピン人の味方をするのか」と講義されることも多い。そして、フィリピンの同胞(韓国人)の多くが、そういう意見に同意している

・韓国人お父さんには子を養育する法的義務がある

※ソース記事とは関係ありませんが、最近、この件でコピノの方が勝訴(お父さんの養育義務が認められる)することもあります。しかし、フリピンで婚姻届を出していた場合、またはDNS検査が一致した場合に限られます。ほとんどのお父さんたちはDNA検査に応じていません。

・日本の場合、いわゆる「ジャピーノ」問題において、国家がいろんな支援をしている。国家が弁護士を雇ってくれるし、ジャピーノたちの国籍取得、養育費請求などの場合にサポートしてくれる。ジャピーノたちが日本に就職しようとする場合には、日本政府が日本の企業と協力してフィリピンに作った就業センターがあり、そこで日本語教育など職業訓練の助けを受ける。韓国政府はコピノ問題に10ウォンも手伝っていない

http://v.media.daum.net/v/20180606143304381?d=y

 

良き結果を願うのみです。

でも、韓国のことですから・・50年後には「フィリピン女性に無理矢理連れて行かれて性奴隷になった韓国人男性が4万人」ということになっている(慰安夫)かもしれません。いや、冗談です、冗談。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“コピノ(Kopino)、4万人突破か・・売春で生まれた子は5%にもならず” への49件の返信

  1. 韓国のマスコミは触れませんね。やはり是非を問わず身内をかばうのが絶対的正義という儒教的価値観なのでしょう。

  2. これかな?

    以下コピペ

    ジャピーノ

    日本人男性がフィリピン女性を妊娠させ出産となっても、日本へ帰国をしたり、認知や支援をしない場合がある。同様にフィリピンには日本以外の外国人との混血児もいる。社会福祉団体は混血児を体系的に支援し、母親への職業訓練などの対策をしている[2]。
    フィリピン人女性と日本人男性との主な出会いの場は日本国内にあるフィリピンパブが多い他、フィリピン国内での出会いも考えられる。また「嫁不足」に悩む過疎地の農漁村に国際結婚で来日し、離婚する例もある。日本人男性がフィリピン人女性とその間にできた子供から蒸発するケースが場合あり、そのため子供は日本まで来て、父親を探す事がある。この事は父親に認知して貰って、日本国籍を取得するためでもある。

    コピノ

    韓国男性がフィリピン女性を妊娠させ出産となっても、ほとんどの場合韓国へ帰国をしたり、認知や支援をしないため、コピノの大半は貧困で教育もろくに受けられず、汚物のたまった掘っ立て小屋で粉ミルクすらまともに摂取できない最底辺の生活を余儀なくされている。
    フィリピンにはコピノのほかにも先進国の外国人との混血児がいるが、これらの国の社会福祉団体は混血児を体系的に支援し、母親への職業訓練も行っている。現地でコピノ支援活動を行うモク・チンヒョクク東方社会福祉会理事は「何よりも父親の態度が違う。米国人や日本人の父親は子どもの存在を知ると、養育費を送ったり自国に連れて行ったりするケースが少なくとも半分を占める」と語っている。一方、韓国人の父親のほとんどは子どもの存在を知らないか、または否定をするという。
    コピノが増加している要因として、韓国人の買春旅行、短期語学留学生の無責任な振る舞い、加えてフィリピンでは1930年以来堕胎が違法化され、しかも大部分が避妊と堕胎を許容しないカトリック信者である点も理由に挙げられる。
    フィリピンの観光客全体のうち韓国人の比率は23.6%(2011年)と最も高い割合を占める。旅行業界関係者は「木曜日や金曜日のフィリピン行き飛行機はほとんど満席だ」と語っており、これらの観光客の行先地は、おおよそ昼にはゴルフ場、夜には歓楽街と決まっている。短期語学研修生たちも英語を早く習うと、フィリピン女性と同居し子供まで産んで、無分別に韓国に帰る場合も少なくない。僑民団体関係者は「フィリピン女性たちは、特に避妊を要求せず、カトリックの影響と費用の問題で中絶もしない」とし、「フィリピンを訪れた男性たちはフィリピンに自分の2世がいるかも知れないと考えて見なければならないだろう」と語っている。
    米国や外国に比べて物価と教育費が安く、1対1の英語教育が可能で、英語研修地として脚光を浴びているフィリピンに、短期の語学研修に行く韓国学生たちは、2007年現在で年に4万名にも達している。この中の一部学生たちの度を越えた不法・不道徳行為は社会的問題を惹起するだけでなく、韓国への印象すら悪化させている。最も大きな問題は不法買春で、中にはフィリピン女性たちに変態的性行為を要求するだけでなく、暴力を振るうなど加虐的行為も行う者もいた。
    また、フィリピン語学研修関連カフェにおいて、語学研修に行って来た学生の中の一部が、夜文化という交流会を作り、自分と付き合ったり性的関係をもったフィリピン女性たちを写真を使って晒し者にするという事件もあった。
    このような醜態によって、韓国人を見るフィリピン人たちの視線は日増しに厳しくなっており、嫌韓感情の高まりの一因ともなっている。
    2010年に入ってから数年で1万人から3万人に急増している。フィリピンは、韓国人にとって人気のある旅行先であり、フィリピンを訪れた外国人470万人のうち25%が韓国人である。フィリピンでは、韓国が熱心に問題提起している慰安婦問題と同様、韓国人がフィリピン女性を性的搾取する加害者になりつつあると批判する報道もある。一部、韓国人の父に認知されて引き取られ、韓国で育つコピノも存在するが、排他的な社会風土の中で貧しい国の女性との混血児ということで差別を受けることが多い

  3. フィリピンが経済的によくなって、韓国を抜く事があれば

    われわれは被害者だ。

    とかやらかすのかしら?

    利権が絡めば、私もからむという人は

    日本にもいっぱいいるけど

    韓国の場合は、無理矢理、利権を主張するから…。

  4. >50年後には「フィリピン女性に無理矢理連れて行かれて性奴隷になった韓国人男性が4万人」ということになっている(慰安夫)かもしれません。いや、冗談です、冗談。

    ネタにマジレスしちゃいますが、韓国がフィリピンを「下」に見ている間はあり得ないですよね。でも将来フィリピンが韓国より経済規模が大きくなったら…

    韓国は安心して?ヒガイシャ様になるんじゃないかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。