韓国地方選挙、与党の圧勝

まだ開票が終わったわけではありませんので、明日の朝には結果が少し変わっているかもしれません。でも、これからシンシアリーは明日の朝までスリープ・モードになりますので、19時40分時点の情報で更新いたします。

今日は、前から本ブログで取り上げてきた地方選挙の日でした。

特に重要なのは17ヶ所の広域自治体(ソウル、大邸、大田、釜山、仁川、光州、蔚山、世宗、京畿道、江原道、忠清北・南道、慶尚北・南道、全羅北・南道、済州道)と、国会議員再・補欠選挙12ヶ所となります。

今の所、前に噂されていた「野党の全滅」ではありませんが、与党の圧勝であることに変わりは無いようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず広域自治体ですが、「当選が有力視される(当選予想と言います)」の数で、与党14:野党2で、与党の圧勝です。もとから保守支持が強い大邸と慶尚北道で野党(自由韓国党)が優勢である、とのことです。現知事が無所属の済州道では同じ人の当選が有力視されています。

国会議員選挙では、与党10:野党1。同じく、与党の圧勝です。1ヶ所ではまだなんとも言えないとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180613180025033?s=election2018&rcmd=rn

http://v.media.daum.net/v/20180613180026035?s=election2018&rcmd=rn

さすがは、文在寅保有国ですね(意味不明

過激な反日発言で有名だったイ・ジェミョン城南市長が、京畿道知事に当選有力とのことです

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

123+

40 Replies to “韓国地方選挙、与党の圧勝”

  1. 自分達の行動に

    決して責任を取らないのが

    朝鮮人(韓国人)ですからねぇ……

    (・∀・)日本に逃げ込んで来ない様に
    今からキチンと対策を立てないとマズイですよ

  2. 経済政策が上手く行ってる様子も無いのにここまで与党が支持されているというのは、韓国の皆さんは親北が多いということなんですかね?

    1. ただでさえ与党優勢だったうえに米朝会談で平和ムードが盛り上がり、与党にはかなり有利な選挙だったでしょうね。文在寅は勢いに乗って朝鮮半島統一に尽力することでしょう。
      保守派の本格的な粛清も始まりつつあります。
      朴槿恵は獄中でどんな気持ちでいるのでしょうか。

  3. 民意は示されて、新しい代表が選ばれたのだから、それで良い。

    有権者が選んだ代表が行動して、その恩恵も災害も有権者が被る。

    仮に投票に行かなくても、意中の候補が代表にならなくても、有権者の総意なんだから。

    たまに日本でも「数の暴力だ」とか、選挙結果を否定する破壊団体が暴れまわっているが、それよりマシ。

  4. 投票率がかなり高かったそうですが、バラ色の未来を夢見てる韓国国民が圧倒的だったんですかねぇ。朝鮮日報が社説で野党は役立たずだし与党は全ての権力を握ったんだから暴走するだろうけど、少しは自制することも考えろとか無茶を言ってました。

    うん、主権者の選択ですし……なに次の選挙は2020らしいのであと二年の事ですよ。

    1. にゃ〜に、2年もしたら大韓民国も無くなってる。
      ルールなんて糞食らえと破壊活動は得意中の得意。
      どんな暴走にでも一緒に暴走する。行動力はある。積載量オーバーだろうが、スピードの出し過ぎだろうが、対向車線にハミ出そうが突っ走って行ける人々の国じゃろ?

  5. しかしここまで左翼勢力が勢いを得るというのは、チェスンシル問題や財閥などの特権階級に対する反発からだけなんだろうか。やっぱり長い間の北朝鮮の工作活動みたいなものが、一挙に実を結びつつあると言うことなのか。これはある意味北朝鮮にたいする従北状態が続くわけで、しかもその勢いが単に大統領だけではなく、広範囲に勢力を持ってるということ。すでに韓国は表面上はまだ西側というか、資本主義国だけど、中身はもう色が変わってるということか。

  6. 韓国の行く末、今後の予想
    ①左派一強体制になって、従北政策がさらに露骨になる
    ②統一宣言(口だけ)、高麗連邦発足ホルホル
    ③統一の実務進まず、グダグダが続く
    ④日米に冷遇され、中露も頼りにならず、北が重荷で経済破綻
    ⑤日米に擦り寄るために、右派復活(左派の多くが掌返し)
    ⑥右派が選挙で大勝、日米への擦り寄り開始
    ⑦統一宣言は時期尚早だった、と撤回宣言
    ⑧左派の残党が弾圧される
    ⑨A日米は離れたまま戻って来ない、韓国復活の日はなお遠い
    ⑨B日本はまた性懲りもなく韓国を支援するが、復活の道険し
    ⑩世界中で反日を叫ぶ
    ※⑨Aは、そうなったらいいなあ、という願望です。

  7. 国際社会で全く信用の無い指導者文在寅擁する与党圧勝の知らせは、そのまま朝鮮半島の新しい覇者金正恩の下に入る知らせ。

    半島統一は、朝鮮民主主義人民共和国に大韓民国が吸収合併される。

    朝鮮民主主義人民共和国金正恩の新しい主人はアメリカ大統領。大量破壊兵器を隠し持つとアメリカは即座に攻撃する。アメリカ全国民の声は「騙したら半島皆殺し」で一致していく。

    密約があるとしたら、俺の子分になるなら南も金正恩にあげる。だって、、、

  8. かつての日本の民主党政権は
    経済で結果を出せなかったために
    早期に支持率が低下してしまいました。
    でも、韓国は違うんですね。
    こういうところにも彼我の差を感じます

    1. 日本が民主党政権になった遠因は小泉政権にあります。
      新自由主義で貧富の差が拡大した(経済的に右に行き過ぎた)と思われたため、経済的左派の民主党政権が望まれたのです。でも失敗というか無能だったので、左右のバランスをとる昔の自民党が望まれました。

      ところが、韓国には昔の自民党にあたる存在がありません。
      財閥の犬かサヨクしかいません。IMF までは財閥の儲けはある程度国民に還元していましたが、IMF 後は外資が支配していますので、外資の犬といってもいいでしょう。
      一方、サヨクは北の犬かもしれませんが、一応国民の思いを汲んでくれます。

      どうします?

  9. 現在の左派政権を、日本の民主党政権に擬して語られる事がありますが、
    日本の場合は半年で鳩山政権の支持率は20%程に下落、9か月で総辞職に追い込まれ、
    政権交代10か月後の参院選でも、民主党は大敗しました。

    思えば、メディアは民主党政権をそれなりにきちんと批判していました。
    安倍政権下での主要メディアの偏向具合は酷い惨状になっていますが、
    民主党政権時にも反体制というタテマエは一応は守っていたと素直に評価すべきでしょう。
    (昨今は当時より劣化しているので、今後左派政権ができれば、マンセー報道に陥る危険性はあるでしょう)

    日本に比べ、韓国の主要メディアは時の政権に便乗する傾向が強いですね。
    それはもちろん、政権から物理的に攻撃される歴史があったからですが。
    なので、経済指標がもっと悲惨な事になっても、蚊帳の外ランキング1位がムンムンになっても、
    メディアがカバーしてくれるので、左派の我が世の春はもうしばらくは続くんでしょうね。

    自分がもし韓国人の保守派だったら地獄の季節ですわ。
    季節の様に過ぎてくれるかどうかも確証はありませんし。

    1. >メディアは民主党政権を批判

      あなたはどこの国に住んでらしたんですかね?

      1. それなりにちゃんと批判されないとあんな支持率の下がり方はしません。

        1. 民主党政権では、批判的どころか、単に事実が、しかも好意的に報道されただけで、支持率急降下だったですよね?
          ほんとにあなたは何処に住んでいたんでしょう?

          今の韓国の右派新聞のほうがよっぽど政府批判してますよ。

          1. 自分の言ってる事で答えが出てますよ。
            単に事実が出るというだけで、今より遥かにマシです。

コメントは受け付けていません。