作り直し

弥勒寺址石塔というのがあります。もともとはもっと高かったそうですが、発見された当時から6層までしか残ってなかったそうですが、韓国の国宝で、639年に作られたもので、韓国の石塔の中ではもっとも古い、と言われています。

これが、「20年に及ぶ復元が終わった」ということで、かなり話題になっています。なんか、ウリナラ凄い!という流れになっているみたいです。記事によっては「補修」と書く場合もあります。

写真はそれぞれのURLの記事からキャプチャーしたものです。

http://v.media.daum.net/v/20180620153328623

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

あ、百済の弥勒寺の石塔か・・そういえば有名だったな。20年も補修していたのか・・と、フムフムと読んでいましたが。

フッと、曇ったゴーストがささやきました。

「昔、どっかの本で見たのと違うと思わない?」

 

そこでちょっと探してみましたが・・

韓国の大手ポータルサイト「DAUM」のネット百科事典にありました。

これがいわゆる「ビフォアアフター」の「ビフォア」です。

 

もうちょっと調べてみたら、16世紀にカミナリにあたって壊れたそうです。そして、いつものことですが、放置されていたものを朝鮮総督府が発見して、緊急補修したみたいです。記事は、「朝鮮総督府がセメントで適当にやったせいで、壊れかけていたものを、やっと20年もかけて補修できた」ということになっているみたいです。・・・じゃ、1999年までなんで放っておいたのでしょうか。

ここに載っている写真はさらに凄いことになっています。上の百科事典の写真、残っている面だけ撮ったもののようです。

http://v.media.daum.net/v/20180620154950263

しかも、記事によると「185tのコンクリートを解体するだけで3年」となっていますが、朝鮮総督府が185tもコンクリートを使ったとは思えません。本文で言っている「セメント」は昔の応急措置かもしれませんが、コンクリートはその後(戦後)、韓国がやったことでしょう。

20年ぶりに「作り直した」といえばわかりますが。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

133+

“作り直し” への75件の返信

  1. 地震、火災、戦争等により日本の遺産も消失してます
    奈良の大仏はじめ多くの遺産が。
    その場合「再建」として出来るだけ従来の物を活かして「再現」するかに注力してます。
    薬師寺で聞いたのは「消防法等の絡みで火災報知器等も付けなければいけなく、完全に当時のままとはできないんです」と

    韓国は「リセット・コリア」(個人的には嫌いな言葉なんだけど)で行けば良いでしょう、レゴで作って飽きたら組み直しすれば

  2. 遺跡や遺構の保護が無条件に正しいって言うのは傲慢だと思うの。作り直しを善しとするのもアリのはず。

    私見ですが、日本で神社仏閣や仏像に限らず文化財が保存されてきたのは、世は移ろい易く形ある物はいつか朽ちて喪われるって無常感の裏返しではなかろうか?
    本来喪われるべきものが形を保っていたので、そこに人知を超えた天意なり神意なりがあると感じ、価値を見出だした、と。
    皇室に対する尊崇の念も、同じ根を持つんじゃないかな?

    韓国は、他人に見せびらかすアクセサリーって程度の認識だから扱いが雑なんだよ。本心では全然大切に思ってないんだから。
    文化財なんぞ一顧だにせず、ガンガンぶっ壊して「これが韓国の文化だ!ダイナミックコリアだ!」って胸を張れば良いのに。

コメントは受け付けていません。