ソン・フンミン選手、生卵を投げられる

韓国チームの帰国レセプション(空港で行われた簡易イベント)で、ソン・フンミン選手が生卵を投げられました。

さいわい、卵は足の方の床に落ちました。

画像キャプチャー「マイデイリー」

http://v.sports.media.daum.net/v/20180629150328841

手厚く歓迎してくれる人たちも多かったそうですが。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

個人的に、昨日の日本チームのプレイは「あり」だと思っています。

ですが、韓国では、昨日の試合で「日本はかっこわるくベスト16に上がった。韓国はかっこよく落ちた」が一般論になっています。

個人的に、日本での韓国の悪いイメージ中でもトップクラスに悪いのが「キレイな負け方を知らない」ことだと思っています。

2002年、選手だけでなく、韓国全体が、「勝ったから(ベスト4に)上がったからいい」という雰囲気でした。重大な誤審に対して、相応の指摘をする人は誰もいませんでした。

 

そんな流れを考えてみると、「いつからかっこいい負けなんか自慢した」とツッコミたくなります。なにせ、「かっこよく落ちた」というのは、現状へのただの言い訳、無理のある手のひら返しです。手のひらを外方向に返そうとしていて骨が折れそうな・・そんなところです。

ある意味、この「生卵を投げた人」が、もし彼(彼女?)が「いつから韓国人がかっこいい負けなんか目指したんだ」と思っていたなら、

彼は「手のひらを返していない(数少ない)韓国人」と言えるかもしれません。悲しいことですが。

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“ソン・フンミン選手、生卵を投げられる” への59件の返信

  1. 2敗して英国逃亡したキャプテンのMONKIの代わりに腹いせと考えると流石に気の毒

  2. オシムさんがインタビューで言ってましたね。
    「望みすぎて全てを失ってはいけない」
    それが全てだと思います。
    グループリーグは総合で勝ち負けを決めるもの。
    韓国のように1試合だけ良くても、決勝トーナメントには行けないんです。
    逆に日本に全戦、良い試合を望んで、結果全てを失ってはいけない。

    韓国に何を言われてもどうでもいいですね。
    なんでもそうですが、日本のことは気にせず、自国の心配してください。

コメントは受け付けていません。