河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」

個人的に、外務大臣である河野(太郎)氏を応援していますのでできればこんな記事は扱いたくありませんが、

「河野談話」の河野洋平氏が、「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」、「韓国に行ったのと同じぐらいの経済支援もしないといけない」と主張しました。

聯合ニュースの記事から、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<河野元長官(外務大臣)はこの日、日本都内で開かれた講演会で、日本の対北朝鮮政策と関連して「今、日本がしなければならないことは、韓半島の植民地化について「言葉もございません」と謝罪をすることだ」と強調した。

彼はまた「韓国には謝罪し、経済支援などを行ったが、北朝鮮とは国交もなくそうできていない」、「韓国と同程度の謝罪と経済支援を北朝鮮にもしなければならない」と述べた。

河野元長官はこの日、「拉致問題の解決なく、北朝鮮との国交正常化はありえない」と強調している安倍晋三総理の対北朝鮮政策にも苦言を惜しまなかった。

彼は「拉致問題というのは非常に難しく、深刻な問題」、「日本が国交を正常化することなく、植民地の問題も処理できなかった国として、ただ「(拉致被害者を)返せ、返せ」と言うだけでは、(拉致問題は)解決されない」と指摘した・・>

http://v.media.daum.net/v/20180613210118050?rcmd=rn

 

記事を読んで、ある別の記事を思い出しました。これ、本にも載せたことありますが、1992年8月12日の京郷新聞の、「挺身隊蛮行を証言するためにソウルに来た吉田さん、”一人で千人以上の処女を狩った”」という記事です。

相変わらず挺身隊=慰安婦と同じ意味になっています。また、韓国では、「処女」は「結婚していない女性」という意味です。

吉田さんは「一人で千人以上処女を狩った(さらった)」、「日本政府が最後まで否認するなら天罰が下るだろう」などと主張しながら、こう話しています。

「当時日本政府が韓国人に犯した行為はナチスのユダヤ人虐殺と同じく天と人が共に怒るべき蛮行である。日本政府は1日でも早くこれを認め、補償する意味で京釜高速電鉄(の建設)費用7200億ウォンを無償提供することを提案する」

そこでなんで建設費用の話がでてくるんだ?と驚きましたが・・今日の河野洋平氏の記事もまた、なんでそこで経済支援の話が出てくるのでしょうか。「制裁緩和」を言うならまだわかりますけど(もちろん同意はしませんが)。

政治家出身の人が自分の意見を述べたことそれ自体に文句を言うつもりはありませんが、率直に、「善人のつもりでお金の話とは、見苦しいな」と思いました。

 

 

NEW 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“河野(洋平)氏「まず北朝鮮に謝罪からすべきだ」” への59件の返信

  1. この方の息子・河野太郎氏が外相になると聞いたとき、「え、なんで反日河野の息子なの?」って思ったけど、良い意味で裏切られましたね。父親とは全然ちがう。(外相を経てもっと政治力が強くなったら父親と同じ本性を現すんじゃないかと怪しむ人もいるけど、どうかなあ?)

  2. ただ、さしもの河野父でも、談話における日本軍が行った行為は白馬事件であると認めています
    そして、白馬事件が起こったのだから『他の事件も起こったのだろう(推測)』と発言しています(慰安婦合意の際の発言だったかな?うろ覚えですみません)
    結局、20万人の根拠はないんですよね

  3. 洋平ちゃんは、朝鮮半島に謝罪や経済支援、国交正常化の話しはするが、台湾に対してはそんな話しをしない、分かりやすいね。

  4. 中国大好き洋平くんの悪意ある抽出w

    1959年 丸紅に入社
    1967年 父の地盤を継承して自民党公認で初出馬、トップ当選
    1972年9月 日中国交正常化
    1972年10月 ロッキード社が児玉に対し賄賂21億円、丸紅を通じ田中に5億円
    1972年12月 第2次田中角栄内閣の文部政務次官に就任
    1976年2月 アメリカ議会上院でロッキード事件発覚
    1976年6月 自民党を離党、新自由クラブを結成し党首に就任

  5. この写真では河野氏の後ろに西日本新聞のマークがあるように見える。
    ttps://www.sankei.com/politics/news/180614/plt1806140010-n1.html

    だから、この講演会はマスコミの共同組織の講演会ではないだろうか。
    河野さんがどんなことを言うかは大体分かっているだろうから、あらかじめ米朝会談の直後にこういう場を設定しておいて、会談後に直ちに日本国民向けに「まずは日朝交渉だ」というメッセージを送り出すための仕掛けだったのではないか・・・・・・あ、いや、私もシンシアリーさんに感化されて曇りぐあいがひどくなったような・・・・・・

  6. さあ、拉致被害者を取り戻すために、北爆を始めよう。

    ついでにソウルも破壊していいぞ。

  7. 北朝鮮が日本に併合時代の賠償とか補償とか求めてきたら、日本は請求は韓国にと突っぱねるのが筋なんだけど、そういうタフな外交って出来ないんだろうな

    とは言え、非核化は日本にとっては利益のある話なので、非核化が実現したなら何らかの経済協力はあるべきでしょう

    1. 基本的には、日朝平壌宣言(2002)の方針どおりです。
      http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2002/09/17sengen.html

      韓国などの他国との戦後処理と整合したものなので、再協議しても大きく変わることはありえません。

      補償については、韓国には北の分は渡していないというのが政府見解です。
      だから、平壌宣言でも「1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則」が明記されてます。

      1. 日朝平壌宣言に初めて目を通しました。

         >補償については、韓国には北の分は渡していないというのが政府見解です。
        そうだったんですね。たしかに「1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則」の文言からはそう捉えるのが自然ですね。
        ネットでずっと出回ってる北朝鮮分も韓国に引き渡し済ってどこ情報なんでしょうね。宣言には書いてないですね。

        ちなみに支援金1兆円と言われてますが、宣言に無いので、これも日本側が一方的に言ってることなんでしょうか。
        つい最近、サムスン証券が1兆円を現在価値にして、2兆円強を北朝鮮は受けることができるだろうというレポートを出したというニュースを見ました。

        しかし北朝鮮はこの宣言の精神を悉く破っていますね。。。

    2. 併合時代の賠償?
      工場や各種インフラ作って教育施設を作って人々の暮しを豊かにしたことへの賠償って必要なんでしたっけ?

      むしろ植民地が独立した場合、植民地に宗主国が作った資産を置いてきた場合、宗主国の方に請求権があるのが常識らしいですが?

  8. 2000年、米50万トン、日本から北朝鮮へ支援。
    当時外相だった河野洋平は、「責任は私が取る。これは必ず日朝関係にプラスになる。それは私が保証する」

    今回もプラスになると思っての発言でしょうが、前回の結果は
    日本へのミサイルのプレゼントでした。

  9. この方は、当時自由民主党総裁でありながら、日本国総理大臣になれなかった最初?の人ですから。
    もはや、老害という言葉がふさわしい。
    老害はただ消えゆくのみ・・・

  10. じゃ、年金以外を自ら献上してから言ってくれ。と、しか思いません。
    それだけの事を自らの信念でやれば、過去にどれだけ無茶苦茶やってても、閻魔大王が情状酌量してくださるとおもいますよ〜
    私はしませんけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。