中立

「米朝会談での終戦宣言の可能性が提起されると、日本国内では、今後平和協定が締結されると在韓米軍の撤退につながり、米国の防衛線が後退し、日本が中国、ロシアと直接向き合う「最前線国家」になるという懸念が出始めた。米軍の撤収→朝鮮半島の中立化→中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入→対馬海峡の軍事境界線化という単純な図式である。日本が窮地から抜け出したいなら、旧態依然な伝統的地政学的思考を捨てて外交の本来的な役割を復活させなければならない」。

http://v.media.daum.net/v/20180611050059549

これは、韓国の名門高麗大学校の教授で、グローバル日本研究院の院長でもあるという方の、寄稿文の最後の部分です。

わざと言ってるのでしょうか。それとも、仮にも専門家という人がこういう認識なのか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、日本が朝鮮を併合したのは、「そうするしかなかった」からです。1923年に植民地専門家アレイン・アイランド氏が残したザ・ニューコリア(邦題「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代」)を見ると、日本の朝鮮併合に対して、当時の専門家はこう見ています。これは韓国語版を私が翻訳したものであるため、日本で出版されているバージョンとは多少訳し方が異なります(内容は同じ)。

<・・日本の立場からは、昔から韓国の内治は深刻に憂慮すべき問題であった。日本から汽船に乗るとわずか何時間で南の海岸に着く「ある国」で腐敗し総体的に無能な統治によって危なっかしくて気にさわる出来事が起こっていた。

アメリカー・スペイン戦争の原因を勉強する機会があった人か、それとも今日のメキシコがアメリカとの関係を友好的な方向に発展させることを望んでいる人ならこのような事実を明白に認識できるだろう。

事実、失政の悪影響が国境の反対側にある国の平穏に何の脅威にもならないと思っていたり、アメリカの領土拡張やインドにおいてイギリスの勢力が伸張している状況を見ても何の教訓も得られないという部類の人もいる。しかし知覚のある観察者たちは悪い政府が病気の隣人ほど害になりえること、社会不安は天然痘や黄熱病(yellow fever)のように簡単に国境を越えられること、土着民の征服または殖民につながる英語を使う民族の領土略奪はほとんどがどんな理由からだろうと国家の平和を脅かす隣人を自国の統治圏の中に引き寄せる必要性から始まったということを知っている。

韓国の場合、二つの理由で日本の脅威になった。一つ目は、数世紀にわたる失政により韓国国民は内部改革への国民的要求を通じて自国が独立を維持できるほど十分な富と力を持った国に発展できるということは期待出来ない状況にさらされていた。二つ目は、一つ目の理由によって武力や策略を使ってロシアや中国が朝鮮半島を占有できるだろうし、そうなれば日本の国防を担当する個人や集団の誰も黙認出来ない戦略的状況が招来されるだろうということだ・・>

 

日本が望んでいた隣国は、ちゃんと自力で独立できる国でした。それは、もちろん友好的で越したことはないでしょうけど、中立国であっても問題ありませんでした。韓国(朝鮮半島)は、それができませんでした。朝鮮半島の歴史上、中立だったことなど一度もありません。中立という概念そのものが成立していません。なにせ、この教授ですらも、「中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入」という矛盾した文章を書いて、日本がそう考えていると決めつけています。本当に中立なら、中国勢力に編入する理由もありません。

韓国は、「日本が南北統一を恐れている」という単純な命題のもとで、すべてを考えています。その考えに、自分で知っている限りの「良い意味」でも言葉を、「中立」を、「平和」を、「民族自主」を、適当に適用して、自己満足しているのです。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“中立” への77件の返信

  1. 日本では、残念ながら戦後、「地政学」を教える学校がない(防衛大もそうだ、と聞いたような記憶があるが定かじゃない。ま、あって防衛大くらい、としておく)。

    なので日本に今必要なのは、「伝統的な地政学」の知識である。
    「軍事と外交は車の両輪」という常識であるw
    軍事は経済とともに重要だということも。

  2. 日本としては、統一朝鮮が東西陣営に中立を保った上で「敵対」してくれるのが最良のシナリオなんですけどねぇ

  3. 日本は「最悪のケース」を想定するのは当たり前だと思います。

    今の韓国には在韓米軍も存在し、もちろん米韓同盟も存在していますが
    ブン政権は中国に対して「3No」の忠誠を議会に諮ることなく約束しました。

    3Noの意味を韓国内では軽視していますが、これは日米が中心になる「中国包囲網」には入らないと国際社会に宣言したものです。
    韓国人は約束はいつでも破れると軽く見ているんでしょうね。

  4. 「日本が窮地から抜け出したいなら、旧態依然な伝統的地政学的思考を捨てて外交の本来的な役割を復活させなければならない」
    これって、頭を垂れて金を献上しろと言う事だろか?
    馬鹿らしい。何様のつもりだ。

  5. 中立って難しいんですよ。

    隣国が攻めてきても、こちらの陣営に入れ!と脅してきても、キッパリと拒絶する気持ち(根性)と実力(国の場合は兵力)が必要になってきます。

    お隣には両方ともないですね。残念。

    1. 永世中立国たるスイスはかなりの重武装国家ですしね。韓国も北朝鮮もスイスにある気概なぞとうていありませんし、次善の策で主権を剥奪して半島をまとめて国連信託統治領にした上で、国境封鎖(要は半島全域38度線化)する位ですかねぇ・・・。

  6. 朝鮮半島が元の姿(チャイナの属国)へと回帰していくのは、確定した未来だね。

  7. 言葉の定義、概念が共通していない事を前提としなければなりませんね。
    あと、
    >日本が窮地から抜け出したいなら、旧態依然な伝統的地政学的思考を捨てて外交の本来的な役割を復活させなければならない」。

    この部分も全体の分の流れから浮いていて、いきなり論理飛躍していて前文との繋がりを感じられませんでした。『どうしたら、その結論になるのか』の部分が書かれていないようです。これもいつもの『結論ありき』の思考の結果なのでしょう。

    それと、この教授の論調は古いですね。少し前まではこのような話をする人も居ましたが、今の情勢では聞かれなくなりました。自分がこの論調を耳にしていた時期と、今との間には、首脳会談が数回行われていたと思います。その間に時勢も変わり、この論調は消えたのだと思いますが、この教授の時は止まっていますね。これは、情報収集力の限界の反映でもあるのでしょうね。

    1. 「情報収集力の限界」
      と言うより、情報のつまみ食いがこういう思考と結論になるのでしょう。
      どう考えても辻褄の合わない事ですが・・・

    2. 日本が窮地から脱したいなら、大陸と対立する地政学の思考をあきらめて、韓国に謝罪と賠償スルニダ。っていつものことしか言ってませんよね。

  8. >日本が最前線
    もう、それでもいいと思う。

    関節的に敵対する国に盾を任せて裏切られて食い逃げされるよりも自分の手で盾を握って身近に戦いを実感する方が遥かに日本と日本人の為にもなると思う。

    もう、韓国という詐欺的な盾はいらない。
    全然盾じゃない。
    逃げる事が前提の盾なんて必要ない。

    まだ日米同盟が生きている内に政治も軍事も外交も日本人全員が肌で感じる経験をするべきだと思う。
    体験は知識に勝る。

  9. 日本以上に米国と中国が南北統一と中立化を望んでいないと思いますね。

  10. 結局、中国さん ロシアさん 日本さん あいつ生意気やで、やったりましょうよと、周辺国を巻き込んで、争いばかりだもんな。

コメントは受け付けていません。