真の韓国人とは

大邸大学校というところで、外国人留学生たちの「韓国語」コンテストがありました。演劇で韓国語セリフを話すとか、韓国語で描かれた資料などを読み上げるとか、そんな感じのものです。

テーマは、「独島(竹島)」でした。

モンゴル、ベトナム、ロシアなど外国人留学生たちは、韓国側に有利な資料、韓国側の主張で日本の主張を論破する内容の演劇などを繰り広げた、とのことです。

http://www.kbmaeil.com/news/articleView.html?idxno=448365

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「海外入養と韓国の民族主義」という本で、幼かった頃からスウェーデンで養子として生きたトビアス・フィビネット(韓国名「イ・サンドル」)さんは次のように話しています。

<・・私が大人になった何人かの養子(海外入籍された人たち)と初めて韓国を訪問した1996年の夏のことだ。私はスウェーデン駐在韓国大使館から丁寧に招待を受け、政府の行事である「世界韓民族祝典」に参加した。数百人の在外韓国人が参加したが、その中には、ノルウェー、デンマーク、スイス、アメリカなどから来た20人ほどの養子たちもいた。

実際には、祝典(祭り)というより、 “真の韓国人”になるための「属性化過程」に近かった。取材記者は祝典期間中、私を含めた養子たちを付け回った。 彼らは養子たちのドラマチックな個人史を重ね重ね問い詰め、韓国の親との涙ぐましい再会場面をカメラに収めた。 私たちに韓服を着させ、箸を使って韓国料理を食べるようにお願いし、韓国の伝統的な舞を学ぶ場面を無理やり演出させ、写真を撮りまくった。

行き過ぎの私的な質問に極めて不愉快だった一方、間もなく我々は、主催者側が我々に何を感じて欲しがっているのか、記者たちが私たちから聞きたがっているのが何なのかに気付くことができた。

彼らは私たちが養子縁組国家と家族たちに感謝の心を持ってはいるけど、表面的な次元だけで西洋人であるだけで、本質的には他のどの国の人でもない、まさに韓国人だと言ってくれるのを願っていた。「私たちは、やっとの思いで母国の家に帰ってきた存在であり、急に韓国文化に対して目が覚め、夢で見たかのように韓国料理が食べたい人たちです」という言葉を聞きたがっていたのだ。また、常に韓国の親戚、誰よりも韓国の “ママ”を見つけ、て会いたがっている人々として(我々を)描写したがっていた ・・>

 

 

言い換えれば、韓国人が「~であるべき」、「~でなければならない」と描いている姿に同調する者こそが、「真の韓国人」です。

それは別に韓国人である必要はありません。外国人でもかまいません。いや、むしろ、外国人が韓国の「~であるべき」「~でなければならない」姿になってくれるなら、好都合かもしれません。

そんな外国人がいないから、作ろうとするのです。真の韓国人という「戦士」を育てたがる・・とでも言いましょうか。韓国人は、外国人に対して、「韓国への愛としての反日」を要求します。それを「韓国人になる過程」だとします。

なんでこんな話を持ち出すのかと言うと・・韓国の大学で行っている「外国人を相手にした反日教育」は、珍しいことではないからです。私も2~3回、リアルで見たことがあります。ソース記事を読んで、「ああ、こういうのあったな」と思い出したので、勢いでエントリーしてみました。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“真の韓国人とは” への64件の返信

  1. 朝鮮人についていろいろと知るにつれ、彼らは極めて主観的なものの考え方をして、日本人は客観的な見方をする傾向があるように感じていましたが、こと生き方に関しては、日本人は主観的であり、朝鮮人は客観的であるのかなあと思いました。

  2. 海外に養子に出された人達が韓国に愛情が湧くだろうか?

    また、韓国に魅力を感じて(他の国を選べなかった?)留学して、学んだことが反日だなんて。
    日本人より竹島に詳しい(偽りの)歴史を学んで、得たものはなんなんだろう。

  3. この話題で、フランスで閣僚になったフルーレ・ペルラン氏を思い出した。
    彼女はフランスで物理学者に育てられたが、大変な秀才だそうで血の繋がりと言うか、捨て子を学者が育てただけでこの様な秀才が出来るのだろうかとフッと疑問に思った。そこで次の記事を観た。

    孤児として戸籍偽装され海外へ養子に…悲劇を繰り返すな(1)
    ttp://japanese.joins.com/article/044/172044.html?servcode=400&sectcode=400

    この頃は、偽装養子のまかり通る無法の時だったんだ。学者が白紙の孤児を秀才に育てあげられる稀な確立なのか、考えたくはないが。
    韓国話の場合は何でも疑ったほうが良い、このブログは役に立つと思うお花畑には。
    ペルランは、自分は完全なフランス人で、韓国に思いは無いと言っているが、韓国記者には韓国に行ったときにはカラオケを楽しんでみたいと言ったとか、大変な秀才でも知らんことは脳に吹き込まれるんだね。
    あーさて。

  4. 他人の評価によってしか自分を立たせることができない人達とその国。自分たちが捨てたものでも臆面もなく利用する。
    他者の配慮に甘え、人の気持が分からず、ただ醜い。

    留学生はご愁傷様。しかし韓国への理解が深まったことと思います。せっかく学びたいと選んだ国ですから本望でしょう。

    1. しかし、よく考えたら、日本にきてH大の山口◯郎や東大、京大の左翼教授に教わっている留学生もいるんだろうな。恐ろしいことに。

  5. 皇帝に全ての生殺与奪権があって、生きてる事自体が皇帝の恩であって、皇帝が命の恩人であり、誰かを殺す事で自分は生きて相手は死ぬという喜びを感じる文化圏なんだよな。

    日本のように皇帝と民が父と子の関係ではない。
    皇帝が民に対して「お前達が生きてる事が幸せだよ、良い子良い子」してくれる文明圏とは真逆なんだな。

    命の略奪によって生きてる喜びを感じるネガティヴな生理なんだよ。

  6. 研究とは無縁の世界に住む人。

    大腸菌は強靭な肉体を作るので、なければならない。大腸菌は人体に有益で有るべきだ。糞尿は大切な肥料、自然に返すべきだ。
    どうしても食料品に大腸菌は入っていなければならない。

    しょうがない人だと思う。

  7. 外国に養子に出された朝鮮人が「不愉快」を感じたのが唯一の救いですね。留学生たちも不愉快を感じているといいのですが…

    相手の不愉快を感じることができない人は、どこにでもいるものですが、エントリーの内容にある状況に至るまでに誰もそれを止められない状況が、問題の深刻さや難解さを物語っていますね。

    自分を変えられるのは自分だけ。
    日本人にとって都合よくなれと言うわけではないが、韓国を変えられるのは韓国人だけなのですがね…

  8. 外国人の日本語コンテストを聞いた事が有るが、美しい日本とか主ねる様な内容もあるけど、
    あれらを真似して遣ってるんだろうけど(絶対真似してる)。

    朝鮮には何にも特徴とか感じるとこが無いから、アイデンティティいが無いからね、主題を出したりしてしまうのだろうね。
    主題を出す人間が反日で頭がいっぱいでそれ以外が無いから、アレに成ってしまうんだろうね。
    朝鮮人?韓国人?て、反日以外は頭に何もないんだね、反日と言うレールから外れる事が出来ないんだね。

  9. 論破なら逃げないで「国際司法裁判所」でやってくれ。

  10. 「ウリなのだからウリに違いない」にしたがっているのは感じ取れますし、反日を持ち出すのは、反日がもたらす「恨」が韓国人にとっての社会性の一部になっているからでしょう。
    共通認識足り得て心的共感を得て絆となるものです。
    「恨は朝鮮人にとっての快感で安心なので群がる」といつか言いましたが、健全な社会性が育たない朝鮮では歪ながら代替となる要素です。

コメントは受け付けていません。