「ウリ」に関する1990年の論文から

前にも紹介したことがありますが・・韓国人の心理状態に関して多くの論文を発表した中央大学校の故チェ・サンジン教授が一九九〇年に発表した「ウリ」関連論文を紹介します。

韓国人のウリには次のような特徴を持っている、というものですが、まとめてみます。

・韓国人の言う「ウリ」の特徴は、西洋でいう内集団(個人が所属感を持っている集団)の概念とは異なり、自分自身を集団の中に陥没させる、「脱・自己」で代表される

・西洋人はお互いに分かち合っている(Distributive)共通点から「私たち」を作るが、韓国人の場合、単一体としての(Collective)「私たち」を作る。韓国人の私たち、すなわちウリは、相手の行動を評価する基準にもなる

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・ウリの範囲に含まれる人には、相応の行動規範、すなわち連帯意識、多情多感、相互依存、同質性に基づいた行動を心理的に要求することになる

・これらの特性は、結局は伝統的な韓国の家族関係の原型をそのまま反映しているものである

・韓国人は、ウリを感じれば感じるほど、ウリの中の人たちには実際よりもさらに仲がよいと感じる心理的経験をする。逆に、ウリでない人たち(ナム)に対する排他感情も増大される

・韓国人のウリは、いったん形成されると、環境や時間の変化に関係なく、常に体験される、または「体験されなければならない」、規範とも言える耐久性をその特徴とする。西洋の「私たち」は、状況によって解体されることが当然とされる

・このようなウリの特徴により、韓国人は、自分が誰なのかよりも、「私はどのウリに属しているのか」を優先する。よって、韓国人にとっては、自分の行動が持つ理念や原理、そしてその行動の一貫性よりも、ウリの状況に合わせて適合な行動なのかどうかの方が重要である

 

もうすこし短くすると、「これ、レミングス現象のことではないのか?」という気もします。韓国人が「ウリに合わせるべきだ」と考えるのは変わらないとしても、ウリそのものが恒久で一貫したものではなく、状況によって変わるなら・・

ウリの状況が変わる→ウリが方向性を変える→個人がウリに合わせて動くことだけは変わらない

すなわち、個人としては、超高速で手のひらを変えることになるのではないでしょうか。自分の信念より、手のひらを返すことのほうが「賢い」または「役に立つ(期待さっれていることを充足させる)」ということになるのでしょう。

全的に同意するわけではありませんが、面白い指摘だと思いました。

 

月曜日と火曜日は、更新がありません。またちょこっと遠くまで出かけます。火曜日の夜にはレナスレでも書けたら・・と。

日本チームの試合もホテルで見ることになりそうです。前みたいに更新はできませんが、かならず日本チームを応援します。

それでは(・∀・)ノ

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

“「ウリ」に関する1990年の論文から” への78件の返信

  1. 韓国は平時では団結してるが
    緊急時には分裂する

    日本は逆

    1. みかげ@プチシュークリーム凍らせた。ウリは天才かと思った。 より:

      >韓国は平時では団結

      相互依存なので実は団結してるようでしていなかったりします。
      緊急時にそれが顕著になるということです。

      ヽ(´∀`)ノ 顕著だけにケンチョナヨ!(けんちょダヨ!)
      (;´∀`)・・・
      (´∀`;)・・・
      |ミ  サッ

      1. 「山田くん、みけげさんの座布団、全部持っていって!」

        歌丸師匠のご冥福を祈りつつ…

  2. >規範とも言える耐久性をその特徴とする。西洋の「私たち」は、状況によって解体されることが当然とされる

    韓国のウリは全ての規範なので(壊されず)耐久性があり、
    西洋の場合「私たち」は一部であって全てではないので、状況により個人が手放し、解体される。

    で、状況が変われば、西洋は部分的に壊し再編していくが、韓国はウリ全体がひっくり返って対応する。
    前の政権を徹底して叩き、数年前には考えられなかった共に民主党の高い支持率はそのせいでしょうか。

    想像すると平べったい貝みたいで面白いですけれど、こんなやり方だったら西洋の同盟国は堪らないでしょうね。

  3. この論文のここに抜粋された部分の内容だけを見ると、少し昔によくあった西洋と日本人の比較文化論にかなり似て見えます。

    だから、西洋との比較だと、韓国特有の部分は何かが分かりにくいのかな……

    実際には、その「ウリ」の質が、日本のそれとは大分違うことは今までのシンシアリーさんの話から分かっているので、もう少し切り込んで欲しいところではあります

  4. 脱・自己(Depersonalization)は典型的なカルト組織、テロ集団なんかの手法ですな。
    あとは外部からの情報遮断と外部の敵化(ナム化)が揃えばカルト組織・テロ集団そのものになりますね。

  5. >>韓国人にとっては、自分の行動が持つ理念や原理、そしてその行動の一貫性よりも、ウリの状況に合わせて適合な行動なのかどうかの方が重要である

    興味深い。
    韓国の翻訳サイトで、日本を擁護する書き込みがあれば、反論として「韓国人なら日本の悪口を言うべきではないのか」というコメントがすぐに書きこまれるのがまさにこれですね。
    ついでに言えば、自分の意見というわけではなく、ウリとしての意見なので、ためらいなく書きこめるんだろうな。

    1. >ためらいなく
      あ、その辺が先日のミルグラム効果に繋がりそうですね。
      どうしてこう、極端にはしるんだろうの一因とも見れるかしら。

  6. レミングスというより不良の連帯感に近い感じがする。
    不良の連帯は世間や権力による縛りを敵対視する事によって成り立っている。
    カミングアウトする権利を自ら放棄して権威に迎合するフリをしながら本当に反抗しているというのが不良なんだよね。
    「保険は欲しいけど、魂は売らないぜ」というダブルスタンダード。
    学校の権威を連帯を強める為に利用しながら連帯感の為に敵視するダブルスタンダードが不良の本質だと確信している。
    この分析から読み取れるのは朝鮮人には常に強大な敵が存在している感覚が染み付いているという事。

    その敵とはほぼ間違いなく中国だろうな。
    中国の脅威にネズミのように怯えながらも利用出来る事は利用してきた中から成就してきた精神性。
    韓国人のムービングメンタルの源泉は中国という権威に対する竦みが生み出していると思う。

  7. 手のひら返しに加えて、よそのウリの乗り換えもあるんですよね。より有利な立場に立つべくウリを渡り歩くという。そんでそれはそれであまり否定されず(出来ず?)、ウリの恒久性はどこ行ったの、というようなの。

    何か色々理屈を並べるけど、大方は脊髄反射の如く考えなくても出る反応にもっともらしい札を貼ってる気がするんです。

    いってらっしゃいませ。レナさん共々、楽しんでくださいね。

  8. >韓国人の言う「ウリ」の特徴は、西洋でいう内集団(個人が所属感を持っている集団)の概念とは異なり、自分自身を集団の中に陥没させる、「脱・自己」で代表される

    これは本当に同意する。
    韓国の民族主義とは、民族主義ではなく実は全体主義なんですよ。

    個人がどこかに所属することは良いことで、大切なことなんです。
    しかし共産主義者は、これを否定する、「他国を」ばらばらにするために。

    自由主義諸国での大切な自由のひとつに、「結社の自由」がある。
    共産主義の国では、これの自由がないのです。

    民族主義とは個人が所属感を持っている集団でなければならないのであって、個が埋没する集団というのは、結局民族主義の名を騙った、全体主義に過ぎないんです。

    韓国の状況は、右寄りの民族優越主義の全体主義を否定して、共産主義の全体主義に突っ込んでいる、笑えない状況なんですね。

    自分自身を集団の中に陥没させる、「脱・自己」だから。

    1. 「韓国の民族主義とは、民族主義ではなく実は全体主義」
      この全体主義の歴史的・社会的基礎は韓国人の根強い宗族。
      七誌殿が決して触れない視点だが、触れれば七誌殿の「韓国は上、日本は下」の重度の脳内幻覚が崩壊する。

    2. >自由主義諸国での大切な自由のひとつに、「結社の自由」がある。
      共産主義の国では、これの自由がないのです。

      実は中国にはあるのです。
      中国には、共産党を含めた8つの政党があり、
      特別行政区があり
      また結社の自由の適用が認められているのです。

      ただし、政権を握れるのは、共産党のみと憲法で決められているので、独裁政権であることに変わりはありませんが。
      「各民主党派と無党派の人々は、中国共産党による指導を自ら進んで受け入れ、中国共産党と親密に協力し、中国の革命・建設・改革事業に共に力を尽くしているのである」とされている

      不思議なのは、なんで8という数字にこだわりを持つのか?
      独裁政権なんだから、8つも政党なんかいらないだろうと思うんだけど、中国って見栄というか、建前には拘るんだよね。

      事実上独裁政権であっても、名目上は自由という偽りの看板を
      かかげているのも共産党政権の特徴です。
      国民に対して、自由と平等の建前すらないのは、もはや共産党ですらなく、北朝鮮のような世襲制の王朝くらいなものです。

      ところで、日本共産党ですが、ひとり独裁政党で、Cさんが決定したことは、必ず全会一致で拍手のもとに無条件に従うんだそうな。

      1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長で、委員長歴をだけみてももう18年間だよね。
      死ぬまでやるきなのかな? 永年委員長なのかな?

  9. シンシアリーさんへ

    しばしば記事に「大学校」が出てきますが日本では大学校は正式な大学ではないことにご注意ください。

    防衛大学校、朝鮮大学校のように、どちらかというと特殊な教育機関で、大学に準ずるものではありますが大学の設置基準を満たすものではありませんので、卒業しても学歴としては正式には大学卒とはならないはずです。

    1. 大学改革・学位授与機構が認定した大学校の卒業生は学士号が授与されますよ。
      防衛大学の卒業生が自衛隊に入隊せず、民間企業に就職するケースが増えていて、問題になったりしてます。

      1. ご指摘ありがとうございました。

        一部の認定大学校の卒業生が審査、試験後学士の学位が授与されるようになっていることは知りませんでした。

        なお、韓国では 4 年制大学を正式には「大学校」、2年制大学 (短大?) を「大学」というややこしいことになっていることにも気づきました (シンシアリーさんの書き方が正しい)。

    2. いえそんなことはありませんよ。
      大学校でも、学位(学士、修士、博士)を得られ、大学卒業者と同じ扱いを受けているところもあります。

      大学校は、大学(学校教育法第1条)とは異なる教育訓練施設等が用いる名称です。
      大学校には、さまざまな組織がさまざまな目的や内容を持つ大学校を設置しています。

      国立の次の大学校は、学士を取得でき、大学卒業資格を得られます。国立大学に準じた扱いを受けます。
      大学院を持つ学校もあり、修士、博士までえられます。

      ・防衛大学校(学士、修士、博士)
      ・防衛医科大学校(学士、博士)
      ・海上保安大学校(学士)
      ・気象大学校(学士)
      ・国立看護大学校(学士、修士)
      ・水産大学校(学士、修士)
      ・職業能力開発総合大学校(学士)

      大学校の課程が、通常の大学の学士課程、大学院の修士課程、博士課程と同等の教育水準であると学位授与機構によって認定されると、大学校の卒業者、修了者には審査・試験を経て学位が授与されます。

      ●省庁大学校という大学校があり、省庁等の目的に沿った教育を行いますが、大学と同等の教育内容、教官構成を持っています。

      ●学校教育法第1条に規定される学校以外で、他の法律に特別の規定があるものを省庁大学校といいます。

  10. ウリは少なくとも金と権力と利益が無いと機能しない。
    就職できない今の韓国の若者が中年になる頃には、ウリは過去の遺物として顧みられることもないように思える。
    残るのは単なるコネだけになるでしょう。

コメントは受け付けていません。