市民団体、ついに「警察」を支配するのか?

6月頃から話題になっている案件ですが、情報がある程度わかったので、更新しちゃいます。

文在寅大統領が、検察の権限を大幅に縮小しました。検察は、公職者の不正・犯罪、経済・金融犯罪、選挙犯罪以外は、直接捜査することができなくなり、そのかわり、警察の捜査権限は拡大されました。

検察が警察の逮捕状を拒否(再審査要求)するのも事実上できなくなり、特に、検事の逮捕状(検事を逮捕する)逮捕状を警察が申請した場合は、検察はこれを一切拒否・保留できなくなります。検察が警察の捜査を終結させることもできなくなります。そして、もうすぐ「自治警察(自治体警察)」制度が始まります。予定通りなら、2019年から。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

自治警察は、地方自治体が警察権を持つという意味です。さて、自治警察制度が無条件に悪いというわけでもありませんが、韓国ではこれが「国家警察(既存の警察制度)」の反対概念として、韓国の左派思想家たちの間では夢の一つでした。軍事政権のときから散々やられましたからね~彼らは。

金大中元大統領は公約として自治警察制度を掲げましたが、実現はできませんでした。実際にやっちゃったのはノムたん、盧武鉉元大統領の時ですが・・済州島だけで、しかもその捜査権の範囲が狭く、例えば飲酒運転を取り締まる権限すら無く、いまは山林や河川の環境監視などに特化した形で運用されています。

今回文在寅大統領がやろうとしている自治警察は、検察の権限縮小とともに、前とは比べ物にならない広い権限を持っています。気になるのは、文大統領にこの案を出した「警察改革委員会」という諮問機構です。委員長はパク・ジェスン氏ですが、彼は大韓民国弁護士協会の会長です。私はこの話を聞いた時、「警察の改革案を弁護士が論じてもいいのか?」と真っ先に思いました。

彼は「希望製作所」という財団の理事長でもありますが、希望製作所はソウル市長・パク・ウォンスン氏を中心とした左派性向の市民団体に所属した人たちが立ち上げた財団です。

警察改革委員会は「集会デモの自由を保証すること」や「自治警察制度の施行」など数十件に及ぶ警察機構の改革案を大統領に勧告しました。細部内容は、「自治警察の人事権は自治体長が持つ」、自治警察の業務処理適正などを全般的に監督する自治警察委員会は「政党所属ではなく、地域住民、市民社会の人などで構成する」など、いまの文大統領と与党に有利な内容ばかりでした(2017年11月、警察改革委員会の広域単位自治警察制導入勧告案より)。

今の予定通り進むなら、17ヶ所の広域自治体で、2019年から自治警察制度がスタートします。

文在寅政府になってから強調されている、自治体の権限強化(地方政府レベルにまで強化するとかなんとか)、そして自治警察。地方選挙での大勝利まで含めて考えると・・・市民団体が政治権力化しつつある、というのが「罪韓論」のテーマの一つでしたが、もはや「市民団体の警察機構化」が来るのか?と、曇ったことを考えてしまうシンシアリーでした。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

129+

“市民団体、ついに「警察」を支配するのか?” への72件の返信

  1. 警察権と争訟権は分離しないと、警察が手柄の為に公訴を行うというおかしな話が防げない。
    日本でも形骸化してたまに問題にはなるが、訴えるか訴えないかを警察が恣意的に決められるなら、沖縄県警や神奈川県警みたいなことになるだろうね。

  2. 権限が容易に増減するって、現場の人間は大変だ
    な。文氏とその後継者が、国が滅びるまで政権を掌
    握できることを期待するよ。

    国が滅びるまで、ね。

  3. 韓国政府の財政破綻状態は凄いことになってるでしょうね。
    公開なんかしないから、表面化した時は破産状態になってるのは確実。
    日本が江戸時代に自治体制により確立したした成熟したブルジョア社会を形成してないから、公的な次元の経済やら財政やらに全く関心が無いですからね。
    「韓国は輸出依存一本槍の経済体制は、中国の出現によって不可能となった」って話を向けても、関係ないって顔してるからね。日本人で若者が就職出来ないって焦っている感覚なんか、韓国には無いですよ。
    社会のチェック機能が働かない、ファウルだらけの国ですよ。

  4. 韓国警察から不当に扱われた〜と言って、難民申請や保護を求めて韓国人が大挙押し寄せて来ないことだけを願っています。

    1. なんせ、輸出で成り立つ国 (売春も含む) 過去に食いぱぐれが 日本に やって来たり 弾圧から逃げて 来たのにも関わらず 「強制的に連れてこられたニダ」 と嘘を吐き 居座ってる人知ってます。
      迷惑だと。

  5. 日本でも言論弾圧が一定の勢力によって行われていますが、どういう人達かは、みな分かっているというか。

    韓国はアメリカから自由になり、その国民のマインドにふさわしい不自由な国へと変貌していくんですね。
    必死で同じような運動を日本で繰り広げています。

    日本では永遠の少数派でしょうが。

  6. そのものズバリ考えると、ムン・ジェインは私兵を欲しているんじゃないですかね?
    既存の軍隊や国家警察は「大統領」の暴力装置ですが「ムン・ジェイン」個人の意向は聞かないし、クーデター起こされた歴史も有るし。
    一から作った組織なら個人で使えるし裏でも早く使える。
    具体的には右派や対立勢力の粛清・逮捕、メディアに対して言論弾圧がターニングポイントですかね?
    市民団体が親衛隊化して独自の宣伝機関がTV放送始める辺り?

  7. 理由の如何に関わらず拒否できないって組織の疲弊を招くだけではなかろうか、とかそも検察の捜査って公訴提起に値するか否かの点を捜査するものなので、そら拒否できないなら捜査の必要もなくなるのかな。
    なんて思いましたが、検察が逮捕状の発布をするようなので本邦の感覚で見ては駄目ですね。

    自治警察の方は中共の城管を思い起こします。自治体で満足な給料が出せずにみかじめ料集めに邁進しそう。

    1. >本邦の感覚で見ては駄目ですね。
      これ私も想像しました。日本でいえば韓国の警察は所轄、交番程度で警官も古くからの組織人材で市民犯罪程度、検察は新しい採用の有能な人材で立憲、捜査に至るまで広く大きく実権実力を持っているのではないだろうか。違う?

      1. いえ、そこんところ知らないので、何某かの判断や感想を出すにも情報が足りてないや、というだけなので違うかと問われれば知りません。

  8. 日本の県警の公安委員会も実質的には警察権限を抑制することはできない様に、担当の仕事が明確にされているが、この組織が実験を握ったら恐ろしいことになるね。
    やはり、歴史的には共産党、社会党、総連とかの息のかかった仕組み造りだったんでしょうかね。
    民主党が政権を取った時には国家公安委員長の座を捕ったくらいだから革命反権力派には垂涎の権力だと思う。
    日本では権限は有名無実になってるけど、これが実権を握ったらそれは恐ろしい社会になるんじゃないだろうか。

コメントは受け付けていません。