米朝首脳会談に関して(共同声明、記者会見内容など、更新終了しました)

共同声明が公開され、トランプ氏の記者会見も近いので、正式に更新再開しました。

日韓両国のマスコミが「歴史的会談」というフレーズを連発する中、米朝首脳会談が行われ、14時42分、署名が行われました。

合意できる内容すら無いのではないか、という予測もあったので、これはこれで「思ったよりは成果といえる」かもしれません。しかし、共同声明の内容からして、あまり目新しいものはありません。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

共同声明は、「公式発表前に公開された共同声明の内容によると、トランプの大統領は、北朝鮮の安全保障を提供する公約し、金委員長は、完全な朝鮮半島の非核化について強固て揺るぎない公約を再確認した。北朝鮮は4・27南北首脳会談の合意である板門店宣言を再確認しながら、朝鮮半島の完全な非核化に向けて行動すると約束した」、となっています。

http://v.media.daum.net/v/20180612163439271?rcmd=rn

詳しくは、こうなっています。

1.米国と北朝鮮は、平和と繁栄のための両国国民の希望に応じて、新たな米朝関係を確立する。

2.米国と北朝鮮は朝鮮半島で持続的で安定的な平和体制を構築するための努力を共に行う。

3.北朝鮮は2018年4月27日の板門店宣言を再確認しながら、朝鮮半島の完全な非核化のために努力する。

4.米国と北朝鮮はすでに確認された人々の即時送還を含め、戦争捕虜と戦場失踪者の送還を約束する。

http://v.media.daum.net/v/20180612162333898

 

また、共同声明を出しておいて、共同記者会見無しに、金正恩氏は会談が終わった直後(午後2時頃)にさっさと会場から出ました。

大事なのは、両方の公約が「どのような条件で成立するのか」ですけど・・この声明文だけでは、「これといった内容は無かった」と言われても仕方ないと思います。

以下、記者会見から、気になる部分をピックアップします。

・シンガポール、ムン・ジェイン、安倍総理、習近平に感謝

・朝鮮戦争終結が見えてきた

・核を諦めて国際社会の一員になるなら、北朝鮮は繁栄するだろう

・朝鮮半島の非核化に合意した。金委員長は決意した。北朝鮮はミサイルテスト用の発射台も無くした

当分は制裁が続く

・北朝鮮は「すぐに」非核化のプロセスに入ることだろう

・韓国側の報道によると、トランプ氏は「今日はとてもむずかしい過程のはじまり」とも話した、とのことです

 

ここから記者の質問タイム

・もっと具体的なことが見えてくるまで在韓米軍の減縮は考えていない

・(なぜCVIDという表現が無いのかという質問に)「妥協などしていない。合意内容をもっとよく見てほしい」韓国側の報道では、「北朝鮮をCVID(で)検証する」となっています(下のURL)。でも、CVIDはどこにも書いていません。トランプ大統領は「他国の査察団も含めて北朝鮮の非核化を完全に検証する。これ以上完全な表現があるのか」と話していますが・・

http://v.media.daum.net/v/20180612172806984

・今回の成果は「信頼ができた」こと

・(前に北朝鮮に騙されたが今回の非核化は大丈夫なのかという質問に)「前は今のように深く入り込んだ話が無かったし、今のような信頼関係が無かった。彼は私にハッキリ言いました。私より彼が非核化に熱心かもしれません」

・(人権問題は論じたのか)「話し合いました」

・朝鮮戦争の遺骨回収の話

・金正恩をホワイトハウスに呼んだり、平壌に行ったりする。でも、それは「適切な時期が来たら」のことだ

日本人拉致問題についても提起した

・完全な非核化には時間がかかる。でも始めてしまえば難なくできるだろう

・韓米合同軍事訓練を中止する

http://v.media.daum.net/v/20180612173606300

・制裁(の解除)関連では、核問題がなんとかなったら考えてみる

(ノ∀`) 韓米軍事訓練中止は「韓国との軍事訓練にはお金がかかりすぎるよ」

・トランプ氏は、「北朝鮮がミサイルエンジンのテスト試験場を閉鎖すると言った」をかなり強調していますが・・・これについては、先週、韓国軍が「なんともいえない。発射台以外はそのままだ」とコメントしています。後で別にエントリーします。

・時間が無かった、とかいろいろ

いまのところ、北朝鮮の判定勝ち(時間稼ぎできた)、と見ていいじゃないでしょうか。ここらへんで本エントリーは終えますが、夕方過ぎでもう一つ更新します。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“米朝首脳会談に関して(共同声明、記者会見内容など、更新終了しました)” への121件の返信

  1. トランプは芝居をしているのか?
    米朝会談自体が嘘芝居。
    北朝鮮はその嘘芝居に引っかかりつつあるように思う。

  2. トランプは当初から儲からない第二次朝鮮戦争はヤル気はなかったし,平昌五輪後の急速な南北融和と今回の米朝会談で,核廃棄合意の姿勢だけは見せる北の様子が世界に配信され,待ってましたと中国が急接近. 昨年までの中朝韓の犬猿の仲は見せ掛けで,中朝にこうした計画の裏取引はあったはずで,トランプも承知で騙されたのは米国国民と世界.
    トランプは空母3隻を派遣したり,対朝強硬派の側近に幾度も変えたが,当初から戦争などする気は全くなくて,ただの脅しだった.拉致問題も日本に丸投げし,さらには核廃棄費用の2兆円は日韓が出せと.先のG7ではEUとも貿易関税で全面対立.今回の米朝会談の相手は,北ではなくマスコミ相手. ショー一色で,中間選挙の勝利に向け2期目の任期を狙う,”金(米国の財政)と大統領の地位”が全ての,ただの商売人のジジイだった.

  3. 日本人拉致に関しては解決済みと言われたんじゃないかなと想像しています。
    トランプは元々人権問題は興味ないと思うし。
    取り敢えず、「金正恩に言っといたよシンゾー^^」という程度のもんで。
    中国と韓国が援助しだしたら、北朝鮮は日本にタカる必要が無いので日朝首脳会談は無い。
    日本が相当な見返りを用意するなら会談くらいはしてやろうってなるかもしれないけど。
    とにかく、トランプはアメリカの税金を使って、北に援助はしない、戦争もしない、在韓米軍もいらない、北朝鮮の脅威はアメリカにはまだ深刻なレベルじゃない、なんなら在日米軍も撤退したら良いと考えてるんでしょう。

  4. 日本人にとっての切実感はだいぶ違いますが、トランプさんが初めて習近平さんにあった時のベタ褒めを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。