心が貧しい

メキシコのリードが2点差になった頃、こんなコメントが目に入りました。

「ところでサッカー勝ってなんだというの?メキシコってウリナラよりずっと貧しいじゃん」

この件は、「ネットの一角でのこと」ということにしてください。いつものように多くの「賛成」を得ているコメントでもありません。

ただ、決して初めて見る意見ではありません。同じ趣旨のコメントが、不定期的に、目に入ります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、「貧しい」で評価できることはこの世にほとんどありません。お金を貸す仕事をする人なら客の資産を気にしないといけないとは思いますが。

メキシコは格差問題がひどいとよく言われますが、格差問題が指摘されているのは韓国も同じ。メキシコには世界的な大金持ちも大勢います。「誰と誰を比べるのか」で結果は違うものになるでしょう。

 

前にも書いたことがありますが、韓国では「『良く』生きる」が「『豊かに』生きる」と同じ意味になります。「良く」には「正しい」「善い」という意味もある程度は含まれていると考えると、貧しいのは「善くない」ということになるのでしょうか。

「韓国人は白人にだけ優しい」という話は、前から何度も何度も指摘されました。

ずいぶん古い記事になりますが・・モグォン大学校チャン・スチャン比較政治学教授は、「韓国人は英米など先進諸国の国民には必要以上の従順な態度を見せる一方、発展が遅い国々、特に3D業種(忌避対象とされる仕事)に従事する有色外国人には、無視、差別する二重性が身についている」と話しました、と。

http://news.chosun.com/svc/content_view/content_view.html?contid=2003102970308

 

「なぜ韓国人は『有色人種』を見下すのか」。先の教授も指摘していますが、「貧しい」からです。いや、貧しいと決めつけているからです。

メキシコは貧しい。だからサッカー負けても韓国の勝利だ。そう主張する人にとって、メキシコは「貧しくないといけない」存在でもあります。決めつけです。精神勝利ができなくなるからです。

韓国人が、日本のことを「日本人は貧しい」「韓国はもう日本と同じぐらい発展している」と主張するのも、似たような心理からくるものだと私は思っています。

 

スウェーデン戦に比べるとそこそこ熱心に走っていた気もしますが、相変わらず反則も多く、「よい」イメージは残せなかった韓国チーム。心が貧しいようです。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“心が貧しい” への99件の返信

  1. 日本とメキシコにはとても深い絆があって、日本が最初に不平等条約ではない、対等な関係で国交を結んだ国がメキシコ。
    そして戦後においても、最初に敗戦国日本の国際社会復帰を国連で訴えたのもメキシコです。

    メキシコは榎本移民団から、累計1万人以上の日本人移民を受け入れていて、昔から日本人との関係が非常に深い国です。

    日本はそのお礼として、メキシコ大使館だけが国会議事堂の隣、永田町のいちばんいい位置にある。また貿易関係でも2国間協定である日墨FTAが結ばれていて、特別に優遇されている。

  2. 経済力でいうと、東ヨーロッパの国々は韓国に比べると一人当たりのGDPは低いです。しかし彼らは自分たちの文化に誇りを持っており、芸術を生活の中に取り込んでいます。各村や町には祭りがあり、その時は民族衣装に身を包み、音楽を奏で、踊りを楽しみます。楽器は専門家ではなく、普段はパン屋であったり、大工であったり、肉屋であったり、郵便配達夫であったりします。つまり普通の人々。その人たちがバイオリンを弾き、アコーディオンを奏で、管楽器や金管楽器を奏でます。韓国では考えられないことでしょう。豊かさとは金額だけではなく、文化も含んだ総合的な範疇でとらえなければならないでしょう。韓国人には分からない世界かも知れませんね。

  3. GDPは大して変わりませんがw
    しかも人口ボーナスはとっくに終わった韓国に対し
    メヒコはこれから人口オーナス期

  4. そういえば、メキシコ料理は「ユネスコの無形文化遺産」になってたですね。
    食い物でも負けてるじゃん…

  5. 金があれば、審判に影響力を及ぼして勝てるというのが韓国人の論理だったような気がしますが。

    メキシコ戦で審判が韓国に不利なジャッジをしたとかでFIFAに抗議したという記事が出ていますね。気に入らないことがあれば抗議、抗議。醜いですね。

    予選中に解任された外国人監督が韓国について、「韓国の人々は望み通りにならなければ有罪判決を受ける犠牲の羊を探す文化が根付いている」と言っているそうで。刑務所に入れられたパク・クネの姿そのものですね。

  6. 試合の戦術とか選手個々の評価じゃなくて、そこに目を向けるのかよ!? 
    韓国人のスポーツに対する考えがよくわかりますわ!
    シンさんが少数意見と言ってますが、日本人と比べちゃうとウン十倍、ウン百倍、いやそれ以上はあるんじゃないかな?
    観客はアレでも、選手は別でしょ?と思いきや、ファイルでしか相手選手を止められない中国人選手顔負けの格闘サッカー、こちらはテコンドーサッカーを披露してましたね!
    最終ドイツ戦では、何点差で負けるのか気になります。
    まあ、ドイツは前半2点ぐらい取って、後半は守備オンリーかな?
    話は飛ぶけど、メキシコって、韓国より20年前にオリンピックを開催してるんだよね!(メキシコ五輪:1968、ソウル五輪:1988)

    1. スポーツ関連の話題の場所に書き込みに来る人は
      基本的にはスポーツが好きな部類の人たちなので
      そういうカテゴリの中では間違いなく少数派かと。

      スポーツ自体に関心が薄い人たちの思考回路は
      表に出にくいけど潜在的には多数派な気もします。
      ただ、もし韓国が結果を残せたら風見鶏のように
      手のひら返すだろうってとこまでお約束ですね。

      韓国が勝っても、サッカーで勝って何の自慢に?
      って言えるなら本物の価値観なんでしょうけど。

  7. ずいぶん前のことですが、中央日報か朝鮮日報のスポーツ欄のコラムに『韓国はブラジルのようなサッカーだけの国ではない』と書かれていて、あ然としたおぼえがあります。
    もしも日本の主要紙がこんなコラムを載せたら、日本中からバッシングの嵐だなと思ったものです。
    負け惜しみにしても、ちょっと質が悪い。サッカーと関係ないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。