失敗作

前に自首したスパイの記事などでも同じことを書きましたが、「韓国の反日には迂回的に北朝鮮が関わっている」などの主張を書くと、「じゃ、反日は左派(韓国の左派は親北思想が強いですので)によるものなのか?」と誤解されることがあります。それは違います。右派も左派も反日です。「そういう側面もある」というものであり、それがすべてだと論じるのはとても危険です。

同じく、「韓国の左派は民族を優先し、右派は国家を優先する」という内容を書くと、「じゃ、韓国の右派は民族主義思想を嫌うのか?」と誤解されたりします。

それも違います。右派も左派も民族主義、韓国式の民族主義ですから「自民族中心主義」のことですが、どちらも民族主義大好き集団です。ただ、右派の民族主義と左派の民族主義には一つだけ大きな差があります。左派の民族主義には、親北思想が強く含まれています。今日は、それを書いてみたいと思います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

前にも書きましたが韓国の民族主義(というか、民族という概念そのもの)はとても歴史が浅く、朝鮮戦争での民間人虐殺などを見てもすぐわかりますが、口では民族ー民族ーと泡を吹いているものの、なにか肯定的な効果を出すこともありません。

なにせ、その始まりは1900年代になってからの、いわゆる「上古史」というもので、「朝鮮民族は偉いんだぞ本当だぞ(ジタバタ)」な内容ばかりで、併合に反対するための世論を作るためのものでした。最近の韓国側の記事でもよく『偉い歴史』が載っていますが、すでに1920年代には「ユーラシア大陸を支配した」という内容の本がありました。そういう、「朝鮮民族は他民族を支配したから偉い。日本が朝鮮を支配するのは絶対いけないこと」という、自民族中心の主張が、韓国の民族主義のスタートでした。そして、いまでも変わっていません。

ご存知、解放(終戦)、そして3年間の軍政が終わった後、韓国の李承晩派は米国の意図通り「統治権が及ぶ範囲である南側だけの総選挙で十分だ」としましたが、臨時政府のリーダーだった金九主席は「なにがあっても北側と一緒に民族単位で総選挙をしなければならない」と主張しました。

なにせ、金九氏は自叙伝である「白凡逸志」で、「血統的民族だけは、永遠に、盛衰興亡の共同運命の縁に結ばれた一つの体として、この地に残るだろう・・現実の真理は、民族ごとに最良の国を作り、最良の文化を生み育て、他の民族と相互に交換し助け合うことである。これが私が信じている民主主義であり、これが人類の現段階では、最も確実な真理だ」としています。これは「一つの民族で一つの国家」を目指すというものであり、しかも彼がいう民族において大事なのはただ「血縁」であり、彼はこの時代遅れの理屈を民主主義の定義にまで結びつけようとしました。

でも、彼は暗殺され、李承晩派が勝利しました。彼らが今の保守派(右派)となり、金九派が左派(いわゆる進歩派、改革派)となります。

保守右派の政権でも、臨時政府嫌いの朴正煕大統領の頃でも、韓国で民族主義が消えたことはありません。彼らは上古史を国定教科書に反映させるなど、民族主義思想を教育しましたし、全斗煥大統領の頃には「多物民族主義」といって、上古史関連の教育で愛国心を高め、労働組合の力を弱体化させることもありました。信じがたい話ですが、政府主導の「多物民族主義研究所」などが上古史に基づいて「韓民族は偉い」という情報を広げ、実際に労働組合から脱退者を増やしたという記録が残っています。その研究所の名前から、韓国では上古史を「多物民族主義」という人たちもいます。

ただ、それは保守右派としては「自分の首を絞める」結果になりました。主に左派思想を持つ勢力によって、その民族主義に、金九主席の「民族=国家」論が復活し、そのまま「真の愛国は民族に対して行うべきである、民族こそが真の国だからだ」という流れになりました。いまでも、彼らにとって大韓民国は「半分だけ」の失敗作です。ネットでもよく耳にする(文在寅政権になってから急に聞こえなくなりましたが)、『これが国か』という表現には、実はこういう二重の意味も含まれているわけです。

そしてそれは、韓国民が信じていた「韓民族は偉い」と「現実はそうでもない」のギャップに対する、素晴らしい言い訳にもなってくれました。なるほど、国が失敗作だから民族の力が発揮できないのか。私が出世できなかったのもそのためか。北朝鮮が工作をかけたのか、南側の自爆か、それとも両方か?それはわかりませんが、現状、その隙を親北思想がものにしました。

前にエントリーした「南北が力を合わせれば無敵だ」「南北が一つになれば日本に勝てる」などもすべて同じ考えの別の表現だと言えましょう。そしていつのまにか、「おい、それって親北思想だろう?まずくない?」と言われると、胸を張って「違うよ。これは民族主義だ。私たち民族が不当な方法で奪われた正当なる権利なんだ」と答えるようになりました。その過程で民族の敵である日本を悪く描く「反日」が大活躍したのは言うまでもありません。

この内容はまだまだ説明不足ですが、いつかもっと長く書けたら、と思っています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“失敗作” への122件の返信

  1. 失敗作かどうかなんてさ、その国の人々が判断すれば良いんじゃないの?

    ついでに失敗した原因追求としては、掘り下げが浅いかな?見えている事象なんて結果なんだからさ、、まだ1ミクロ位しか掘って無いような気がします。

    なんて、、偉そうな事を書いてしまいました…(-.-;)y-~~~

    1. 革命によって自分が両班として君臨したい。
      そのために旧体制は失敗でなければならない。

      失敗の判断基準や原因は重要ではありません。

      1. シンシアリーさんの説明?分析に対して書いただけですよ〜〜

        韓国内での事なんてどうでも良い!

  2. 韓国人の薄気味悪い差別感が、ヒトラーの「アーリア人至上主義」みたいに見えるのですが、韓国人は気づいていないみたいですね。

    今回の記事はそのルーツが見えて大変興味深かいものでした、

  3. >すでに1920年代には「ユーラシア大陸を支配した」という内容の本がありました。

    崔南善の「不咸文化論」ですか?崔南善は実に興味深い人物で、三・一運動の独立宣言書を起草したかと思えば、併合時代には満洲の大学教授になって満洲マンセーする変節漢。それが後ろめたいのか「朝鮮民族は偉いんだぞ本当だぞ(ジタバタ)」を主張していました。現在もこれが韓国の歴史認識に強い影響をもっているところに、なんとも言えぬ虚しさを感じます。

  4. 失敗だからリセットが必要って意識に民族主義が利用されている。
    そのせいで現状から改善しようという意識が欠落してしまう。

    統一すれば民族的モラルが向上するから成功するはずだという
    謎の根拠を理論的に説明できる韓国人はおそらくいないだろうに
    そういう預言を宗教的教義として自然に受け容れてしまっている。

    功徳を積めば来世でいいことあるだろう、くらいの感覚なのかな。

  5. 利用された民族主義ですね。

    民族性による違いがある以上、それを無視することが様々な摩擦を生むことも事実。摩擦をなくす方法は国家という枠組みだけではないと思いますが、国民を国家に拘束するために民族主義という言葉が利用されてしまうのですね。

    1. まったくの間違いで、もともと民族主義というのは、国民を集合するために、民族国家という枠組みをつくるために、さいしょっから人工的に作られたものなんですよ。

      日本人をひとつにするために日本民族を作ったので、日本は単一民族の国なんです。
      血族や氏族では近代国家はつくれない。血ではなく、おなじ言語を話し、おなじ文化を育む民族という単位を、血縁関係ではなく文化という関係を、おなじ文化を持つ人々をひとつの国という単位にしたんですよ。

      1. で、北と南が一つの単位として利用してる、という話です。
        ちゃんと話が進んでいるように思えます。

        (′ーωー) 平壌運転ニダ

        1. >みかげさん

          「全くの間違い」は私に対する挨拶のようなものなのか…そう言わないと話ができないみたいです。どんだけシャイボーイかっ!と…

          結局みかげさんが仰る通り、どこが「全くの間違い」だったかわからずじまい…苦笑いと溜息の音…聞こえますか?w

      2. 国家主義または国粋主義をあえて民族主義という言葉でラッピングしたものを、さも正しくいう傾向があります。実際には両者は別の概念ですね。

        七誌さんは、民族主義についての別のコメントでもそうですが、前述通り国家主義実現のために民族主義が都合よく利用された部分のみを語っているようですが、実際には国家主義と民族主義には直接の関係がありません。

        世界的に見て、今回の朝鮮半島のように民族主義という言葉を都合よく使い国家主義を実現しようという思惑もあれば、欧米諸国のように同一民族が国家主義の元、分断されているケースや、多民族で構成された国家もある。
        民族主義はどのようなケースでも概念的には存在しています。どのように統治やシステムに組み込んで実践するかが異なるだけだと思います。

        要は、朝鮮半島の場合「分断された過去」との対比が「民族主義」にされているだけのことです。実際は「大国への野望」と「国家主義」を「民族主義」でラッピングしているのでしょう。

        1. わたしは両者は別の概念だとはじめから言っている、民族主義と、悪の民族優越主義、国家主義はまったく逆の概念なんですよ。

          しかしそれは故意に混同される。日本を攻撃するために日本の民族主義は民族優越主義だと言い換えられ、韓国の民族優越主義はそれを擁護するために民族主義だと言い換えられる。

          靖国や陛下に代表される(日本の)民族主義は悪だと韓国人が主張するのは、どこでもよく見るパターンですよね。

          多民族で国家を構成するのは悪いことではない、少数民族は連合して国家をつくるべきだし、その文化は尊重されるのが正しいです。
          また、ひとつの民族が経済的、地理的、あるいは政治的状況によって分断されることもあるだろう。

          しかしそもそも、わたしはそういう話をしてるんじゃないよね?

          1. 定義の無い曖昧な事象を解って居ながら延々と論争?、主張?するのが、文系識者の特徴なんだろうか?知識なんだろうか? 教養なんだろうか?

          2. なぜ、私が七誌さんの話に合わせないといけないのか?レスつけたのは七誌さんの方ですよ。

            そもそも、この件に関しては、私と七誌さんの話は切り口が異なりますが、帰結はほぼ同じで違いは殆どないでしょう。

            であるのに私は七誌さんの否定しないが、七誌さんは私の意見の否定から入る。

            論旨から外れたコメントをこれ以上続ける気はありませんが、最後に一言。他の方のコメントにもしばしば感じますが、理不尽かつ意味不明なレスは迷惑ですのでおやめください。他のお願い共々、よろしくお願いします。

  6. 朝鮮民族は一つの国を作れない。
    支配層(強者)−被支配層(弱者)という二元化された人間関係しか築けないから。
    そして強者は弱者の尊敬なければ永続しないという世界の普遍的歴史から外れた稀有な国。中国、日本という支配者がいなくなった途端、国が二つに割れた。ある意味当然。

    もし今、南北統一すれば北朝鮮国民は韓国民の奴隷のような地位を強いられるだろうし、それを良しとしない韓国従北派によって今度は東西辺りで割れるのがオチ。

  7. 物欲神

    シンシアリー さんは、歪んだ民族意識の地盤であるの何かが朝鮮半島オリジナルでなく中華由来であろうことを想定していらっしゃるはずです。

    こちらのブログでは、上海正統政府と中国との強い関係を継続して指摘してきました。
    朝鮮半島と中華の関係性を表す言葉を知ったのもこちらのブログでした。

    Ameba シンシアリー のブログより
    2013-11-08 17:02:14
    「慕華」という名前

    ですので私は以下に付け加えをしたい。

    2018年6月6日
    韓国の教授「英霊なんか情けない日本人の考え方だ。護国英霊という言葉を使うな!」
    より

    >単に「日本式のものが嫌いだ」なだけなら、韓国の文化はほとんどが消えるでしょう。いま韓国を構成している文化のほぼ全ては、併合時代に日本によってもたらされたものですから。

    あくまでも日本は近代化です。
    近代文明をどのように理解したかであります。
    近代文明そのものを日本が始めたのでも作り出したのでもありません。
    中華文明も同様で、日本が大陸の文明をどのように理解したかです。
    英霊という言葉は漢字で書きます。

    ここをはっきりさせておかないと、日本はひたすら外国のコピペをするしか能のない国になってしまうか、日本版のウリジナルトンデモ史観をでっち上げするしかなくなる。

    朝鮮半島がどのようにして中華文明や近代文明を理解しようとしたか?
    朝鮮半島でもそれをはっきりさせないと、同じことではないでしょうか。

    だから日本が朝鮮半島に近代化をもたらしたならば、朝鮮半島はそれをどのようにして理解しようとしたか、咀嚼したのかという視線が必要になる。
    シンシアリーさんならそれをご存知のはずです。

    日本の近代化のブツに宿った物欲神は朝鮮半島人を魅了したでしょう。
    その物欲神の魅力は「働かざる者食うべからず」とか「慎め。な怠りそ。」とか考え、そうやって文明を咀嚼した社会が共有する暗黙知の現れです。

    反日とは、朝鮮半島の暗黙知が近代化のブツの魅力はわかっても日本の暗黙知を理解できない違和感と不協和音ではないのか。
    ならば朝鮮半島の社会の暗黙知は、近代文明どのように咀嚼しようとしたのか?

    それをたどると、朝鮮半島と中華の関係という原点の元サヤに戻るのではないでしょうか。
    朝鮮半島の民族の在り方も、古代でも近代でも、そこを問うことから始まるのではないでしょうか。

  8. 結局は圧政でしか成立しないのが朝鮮半島でしょ、
    だったら北朝鮮こそが正当な朝鮮民族のまとめ方をしてるよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。