責任

1960年代のことです。イエール大学のスタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)教授が、ある実験を行いました。

ミルグラム氏は「勉強において罰を与えることが効果的かどうか」を測るための実験を行うと広告を出し、40人を募集しました。ですが、これはフェイクでした。実はミルグラム氏は「環境の圧力の中で、人はどこまで残酷になれるのか」という実験を行おうとしていました。氏はあらかじめ「役者」40人を集めて、計80人で実験を開始しました。

実験は、「先生」と「学生」がペアになって行います。先生と学生はそれぞれ別の部屋にいます。ただ、マイクとスピーカーから相手の部屋の声が聞こえるようになっています。先生が問題を出し、学生が答えます。そして、学生が答えを不正解すると、先生は電気ショックボタンを押します。電気ショックは、回数を重ねるたびにどんどん強くなっていく仕組みで、最初は15ボルトで始まって、最大で450ボルトまで上がります。電気ショックボタンには「この出力でボタンを押すと、相手にとても危険です」と警告も書いてあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ミルグラム氏は、募集した(何も知らない)40人に「あなたたちが先生役です」とし、役者40人に「あなたたちが生徒役です」と決めました。実際は、「先生」たちがボタンを押しても「学生」に電気ショックが走ったりはしません。しかし、学生(役者)たちはわざと先生の出す問題に不正解をして電気ショックを誘い、そのたびに悲鳴をあげる演技をすることになっていました。

「先生」として参加した人たちへの報酬は、4ドル。ミルグラム氏は、この変わった環境設定に、人がどれだけ服従するのか(相手に危険が及ぶと知っていながら電気ショックを与えるのか)をテストしたかったわけです。

結果、65%(26人)の先生たちが、無残に響く学生たちの悲鳴を耳にしながらも、電気ショックが最大になるまで実験を続けました。

 

この実験は、権威者(この場を用意したミルグラム氏)の命令に逆らえない人の心理を表すものです。または、「人の心は環境による圧力に同調するものだ」という話をするとき、この実験を持ち出す人たちもいます。

 

ただ、この実験に対する、ほんのちょっとだけ別の観点からのアプローチを可能にする話もあります。

電気ショックで学生(のいる部屋)から悲鳴が聞こえてくると、大勢の先生(先生役の参加者)たちが「こんな実験、もうできない」と抗議したというのです。その時、ミルグラム氏は「実験に参加したあなたが協力してくれないと教育に関する大事なデータが取れなくなる」など、確かに権威者というか圧力というか、そんな態度も取りましたが、抗議する人たち全員を黙らせた最強の一言は別にありました。それは、「(この実験で人が死んでも)あなたが責任を負うことにはなりません」です。

 

韓国について書く時、いつも「極端な二元論で出来た社会」と書いてきました。すなわち「敵」を設定することで自分が「善」になれるパターンが、社会全般に蔓延しているというわけです。その同調・・「善」という宗教じみたほどの同調を生み出す力にも、同じ条件が関わっているのでしょう。

「責任はない」。

相手は「悪」だから、それを攻撃することに責任は無い。攻撃する権利はあるべきで、攻撃したことで発生する責任は無い。

その心理、恨(ハン)との相性もいい気がします。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

135+

59 Replies to “責任”

  1. 責任?
    いやいや、人は基本的人権の前に、多くの責務を負っているだろ?
    小学生で習う話をしても仕方ないけど、責任に対する感覚が、現代人は希薄になってるんだなぁ〜というのは感じる。
    まるで、中国の様にな。

  2. 「恨」を抱えた人の行動で「恨」は動機だと思われがちで、本人達もそう勘違いしています。
    しかし動機だと勘違いさせる(自分や他人に嘘をつく)ことが「恨」を産む活動や朝鮮民族の民族性に組み込まれています。
    動機じゃ無く言い訳と言った方が正しいと思います。
    まず「何をしてもいい」欲求が先にあって、それに付随するものは全て相性が良い。
    「責任がない」も同じ。

  3. 米国で研究倫理に関する規定が設定された契機になった有名な実験ですね。

  4. 日本でも、責任感のない存在はいますけどね。すぐ国会さぼる野党とか、報道の自由ばっかり喚いてその結果生じた人権侵害等の被害に対する責任を取ろうとしないマスコミとか。

  5. >韓国について書く時、いつも「極端な二元論で出来た社会」と書いてきました。すなわち「敵」を設定することで自分が「善」になれるパターンが、社会全般に蔓延しているというわけです。

    アベガーアベガーって言ってる日本の左傾の人たちにもこれを強く感じます。ですが、一般の日本人にはこういう部分はないと思います。
    自分も「敵を作れることで自分が善になる」というのが感覚としてどうしても掴めません。

  6. 参加者は募集に応じた時点で実験の内容をわかった上で
    自分の意思で参加しているわけで……。
    実験に参加することで教育現場から非合理的な体罰が
    なくなることに繋がるかもしれないと考えていたのかも。

    当然、自分が電撃を喰らう覚悟もしてたと思います。
    スタンガンの電圧とか十万ボルトくらいあるんだし
    450ボルトくらいで大げさに喚くんじゃねえよとか
    そんな感じで淡々と遂行する人がいたかもしれない。

    65%がサディストであるとは言い切れないかも。

    1. 契約当初、自分も生徒側になる可能性があったとして、実際に行われなかった電気ショックではありますが、もし行われていたら当初の意思を貫ける可能性は、電気ショックの大きさによるでしょう。

      450vは実際に感じたことはありませんが、電流の通り方によっては死に至ることもあり得るのではないでしょうかね?しかし、実験のことに関して言えば、リアリティーのある数値なら何でもいい訳です。要点は、理由さえあれば苦しむ相手を見ながらボタンを押すことにすら慣れてしまうということ。

      人には多かれ少なかれ、このような性質が備わっていて、65%(この数値も怪しいですが…)の人が自分自身のそのような行いにさえ疑問を持たなくなってしまうことでしょう。非常に簡単な後押しの言葉で、人は簡単に「心のタガ」を外してしまう。

      このような言葉は他にも沢山あります。寧ろ、心の弱さ故、そのようなものを探してしまうときもある。そしてそれが心の防衛のために否定しきれない側面もある。とても、不完全ですね。

      1. 電流の大きさはボルトじゃなくアンペアだとは言われますね。

        65%は迷いを捨てたというより迷いながらだと思います。
        もし被験者役がギブアップや助けを懇願していたならば
        教授の圧力があろうが65%も実行できなかったはず。
        ギブアップを申し出ない被験者役の実験続行の意思を
        尊重していた可能性もあると思われます。

        1. >高木ラブさん

          wikiによる情報ですからどの程度の信憑性があるかはわかりませんが…

          この実験は、細かなシチュエーションや台詞の差異で、結果は大きく異なってしまうそうで、65%という数値自体は明確な何かを立証する因子にはなり得ないのかもしれません。

          しかしながら、人の心理の一側面を捕らえることには成功しているようですね。

      2. 家庭用の100Vでも十分感電死の原因になりますからね。450Vは十分危ない電圧です。

    2. それと、
      W=VAですよね?
      人を殺すための電気的なエネルギーWは電圧と電流の積できまるのでは?

      出力100Wのスタンガンの起電力が数十万Vでも計算上の電流は精々1mA未満。

      電力会社や自家用の高圧受電設備にあるようなトランスだと出力は最低でも50kVA(50kW)くらいでしょうか?…結構適当ですw
      そうなると力率は省いて、起電力450Vだと111Aの電流が流れます。

      誤解覚悟で言えば、もの凄いスピードのごま粒と、そこそこの早さで動く浅間山荘の鉄球との違いとでも言いましょうか…どちらに破壊力があるかは後者…みたいな感じでしょうか?

      これを、被験者の学生さん達が理解していたかどうかは、また別の話ですけどねw

  7. つまりより大きな「善」を獲得しようとして、より多く「攻撃」す
    る様になるんでしょうね。

    自分が「善」になる為には捏造や誣告も厭わないし、其れを悪とす
    る法治も常識も欠如した社会それは奴隷社会に限られる、鞭を逃れ
    る為には自分のみが「善」でなければならない、そんな世界の住民
    達でしょう。

  8. 私もこの様な実験には「参加しません」と答えます。
    成績や就職に不利になるぞ!と言われても「帰ります」と答えますね。

    元より優等生ではないし〜〜

  9. 閉鎖環境下だと違和感があっても他人に相談することができない。
    韓国はオープンな社会なんだから、実験の事例を韓国社会と
    結びつけるのは比較対象として困難であるはずなんですが……。

    日本も政治、宗教、近代史の話はタブーみたいな空気があったけど
    匿名で議論できるネット環境がそれを緩めてくれたと思います。
    韓国もそうなるだろうと普通の日本人は考えちゃうわけですが、
    韓国人は日本人よりも議論が苦手なようでそうはいかなかった。

    情報化社会の現代でも権威が言論を支配する閉塞感が消えない。
    韓国に変化があったとすれば保守派の権威が失墜したことくらい?

  10. 日本人の思いつく「責任」は負うべき自分の責任。
    韓国人の感性の「責任」は全て他人の追求すべき責任。

コメントは受け付けていません。