責任

1960年代のことです。イエール大学のスタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)教授が、ある実験を行いました。

ミルグラム氏は「勉強において罰を与えることが効果的かどうか」を測るための実験を行うと広告を出し、40人を募集しました。ですが、これはフェイクでした。実はミルグラム氏は「環境の圧力の中で、人はどこまで残酷になれるのか」という実験を行おうとしていました。氏はあらかじめ「役者」40人を集めて、計80人で実験を開始しました。

実験は、「先生」と「学生」がペアになって行います。先生と学生はそれぞれ別の部屋にいます。ただ、マイクとスピーカーから相手の部屋の声が聞こえるようになっています。先生が問題を出し、学生が答えます。そして、学生が答えを不正解すると、先生は電気ショックボタンを押します。電気ショックは、回数を重ねるたびにどんどん強くなっていく仕組みで、最初は15ボルトで始まって、最大で450ボルトまで上がります。電気ショックボタンには「この出力でボタンを押すと、相手にとても危険です」と警告も書いてあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミルグラム氏は、募集した(何も知らない)40人に「あなたたちが先生役です」とし、役者40人に「あなたたちが生徒役です」と決めました。実際は、「先生」たちがボタンを押しても「学生」に電気ショックが走ったりはしません。しかし、学生(役者)たちはわざと先生の出す問題に不正解をして電気ショックを誘い、そのたびに悲鳴をあげる演技をすることになっていました。

「先生」として参加した人たちへの報酬は、4ドル。ミルグラム氏は、この変わった環境設定に、人がどれだけ服従するのか(相手に危険が及ぶと知っていながら電気ショックを与えるのか)をテストしたかったわけです。

結果、65%(26人)の先生たちが、無残に響く学生たちの悲鳴を耳にしながらも、電気ショックが最大になるまで実験を続けました。

 

この実験は、権威者(この場を用意したミルグラム氏)の命令に逆らえない人の心理を表すものです。または、「人の心は環境による圧力に同調するものだ」という話をするとき、この実験を持ち出す人たちもいます。

 

ただ、この実験に対する、ほんのちょっとだけ別の観点からのアプローチを可能にする話もあります。

電気ショックで学生(のいる部屋)から悲鳴が聞こえてくると、大勢の先生(先生役の参加者)たちが「こんな実験、もうできない」と抗議したというのです。その時、ミルグラム氏は「実験に参加したあなたが協力してくれないと教育に関する大事なデータが取れなくなる」など、確かに権威者というか圧力というか、そんな態度も取りましたが、抗議する人たち全員を黙らせた最強の一言は別にありました。それは、「(この実験で人が死んでも)あなたが責任を負うことにはなりません」です。

 

韓国について書く時、いつも「極端な二元論で出来た社会」と書いてきました。すなわち「敵」を設定することで自分が「善」になれるパターンが、社会全般に蔓延しているというわけです。その同調・・「善」という宗教じみたほどの同調を生み出す力にも、同じ条件が関わっているのでしょう。

「責任はない」。

相手は「悪」だから、それを攻撃することに責任は無い。攻撃する権利はあるべきで、攻撃したことで発生する責任は無い。

その心理、恨(ハン)との相性もいい気がします。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

135+

59 Replies to “責任”

  1. 要するに「なぜ個を捨てて全体主義に向かえるのか?」の分析の一つですね。
    そしてこれは一般的な人間の行動原理であるものの、韓国の反日と相性がいいとw

    去年読んだヒベア・ベロックの『ユダヤ人』という本では、100年前のヨーロッパ社会での反ユダヤ人運動の原因分析をされてましたが、「一般的な理由」「ユダヤ人固有の理由」「ヨーロッパ社会の問題」「歴史的背景」などに分けて、わかりやすく書かれていました。

    この本自体、100年以上前に書かれたものでしたが、今の日本と韓国のあり方と共通点もあって、嘘みたいに生き生きした内容に感じられました。

    シンシアリーさんがこれまで取り上げてこられた『劣敗感』や『二元論』が韓国固有の理由なら、今回のは一般的な理由と言えますね。
    いろいろな材料を見つけてこられるので、いつもこのブログは勉強になります。

  2. 韓国人に責任という概念などないでしょう。あるのは歪な特権意識。普通の人間なら持つであろう罪悪感を微塵も持ち合わせていません。弱者を徹底的に攻撃し続けられる残忍性が潜んでいます。

    強いものには服従し、弱いと見るやこんどは攻撃に転じます。殺戮と強奪が正義という感覚なので、文明人の感性で韓国人をみても何も得るものはないと思います。それは朝鮮人特有のもので、小中華思想とか上下関係というのも、後付けの理由に過ぎないと思います。

    日本が下?朝鮮人は被害者?笑わせてくれます。日本から金品を奪い取るのが彼らの習性でしょうが。強盗に理屈などありません。そこに金があるから奪いとる。今の韓国は恥も罪の意識も自尊心もない泥棒成金です。

    どんな教育を受けようが変わることが出来ない韓国人特有の精神性?が日韓関係を正常化出来ない理由と思います。日本は朝鮮人を過大評価しています。

  3. なんかそういう実験があるよってNHKで見た記憶がある。
    去年ぐらいかな。

  4. 韓国の場合は日本的な「皆がやっている(から責任はない)」ではなく、そもそも初めから責任があると思っていないように見える。

    権利はあるけど責任はない、みたいな。
    責任という昔からの概念はあるのでしょうか。

  5. 私だったら、即辞退して帰ります。
    私には、その「最強の言葉」が全くどこにも響きません。
    誰の責任でも私には単純に無理です。
    それくらいの言葉で人は追い詰められるのか、疑問です。
    時代背景とか育ちとか、そういう人間形成に関わることてめ変わってくると思うのですが・・・

    この世界、決して善ばかりではない事は勿論ですが、ただ己れの心に「恨」を持つという事は、それだけで不幸だなぁと思います。
    ただ私は本当のところの「恨」の心理はわかりませんが、人の持つ感情の中で、その全てを支配してしまうほど、一番といっていいほどの強い感情であるとは思っています。

  6. 簡潔でよく分析されてる。その国で生まれ育って、自分も一員(国籍上)であってここまで俯瞰できるのだから凄い。

    日本の文学でいうと
    芥川龍之介『杜子春』、遠藤周作『沈黙』が、この実験に近いシチュエーションですね。両親や信徒の犠牲に主人公(先生役)は耐えられるか。もし『沈黙』のラストで「お前に責任はない」と神が言ったら、バカバカしくて信仰を放棄しそうですが。

    「責任」が、末代まで土下座するとか永遠に賠償金を払う概念に結びついていたら、責任とったらお終いと回避したくなります。セウォル号の船長の無責任な振る舞いで懲りたなら、責任の限界をある程度は社会で共有するようにもっていかないと。人(乗客)を見殺しにしたら一番責任を取らされるけれど、積み荷を失うだけだったらもっと軽いとか。サッカーも、叩くならファールの多さでしょう。
    責任は押し付けるもの。押し付けたらその人を叩くのが正義では、責任感のある人はいなくなり、必然的に仕事の質が落ちますね。

  7. 責任が無いからやらかすのか、やらかしたいから責任から目を背けるのか。更にはやらかしちゃったから、責任が無い事にするのに邁進するのか。どれが先だか分かんないあたりが、この傾向の根深さと深刻さを物語ると思うのです。

    「悪」があったとして、それに対する対処がほぼ「攻撃」一辺倒であることが是認されちゃう単純さなんかは責任以前の問題です。つか「悪」かどうかの前に「気に入らないもの」は「攻撃」しがちじゃないですか。

    「悪」や「気に入らないもの」をなにがしかの「問題」と言い換えると「問題」を袋の外から「攻撃」して満足しちゃう、いつもの韓国ちゃんのあれこれにもあてはまるかと考えます。

    とつらつら考えると、嫌なものを攻撃するだけの無益極まりない行動に励むばかりの現状では、変化は望むべくもないなと結論付けてしまいそうです。もう少し、物事の「何故」に興味を持つあたりから始まってくれないかなと思います。

  8. 被験者役の演技が雑でわりと平気そうだったから
    ってパターンもありそう。
    グリーンマイルみたいな演技されたらさすがに
    命令でもビビってできない人は多そうな。

    あと教授のマッドサイエンティスト演技が迫真で
    断ったら次は自分が被験体にされるんじゃないか
    と思わせてしまう圧力もありそう。

    1960年代のアメリカの人権意識は想像できないけど
    まだ黒人が公民権運動とかやってた時代だろうし
    当時は一般的に緩かったんじゃないかな。

  9. そうか、朝鮮人が造った無責任国家「大恨民国」か。

  10. なんとまあ、残酷な実験だったこと。
    私が先生役だったらどうしてたかな?
    おそらく、少し強くした時に聞こえた
    悲鳴にショックを受けて、
    でも実験から降りることもできず、
    結局モヤモヤした気分の中で続けて
    最低限の強さなら良いやと自分を騙して実験を続けていたと思う。
    で、実験後、罰を与えた自分を激しく
    非難するんじゃないかな。恐らくだけど
    非難する相手は教授にならないと思う。

    同調圧力はたしかに一つの行動を
    促す要因としては強いでしょうけど、
    結局自分の行動を決めるのは自分だから
    罰を与えるのも日本を卑下するのも、
    (韓国を足蹴ざまに罵るのも)
    結局は自分が責任を取らざるを得ない。
    「教授がやれって言ったから」は、
    少なくとも常識ある大人の世界では
    通用しない、それこそ醜い言い訳です。

    1. >実験後、罰を与えた自分を激しく非難するんじゃないかな。恐らくだけど非難する相手は教授にならないと思う。

      そう誤解させるのが、この実験の意図であり、目的なんです。
      もしそれで人が死んだ場合、これは自分の責任であると。
      たとえ命令されても、それに盲目には従わないのが正義だとね。

      実は、あなたは軍隊で、銃を持たされ他人を撃てと命ぜられた場合、そして他人が死んだ場合それは誰の責任かという話、おまえの責任だという話なんですよ、これは。

      「軍人は人殺しである、国のために誰も殺すな」っていうパヨクのこれは洗脳手段なんですね。だからこの実験、心理学の名を騙って、非常によく引用されます。

コメントは受け付けていません。