中立

「米朝会談での終戦宣言の可能性が提起されると、日本国内では、今後平和協定が締結されると在韓米軍の撤退につながり、米国の防衛線が後退し、日本が中国、ロシアと直接向き合う「最前線国家」になるという懸念が出始めた。米軍の撤収→朝鮮半島の中立化→中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入→対馬海峡の軍事境界線化という単純な図式である。日本が窮地から抜け出したいなら、旧態依然な伝統的地政学的思考を捨てて外交の本来的な役割を復活させなければならない」。

http://v.media.daum.net/v/20180611050059549

これは、韓国の名門高麗大学校の教授で、グローバル日本研究院の院長でもあるという方の、寄稿文の最後の部分です。

わざと言ってるのでしょうか。それとも、仮にも専門家という人がこういう認識なのか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、日本が朝鮮を併合したのは、「そうするしかなかった」からです。1923年に植民地専門家アレイン・アイランド氏が残したザ・ニューコリア(邦題「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代」)を見ると、日本の朝鮮併合に対して、当時の専門家はこう見ています。これは韓国語版を私が翻訳したものであるため、日本で出版されているバージョンとは多少訳し方が異なります(内容は同じ)。

<・・日本の立場からは、昔から韓国の内治は深刻に憂慮すべき問題であった。日本から汽船に乗るとわずか何時間で南の海岸に着く「ある国」で腐敗し総体的に無能な統治によって危なっかしくて気にさわる出来事が起こっていた。

アメリカー・スペイン戦争の原因を勉強する機会があった人か、それとも今日のメキシコがアメリカとの関係を友好的な方向に発展させることを望んでいる人ならこのような事実を明白に認識できるだろう。

事実、失政の悪影響が国境の反対側にある国の平穏に何の脅威にもならないと思っていたり、アメリカの領土拡張やインドにおいてイギリスの勢力が伸張している状況を見ても何の教訓も得られないという部類の人もいる。しかし知覚のある観察者たちは悪い政府が病気の隣人ほど害になりえること、社会不安は天然痘や黄熱病(yellow fever)のように簡単に国境を越えられること、土着民の征服または殖民につながる英語を使う民族の領土略奪はほとんどがどんな理由からだろうと国家の平和を脅かす隣人を自国の統治圏の中に引き寄せる必要性から始まったということを知っている。

韓国の場合、二つの理由で日本の脅威になった。一つ目は、数世紀にわたる失政により韓国国民は内部改革への国民的要求を通じて自国が独立を維持できるほど十分な富と力を持った国に発展できるということは期待出来ない状況にさらされていた。二つ目は、一つ目の理由によって武力や策略を使ってロシアや中国が朝鮮半島を占有できるだろうし、そうなれば日本の国防を担当する個人や集団の誰も黙認出来ない戦略的状況が招来されるだろうということだ・・>

 

日本が望んでいた隣国は、ちゃんと自力で独立できる国でした。それは、もちろん友好的で越したことはないでしょうけど、中立国であっても問題ありませんでした。韓国(朝鮮半島)は、それができませんでした。朝鮮半島の歴史上、中立だったことなど一度もありません。中立という概念そのものが成立していません。なにせ、この教授ですらも、「中立となった朝鮮半島の中国勢力圏編入」という矛盾した文章を書いて、日本がそう考えていると決めつけています。本当に中立なら、中国勢力に編入する理由もありません。

韓国は、「日本が南北統一を恐れている」という単純な命題のもとで、すべてを考えています。その考えに、自分で知っている限りの「良い意味」でも言葉を、「中立」を、「平和」を、「民族自主」を、適当に適用して、自己満足しているのです。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“中立” への77件の返信

  1. なんなのかなー?
    理解しょうとこちらはしてるつもり
    主張がどこかに飛んで、ついていけない、説明なしで隣に来て同意求められても?
    統一朝鮮と外交やるより、中国・ロシア・アメリカの3か国と外交交渉するほうが楽!
    防衛費係るかもしれないけど朝鮮半島捨てたほうが利益でそう(核武装いやだけど)

  2. 南北統一を恐れてはいないけど、

    どんな難癖つけてくんのかな?

    と言う意味では恐怖かも?

    何せ、歴史だろが、何だろうが、

    証拠がなければ、作っちゃえ!という皆さんですからね〜!

  3. 韓国では「三跪九叩頭の礼」や太極旗の原型である「大清国属高麗」と書かれた旗について、どのように教わっているのでしょうかねえ!

  4. 中立とは対立する両陣営に対して、両方とも敵になることです。味方がない状況で、最後の一人になっても戦う国民の覚悟が必要ですが…。ま、韓国には無理でしょう!

  5. 欧州のオーストリアは、名目上は永世中立国ですが、実質的には中立国ではありません。EUの一部だし、NATOの庇護下にあります。世界大戦後に、再独立の条件として、中立を名乗ったに過ぎません。このような点に欧州的欺瞞を若干感じるとはいえ、オーストリアは韓国とは違い、良いところが相当に多い国です。

    朝鮮中立論というのは、「名ばかり」の中立ということでしょう。しかも、韓国に良いところは殆んどない。

    韓国とは、「名ばかり」の法治国家、「名ばかり」の自由民主主義、「名ばかりの」偉大な国史。

    韓国とは、実質というものが何もない、「ハリボテ」国家なんですね。

    1. 補足です。

      オーストリアは、NATOに加盟はしていませんが、NATOとの間に協力条約を締結しています。「NATOの庇護下にある」と述べたのは、そのことを指します。

      皆様ご存知だとは思いましたが、一応念のため追記しておきます。

      シンシアリー様、皆様、おやすみなさい。明日のエントリー記事を楽しみにしております。

  6. 日本が最前線になるということでは、日本国民が外国の脅威という意識、平和ボケからの脱却の一助になるというささやかなメリットを感じています。

    1. コバンザメは、時には吸いついてた魚に食べられてしまうこともあるらしく、大型魚の胃の中から発見されることもあるそうです。

      何からそのもので何まで笑えますね。

  7. 中立とは事大先を選べる権利、という感覚なんでしょう。
    中立維持とは言ってない。だから矛盾はないと思います。

    自立は旧態依然な伝統的地政学と捉え、事大こそが本来の
    外交の王道であるという価値観が朝鮮半島にあります。
    権威ある専門家は半島の価値観を正当化するのがお仕事です。

    それにしても「窮地」という言葉(概念)すら日韓間で
    想像以上の溝があったことにはちょっと驚きだったかも。
    半島が「窮地を抜け出したい」時の選択って日本からは
    袋小路に自分を追い込む自滅にしか見えないわけで。
    価値観の違いが最も色濃い部分なのかもしれません。

  8. 半島は本当に、中国の一部になっていてもおかしくなかったのです。
    彼の地の先人たちは、国体だけはなんとかして維持して、中国やモンゴルなどの領土に組み込まれないように努力してきたのです。

    事実上の属国ではあっても「大国の脅威に再三脅かされながらも、我が民族は果敢に抵抗して独立を勝ち取ってきた」等という自負は得られた訳です。
    外野から見ると現実から乖離した、破綻した理屈なのですが、彼らには多分それは誇りだったのでしょうね。

    その理屈や思考パターンが、たとえば大韓民国の建国神話(アメリカに国を造ってもらったのに何故か自主建国したことになっているアレ)にも繋がってくる訳で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。