責任

1960年代のことです。イエール大学のスタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)教授が、ある実験を行いました。

ミルグラム氏は「勉強において罰を与えることが効果的かどうか」を測るための実験を行うと広告を出し、40人を募集しました。ですが、これはフェイクでした。実はミルグラム氏は「環境の圧力の中で、人はどこまで残酷になれるのか」という実験を行おうとしていました。氏はあらかじめ「役者」40人を集めて、計80人で実験を開始しました。

実験は、「先生」と「学生」がペアになって行います。先生と学生はそれぞれ別の部屋にいます。ただ、マイクとスピーカーから相手の部屋の声が聞こえるようになっています。先生が問題を出し、学生が答えます。そして、学生が答えを不正解すると、先生は電気ショックボタンを押します。電気ショックは、回数を重ねるたびにどんどん強くなっていく仕組みで、最初は15ボルトで始まって、最大で450ボルトまで上がります。電気ショックボタンには「この出力でボタンを押すと、相手にとても危険です」と警告も書いてあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミルグラム氏は、募集した(何も知らない)40人に「あなたたちが先生役です」とし、役者40人に「あなたたちが生徒役です」と決めました。実際は、「先生」たちがボタンを押しても「学生」に電気ショックが走ったりはしません。しかし、学生(役者)たちはわざと先生の出す問題に不正解をして電気ショックを誘い、そのたびに悲鳴をあげる演技をすることになっていました。

「先生」として参加した人たちへの報酬は、4ドル。ミルグラム氏は、この変わった環境設定に、人がどれだけ服従するのか(相手に危険が及ぶと知っていながら電気ショックを与えるのか)をテストしたかったわけです。

結果、65%(26人)の先生たちが、無残に響く学生たちの悲鳴を耳にしながらも、電気ショックが最大になるまで実験を続けました。

 

この実験は、権威者(この場を用意したミルグラム氏)の命令に逆らえない人の心理を表すものです。または、「人の心は環境による圧力に同調するものだ」という話をするとき、この実験を持ち出す人たちもいます。

 

ただ、この実験に対する、ほんのちょっとだけ別の観点からのアプローチを可能にする話もあります。

電気ショックで学生(のいる部屋)から悲鳴が聞こえてくると、大勢の先生(先生役の参加者)たちが「こんな実験、もうできない」と抗議したというのです。その時、ミルグラム氏は「実験に参加したあなたが協力してくれないと教育に関する大事なデータが取れなくなる」など、確かに権威者というか圧力というか、そんな態度も取りましたが、抗議する人たち全員を黙らせた最強の一言は別にありました。それは、「(この実験で人が死んでも)あなたが責任を負うことにはなりません」です。

 

韓国について書く時、いつも「極端な二元論で出来た社会」と書いてきました。すなわち「敵」を設定することで自分が「善」になれるパターンが、社会全般に蔓延しているというわけです。その同調・・「善」という宗教じみたほどの同調を生み出す力にも、同じ条件が関わっているのでしょう。

「責任はない」。

相手は「悪」だから、それを攻撃することに責任は無い。攻撃する権利はあるべきで、攻撃したことで発生する責任は無い。

その心理、恨(ハン)との相性もいい気がします。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

135+

59 Replies to “責任”

  1. 韓国人のメンタルて、どうゆう形をとるかだけで、
    基本的に、支配するか、されるか、じゃないかな。

  2. 元寇の時、日本でどんな蛮行をしたの?
    サッーカーだけに限らずスポーツで、どれだけ暴力的なの?

    相手を完膚なきまでに叩き潰す事に喜びを感じているんじゃ無いの?その残酷性も環境だけで説明できるの?
    韓国から脱出した韓国人は被害者意識や劣等感を持たず、俯瞰的に事象を見て客観手に判断出来る人って沢山いるの?

    1. 戦争時に残酷になるのはまだ理解はできます。
      相手に恐怖を与えて、早めに降参を促す手段でもある。

      伊達政宗だって、恐怖を与えなければ
      若くて奥州を制圧できなかったし

      が、元寇の時は女性達に行った行為がひどすぎるんだよね。
      妊婦のお腹を裂いて、男女をあてる賭け事をおこなったり
      手に穴をあけて、船の外に吊るして連れかえり
      ひとりずつ引き上げて、犯してから殺して肉を食べたり

      サディスト 残虐な行為に性的な興奮を覚える性癖がないと
      あれはできないと思われます。

  3. “Behind the Shock Machine: The Untold Story of the Notorious Milgram Psychology Experiments”によると、「ミルグラム実験」は信頼性が低いとされてます。
    日本版wikiには記載がありませんが、英語版ではその本にも触れられています。
    参考までに。

    1. 信頼性が低いというより設定が甘いため、似たような実験をしても違う結果が出た、が正しいです
      ミルグラム効果自体は否定されては居ませんよ
      実験の設定が甘いと、その結果が違うという主張は別物ですよ

  4. 在日の動きを見る限り、同調圧力ではなく、悪いことをするために徒党を組んでいるだけのような気がしますけど?
    そして、悪を為す自身を正当化するために、反日のための妄想歴史をせっせと作り上げている感じ。
    韓国の起源主張なんて、とても同調圧力があると思えないしなぁ。嬉々としてやっているような気がする。
    そのくせ、犯罪行為の起源を指摘すると怒るんだよなぁ。ははは。

    1. 犯罪といっても国民性があると思います。

      在日外国人で、一位が中国人、二位が韓国人だそうですが

      中国人はお金に関する犯罪がもっとも多いのに対し、
      韓国人は性犯罪がもっとも多い

      執着するのが、お金か女性か?のちがいでしょうか?
      中国人は、性犯罪に関する犯罪はけっこう低めです。

      1. 朝鮮戦争の時の義勇軍のモラルが高かったという話もあるし
        中国人はよくわかんないですね。

  5. 韓国人の責任論理にしても歴史論理にしても奴隷の側の論理だと思う。

    韓国という国、韓国という歴史、韓国人という人種に奴隷の論理が染み付いていて奴隷の側からの発想しか出来ない。
    逆に日本は日本で奴隷は解放してあげなければならないという上から目線の発想が染み付いていて、相互依存に抗えない関係になっていたかと思う。

    戦後日本は家族の関係が破壊されていたので足元に縋り付いてくる特亜に籠絡されまくっていたというのは想像は出来るが本人は満足でも日本民族は大迷惑だわ。
    金丸とか竹下とか田中角栄とか明らかに親分がやりたい衝動に逆らえなかっただろ。
    野田聖子とか亀井静香とか石破は今でも頂点に立ちたい衝動に流されてる。
    彼奴らは大アジア主義者でも何でもなくて単なるボス猿願望なんだわ。
    自分の会社でも作って好きなだけやってろよっつうの。

  6. >「人の心は環境による圧力に同調するものだ」という話をするとき、この実験を持ち出す人たちもいます。

    こういう社会実験系の、いわゆる他人を騙す実験を根拠に、同調圧力が云々する人をわたしはとても嫌いますね。
    こういった実験は、まじめな人ほど、社会によく順応する人ほどその嘘に引っかかるのでしょうからね。


    はたして韓国人は、日本卑下を同調圧力から行っているのでしょうか?個々の韓国人は、反日を権威者から命ぜられたもので自らの責任はないのでしょうか?

    むしろ個々の韓国人は、自主的に、嬉々として日本卑下を行っているのではないでしょうか?そして自分の都合が悪くなると、「同調圧力には逆らえなかった」と逃げる。
    それが在日のあいだでは、ずっと繰り返されてきたことではないですか?

    まあ、親日をしてはいけない、というのには、韓国国内では強い同調圧力がありますね。しかし、その同調圧力を生んでいるのは「権威者」なのでしょうか?
    むしろ日本卑下はいいことだ、韓国を持ちあげることだとする、韓国人の道徳ではないのでしょうか?

    わたしは結局この、「日本人には何をしてもいい」という、韓国人の道徳が、侮日卑日を形作っているように思うのですよ、反日に権威者がいるわけでもなく、その権威者のせいであるわけでもなくね。

    反日はレイシズムなんです。嫌韓はそうじゃないけど。しかしまたここでもマスゴミは、「嫌韓はヘイトでレイシズム、しかし卑日は韓国では仕方のないものだから容認せよ」とやるわけですね。

    わたしはそれに異を唱えているんです。
    しかしここでも愚かな日本人は、「反日も嫌韓もやめるべき」、と理解する、そして在日の望む通り、日本国内だけで両方が禁止され、嫌韓サイトには200万円の賠償金が命ぜられて、韓国が勝つってわけ。

    私が求めるのは、日本で韓国の悪口を言う自由です、韓国国内では、日本の悪口でも勝手にするがいいんですよ。

  7. 理由を与えてもらえさえすれば、人はどうにでも自分をだませるのですよねえ。

  8. 【コラム】私たちには被害者の情緒があるのか=韓国(2)
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    2018年04月18日 10時48分
    26

    多くの韓国人が日常で不当に自分の権利が侵害された経験を抱えて暮らしている。法と制度が徹底されず、それを運用する人たちは不親切だ。そのような不条理がさらに不公平に適用される。強者は避けて通り、弱者だけに厳格だ。そのような時にわめいて、そして他の人々が注目すれば、問題が突然解決したりもする。法規に規定された当然の代償さえも泣き叫んでこそ受けることができたり、逆に不可能なことも泣き叫べば可能になったりもする。

    このため誰もが声を高める。声を高めていない多くの時間には何かを失っている、声が高めた他の誰かに奪われていると考えるようになる。いつも何か損をしているという気がする。自分が経験した小さな悔しさがそのようにいくつかの段階を経て、社会全体に対する根本的な不信に、さらには復しゅう心に発展する。これは韓国の政治外交とはいかなる関係もないことだ。

    1. この記者を責める韓国人は居ないのですか?
      記事の差し止めに成らないのでしょうか?
      日本語版だから書けた?

    2. >多くの韓国人が日常で不当に自分の権利が侵害された経験を抱えて暮らしている

      日本でも貧富の差、権力の差、強い人弱い人はいる。その社会にはその社会の不合理不条理が存在することは、世界中、歴史的にも、未来でもある事ですよね。
      私の周辺にも子供の世界にも、金持ちも貧困も権力者も暴力を振るのも居る。

      その社会の中でその状況で勤めて暮らそうと言うのが人間で(全て目を瞑り従順にという訳ではないですけど)。

      彼ら社会が不幸だと思う基準が何処にあるのか、自分の居る社会だけが権利を侵害されていると思うのかが分からない。
      何処を比較して自分の国は不幸だらけと国民の殆どが感じるのか?

      永遠に青い鳥を追い続ける共産主義者だったら解らない事もないのですけど。韓国人だけが妄想してるのか、例の自分のアイデンティティが無い病的な欠損からなのか。

    3. >【コラム】私たちには被害者の情緒があるのか=韓国(2)
      >チャン・カンミョン/小説家
      「このような悪循環はすべての部分を同時に変えるしかない。何よりも日常で悔しい思いをすることがないようにしなければいけない。権力者は小さな批判に耳を傾ける必要がある。「慣行」として済ませるべきではない。不満が爆発する前に自ら修繕する社会システムを構築するのがよい。難しい注文ではあるが、その一方で政府は大衆の怒りの前でも軸が揺れてはいけない。今日の例外が翌日すぐに慣行になり、その翌日には積弊となる。
      市民の使命もある。日常の不条理をその都度指摘して告発するものの、暴力的な興奮や小さな集団の確証バイアスとは距離を置いて沈着な行動を取ることだ。メディアに要求されることも全く変わらない。 チャン・カンミョン/小説家
      ーーーー

      やっぱり駄目だ、外国人から聞いたことも全然理解していない。
      社会不安を煽り社会革命を起こす、その熱いフライパンの上で韓国人全員が踊ってるに過ぎない。
      社会が悪い変えなければならない、国民全員が煽動家症候群。

      肝心の自分の責任、努力、自己犠牲、自分を変える事は一切思いつかないんだ。
      ダメだこりゃ。

  9. 被害者の情

    で出てくる中央日報記事のアメリカ人による韓国人評価も同様に被害者の情が韓国人に強くあると指摘です。

  10. 【実験後】
    教授は65%の人に「あなたはSの属性です」と、残りに「きっとMです」と伝えました。

    【教訓】
    デコとボコで50%ずつというふうには世の中うまくいかないものです。

コメントは受け付けていません。