韓国が恐れるのは北朝鮮の核ではなく、日本の核

「米国が日本を叱った」。韓国で日本関連記事によく出てくるパターンです。米国に言われると日本は従うしかないと思っているからです。韓国側の記事がギブ・アンド・テイクという外交の基本を理解していない(一方的な結果だけを望む)のは日本関連だけでもありませんが。

あと、これも韓国側の記事によく出てくる内容ですが、「日本はすぐ核兵器が開発できる」「日本にはプルトニウムが多すぎる」「韓国は原子力協定のせいで核兵器も原子力潜水艦も保有できない」。そういえば、「韓国だってすぐに開発できる」という記事もありました。根拠不詳ですが。

この二大要素が夢の共演を繰り広げる朝鮮日報の記事があったので、今日はそれを紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本は核保有国でない国の中で唯一「使用済み核燃料を再処理」を国際社会から認められている。日本は「高速増殖炉事業を推進する」という名分を掲げ、数十年前からプルトニウムを生産してきた。現在、全世界のプルトニウム500tの47tを日本が持っている。原爆6000個を作ることができる量である>

<日本が高速増殖炉事業をやめた瞬間、日本がこれ以上その多くのプルトニウムを持つ理由も消える。国際社会に「核不拡散」を圧迫している米国が、日本だけ特別待遇する根拠も希薄になる>

記事は「高速増殖炉に失敗したから米国及び国際社会が日本を圧迫している」としています。

ですが、最後はこうなっています。

<国際社会が日本の使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムを生産できるように許可する法的根拠は、1988年に締結された「日米原子力協定」にある。この協定は、今年7月に満了されるが、有効期限が切れ期限6ヶ月前まで日米のどちらも異議を申し立てていないため、事実上、自動延長が決定された状態だ>

http://v.media.daum.net/v/20180611030628795?d=y

ニュアンス的に、記事に矛盾があります。米国が本当に圧力をかけているなら、協定が自動延長されるはずないでしょうに。おかしいですね。

 

多分、ですが。

国際社会で、日本のプルトニウムのことで「おおすぎないか」と指摘する声があるのも事実でしょう。でも、協定を変えるほど問題提起されてはいない、というオチではないでしょうか。なにせ、日本は高速増殖炉をやめるとは言っていません。

でも、韓国側には現状がこう見えたのです。「米国が日本の核兵器保有を牽制してくれた」、「しかしそれでは足りない。米国は日米原子力協定もなんとかしないといけない」。その拡大解釈の中で、矛盾が出来上がったのではないでしょうか。

韓国が恐れているのは北朝鮮の核兵器ではなく、日本の核兵器である・・・この手の記事を読むたびに、そう思わずにはいられません。次の本のテーマもこういうものになると思います。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“韓国が恐れるのは北朝鮮の核ではなく、日本の核” への84件の返信

  1. ちょいと昔に、「北の核は良い核で、日本の核は悪い核」ていう北のプロパガンダが有りました。
    そのまんまの路線が、今の韓国だと言うことですね。

    皆さんが書いている日本の核武装論と非核武装論は、たして2で割る論が本当のところですね。
    米国は、日本の核武装化を歓迎しません。
    米国が求めているのは、日本領内に在日米軍が核兵器を持ち込むことです。
    現在是を阻んでいるのは、日本の「非核三原則」の「持ち込ませない。」に当たります。
    米国は「持ち込ませない」を消して、在日米軍の核武装化をしたいだけです。
    在日米軍が核武装化することは=日本の核武装化に他なりません。
    中国と北(最近は、含南。)は、非常に警戒してきました。
    北が、核兵器で日本を脅した以上、非核三原則のうち、持ち込ませないは、削除した方が良いと、私は考えてます。
    即ち、在日米軍の核武装化。
    一応言って置きますが、米軍の原潜は日本へ寄港して無い事に為ってます。(笑)

    1. 在日米軍の核武装化ほど意味のない話はないじゃん。
      そんなので北の核を誤魔化されたのでは話にならないね。

  2. 韓国の核保有願望の裏返しが日本の潜在的核保有能力への恐怖でしょう。思えば韓国は、これまでの日本に対する恩を仇で返すようなことをした過去の事実は否定のしようがない。だからいつか仕返しされるのではないかという恐怖心が常にあるのでしょうね。その恐怖心を忘れたいためにさらに恩を仇で返すようなことをする。さらに恐怖心が募る。この繰り返しなんだと思います。

  3. 朝鮮人の核保有願望の方もかなりあると思います。
    つまり「日本の核保有への恐怖」もあるでしょうが
    「韓国独自開発核兵器、または北朝鮮核兵器の南北統一による自国兵器化」がしたいという願望。
    だからこそ北の核兵器へは奇妙に許す圧力が作用する。
    南北統一すれば軍事大国になれる、成りたいので統一に賛成する。
    韓国はアメリカの同盟国では最も強くアメリカから核開発を警戒されている国だと思います。

  4. 青山さんが実際に発言していて、音声もYoutubeに残っていますが、お役人確認させたところ日本は1日程度で原爆は作れるようです。

    ただ、それをやってしまうと国連の敵国条項に引っ掛かり、中国とロシアからミサイルが飛んでくることになるでしょう。

    韓国ちゃんが心配するようなことにはならないですよ。一般人の核・戦争アレルギーは凄まじいものがありますから。

  5. 北が韓国を核で脅す、あるいは核を落とす理由がないですからね。
    ソウル壊滅させるのに核の必要ないし、国民感情を掌握してれば
    いちいち脅して反感を買う必要すらないわけですから無害です。

    核を持たない日本に対し統一朝鮮が核で確固たる優位性を
    築くことがずっと大事なことだろうと思われます。
    実際にどれだけ優位に立てるかどうかは別の話ですが。

    日本って凶器を振りかざす相手に隷属するような民族性は
    してないはずだけど、韓国には自身の投影こそが真実だし。

  6. シンシアリーさんに一度聞いて
    みたいと思っていたのですが、
    日本国籍となっても韓国人的な
    嫌な部分が、自分には残っているなと
    感じる時はどういう時ですか?

  7. 多分元ネタは中国だと思いますよ、国連で核兵器削減だが廃絶だかの槍玉にあげられたようで、そんな事いうならお前のところにも兵器に使えるプルトニウムがあるだろうって話になって、アメリカに日本は返却したんでしたっけ
    味を占めた二匹目のドジョウを狙った朝鮮なのか、はたまた中国なんでしょうかね。

  8. 他の方もおっしゃっているので要点だけ。
    1.日本のプルトニウムは濃縮が中途半端で止めてあるので兵器にはつかえません。
    2.国内に核実験をできる場所がありません。フランスはビキニ環礁で実験しましたが今ではあんな実験はできません。アメリカが地下実験場を貸してくれるとも思えません。
    3.核兵器は開発・維持・廃棄に費用がかかり、使えもしないものを持っているくらいならば、通常兵器を整備したほうが何倍も効率的です。北朝鮮は専制国家で人命が安いので何とかなっているだけで安全を担保しながらの開発では金がかかりすぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。