「ウリ」に関する1990年の論文から

前にも紹介したことがありますが・・韓国人の心理状態に関して多くの論文を発表した中央大学校の故チェ・サンジン教授が一九九〇年に発表した「ウリ」関連論文を紹介します。

韓国人のウリには次のような特徴を持っている、というものですが、まとめてみます。

・韓国人の言う「ウリ」の特徴は、西洋でいう内集団(個人が所属感を持っている集団)の概念とは異なり、自分自身を集団の中に陥没させる、「脱・自己」で代表される

・西洋人はお互いに分かち合っている(Distributive)共通点から「私たち」を作るが、韓国人の場合、単一体としての(Collective)「私たち」を作る。韓国人の私たち、すなわちウリは、相手の行動を評価する基準にもなる

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・ウリの範囲に含まれる人には、相応の行動規範、すなわち連帯意識、多情多感、相互依存、同質性に基づいた行動を心理的に要求することになる

・これらの特性は、結局は伝統的な韓国の家族関係の原型をそのまま反映しているものである

・韓国人は、ウリを感じれば感じるほど、ウリの中の人たちには実際よりもさらに仲がよいと感じる心理的経験をする。逆に、ウリでない人たち(ナム)に対する排他感情も増大される

・韓国人のウリは、いったん形成されると、環境や時間の変化に関係なく、常に体験される、または「体験されなければならない」、規範とも言える耐久性をその特徴とする。西洋の「私たち」は、状況によって解体されることが当然とされる

・このようなウリの特徴により、韓国人は、自分が誰なのかよりも、「私はどのウリに属しているのか」を優先する。よって、韓国人にとっては、自分の行動が持つ理念や原理、そしてその行動の一貫性よりも、ウリの状況に合わせて適合な行動なのかどうかの方が重要である

 

もうすこし短くすると、「これ、レミングス現象のことではないのか?」という気もします。韓国人が「ウリに合わせるべきだ」と考えるのは変わらないとしても、ウリそのものが恒久で一貫したものではなく、状況によって変わるなら・・

ウリの状況が変わる→ウリが方向性を変える→個人がウリに合わせて動くことだけは変わらない

すなわち、個人としては、超高速で手のひらを変えることになるのではないでしょうか。自分の信念より、手のひらを返すことのほうが「賢い」または「役に立つ(期待さっれていることを充足させる)」ということになるのでしょう。

全的に同意するわけではありませんが、面白い指摘だと思いました。

 

月曜日と火曜日は、更新がありません。またちょこっと遠くまで出かけます。火曜日の夜にはレナスレでも書けたら・・と。

日本チームの試合もホテルで見ることになりそうです。前みたいに更新はできませんが、かならず日本チームを応援します。

それでは(・∀・)ノ

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ 

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

127+

“「ウリ」に関する1990年の論文から” への78件の返信

  1. レミングの群れのような韓国人、というテーマで、何となく伊藤 計劃の「ハーモニー」だったか…に出てきた「自意識の無い民族」をふと思い出しました。
    でも、それは他者と自己を分ける自意識を持たないがために争いとは無縁の人々、という設定だったので全然違うんですが。

  2. 韓国人の「ウリ」というのは、魚の群れを見ているようです。
    思想も目標もなく、ただ周りが行っている方向に進んでいるだけ。リーダーというのも先頭にいるだけの人のことで、それを「民主主義」と言っているのですから、ある意味他の国には思いつかない「最先端」なわけで、そこを誇るのは間違いではないのですが…。

  3. 日本の一部のジャーナリストって、モリカケに賛同する者としない者を二元に分けるよね。
    賛同しない者の殆どは「お前らのなりふり構わぬアホなやり方にはついていけん」と言っているだけで、無関心に近い。

    反対と無関心はナムで、自分に賛成するのはウリ。
    原因とか過程とか内容チェックとか業務規定確認たかには、無関心。
    また、ナムに対しては、「人の形をした人の言葉を話すケモノ」と見なしたような態度。

    先月、韓国へ行ってウンザリした事は、彼らは外国人に期待しているのは「見世物」である事。過ちを犯す原因と問題の確認と解明、改善の立案とシステムの修正という内容を話しに行ったんだけど、評判悪かったですよ。つまらないと。
    日韓合同で情報セキュリティ学会セミナーやった時、韓国側の講演内容が全て製品紹介、日本側が全て情報セキュリティマネージメントだった理由が理解できました。
    違いに相手方の出し物に興味が湧かない。

    1. >日本の一部のジャーナリストって、モリカケに賛同する者としない者を二元に分けるよね。
      森友に限って書くと、野党などは安倍昭恵を忖度したか、安倍総理や麻生財務相などが忖度させたなどだろうされていますが、石井大臣に結果責任が及ぶ可能性が0%ではないので、といっても国土交通省の官僚のミスの結果責任はすべて石井大臣が負うのですが。共産党が国土交通省を持ち出してきたのは、で森友は自公の案件であるという主張でしょう、あと公明党に対する結果責任狙いもあるのでしょうけど。

      国土交通省は、公明党が大臣を出しているので少なくても政治家レベルで国土交通省にまで忖度させることはしにくいかもしれません。最悪連立解消にもつながりかねないので。

      財務省官僚などが政治家を無視して政治家への忖度にすり替えて勝手なことをしていた可能性まで排除できません。
      高橋洋一によると財務省官僚は政治家を恐れていないらしいです。

      では野党はなぜ財務省官僚をあまり追及せずに政治家や安倍昭恵ばかりを追求するのかというと、共産党はともかく、財務省官僚を追及するとやはり報復が怖いのは野党も同じかもしれません。

      1. 森友の関係では近隣の野田中央公園問題、加計の関係では獣医師会の政治献金問題・石破四条件問題に飛び火させてやれば一気に沈静化しそうなんですけどねぇ・・・。

        1. 飛び火なんてするわけないじゃん。モリカケはモリカケが問題なんじゃない、モリカケとレッテルを貼って、アベを辞めさせたいだけですからね。

          1. 国会で与党が質問者になったときに質問すればいいだけなんですがね。

  4. 韓国史は李承晩政権のブレーンとなった崔南善が六カ月で海外活動していた李承晩に都合よく作成したものです。急ごしらえな上に、政治的都合による強引な創作が入ってます。
    問題はそれを訂正するどころか、後代の大統領もそのウソに自分に都合の良いウソを重ねて、「歴史の見直し」やら、「歴史の建て直し」をする事ですよ。南大門の建て直しを見れば、その杜撰さは予測付きますよね。
    先月、訪韓して、三一独立運動を行った主体となった人たちの、背景、史跡を確認しに行きました。現在の韓国史は、当時には無かったはずのマルクスレーニン主義的歴史観での解釈が入ってるんですが、その乖離が理解できましたよ。当時の脱植民地思想はアメリカの独立運動に基づくものであり、当時の世界的なデモクラシー運動の一つですね。ブルジョアジーによる貴族的社会からの自立なんです。
    現在の韓国にはカケラも見られないでしょ。三権分立の発想も無い。
    何より朝鮮民族資本によって巨額の資金で建設された歴史的建造物があれだけ残っていながら、「植民地収奪論」をモリカケのように唱え続けてるでしょ。
    ウリの意識を保存しようとする所為ですかね?韓国人に物事の原因と過程を検証する発想が無いのは。「確認」という作業すら思いつかないのは。

  5. 行ってらっしゃ〜い(*^^*)
    お土産話しと写真待ってます。
    ホテルでパブリックビューイングがあるかも
    楽しんで来てください。

  6. ウリには主義主張、思想的なものが無いのでは?
    血縁関係を中心にした、誰につくか?であって、どーゆー考えのもとの仲間、同志では無い、から、という感じでしょうか。
    党派はあっても、誰につくか、どこに事大するのか、の違いであって、根本的な主義主張の為の集まりじゃないからすぐ分裂するというか。
    末韓論にあったような、半島に住む民族に徹底的に欠けている主体性が無いせいだと思います。

  7. あんまり深く考えるまでも無い話。
    収奪するものとされるもので構成された社会では持つものも持たざるものも奪う事が価値観の全てだって話に過ぎん。

  8. 認識しているものは全て「ウリ」、「自分の延長」です。
    人に限らず、物体や物理法則まで「ウリ」です。
    自分の延長なはずなのに思い通りにならないのが、理不尽で敵対的で腹立たしい「ナム」となり排斥対象となります。
    そんな世界観を持つ人たち多くいる社会と社会の生理的現象というだけです。

  9. 誤解を恐れず極論すると、韓国の「ウリ」は日本の「公」(「私」ではない)に似ている部分があるような気がする。

    1. まったくの間違いで、韓国の「ウリ」は日本の「私」、(「公」ではない)のですよ。

      だから、大統領が変われば、右でも左でも常に国が「私」、つまり私物化されて運用されるわけです。
      日本の共産党が、トヨタの内部留保を使えば毎日一千万使っても、千年間使えると主張するように。

      韓国には本当の意味での「公」が存在しないんです、したがって公私混同が存在しない。ウリ「私」のため働くことが、公モドキになってるんですよ、あの国ではね。

      特亜では「私」党が国の上に立つんです。
      これが特亜という、中華という思想なんですよ。

      1. 「韓国には本当の意味での「公」が存在しないんです」

        七誌殿、こういう「韓国が上で、日本が下」と言う根拠を示してほしいですな。

        1. 韓国側の思想として言われてるのをまだ理解していないみたいですね。日本語をよく読みましょう。
          韓国はそう考えていますよってこと。
          シンシアリー さんも言ってたでしょう、奴隷にする的なニュアンスで支配しないと治らないって。

        2. 少しはご自分の頭でお考え下さい。考察というのは自分の頭で考えてするものです。他人に答えを聞けば分かるものものではありません。数学ではないので、答えは一つじゃありません。
          分からないなら、分からないでいいですよ。あなたの頭では理解できないものなのでしょう。おしまい。

          韓国人相手なら根拠を示せ、で、色々返してくれるかもしれませんが、日本人相手に同じことしても理解する気がない人間に説明するだけ無駄な時間と判断して放置ですよ。外国で日本の戦前について間違ったこと言われてても放置だったように。

        3. 言い返せないということは、肯定を意味する。でしたっけ。おそらくあなたもそんな感じでコメントしてるんでしょうが、それって韓国人が日本人にしてきたことそのものですよ。

          1. >七誌殿、こういう「韓国が上で、日本が下」と言う根拠を示してほしいですな。
            >韓国側の思想として言われてるのをまだ理解していないみたいですね。日本語をよく読みましょう。

            これって、此処にコメントする人が七誌氏の文意をとれない筈がないですよね。
            七誌さんに対してこの様な圧迫を複数がしてまして、七誌さんの言う事も解ると言っただけで執拗な排除も行われる事も有るんです。
            理由はと聞くと、暴言が在る、昔の論争の確執が在る、の二点なんですけど。

            私が気になるのは七誌氏の意見を理解しようとするのが憚れる程に、複数からの圧迫を受ける雰囲気があるんです。
            そして七誌氏を理解するそぶりを見せる人がコメント欄にほぼ居なくなるんですね。

            私は七誌論を擁護する訳ではない、彼の意見もあっていいと思うのですけど、この様な全体主義的な雰囲気にこのコメント欄に不気味な不穏さを感じるんですよね。

            もし、七誌氏にブログを読む人には知られてはならない影の部分が在ると言うのなら、どうせ匿名でしょ、その理由をはっきり述べたら良いと思うのですけど。
            不毛なヤジをまともに獲る人も惑わされる人も無く成ると思うんです。

          2. 次のmottonさんと七誌さんの中華皇帝論はmottonさんに説得力が在って、七誌さんの最後の捨て台詞は不用だと思いますけど。

          3. >七誌さんに対してこの様な圧迫を複数がしてまして
            >七誌さんの最後の捨て台詞は不用だと思いますけど。

            匿名Aさんも圧力をかける複数のうちの一人になってしまってますよ。
            そういう指摘が複数からされていて、「圧力」となっているのをあなたは理解すべき。

            >どうせ匿名でしょ

            ・・・と匿名Aさんがおっしゃる。何かの皮肉?

      2. 間違ってないけど、最後は余計。
        朝鮮(韓国)の特殊性は、中華でありながら中華そのものではないところにある。

        中華という思想では、皇帝という「私」が全てを支配するが、皇帝は自分の財産である国を経営するために「公」の役割を担う。公私混同ではなく公私一致になる。だから超人的に有能な皇帝がいれば社会は発展する。中共などの独裁国家も同じ。

        朝鮮は中華の”一部”であるがゆえに、”朝鮮のための”皇帝がおらず「公」の役割を担う存在がいなかった。だから、朴大統領(パパ)を除いて韓国大統領は「公」の意味すら理解していない。

        中華の皇帝は同族企業のオーナーで、朝鮮の国王はその中間管理職だと考えると分かりやすい。

        1. いいえ、思想自体はまったく同じなんですよ。
          皇帝個人の能力が韓国と中国では全く違うという話であってね。

          1. motton 氏は思想ではなく実体のは話をしているのに、七誌殿はどうして焦点をずらしているんだ。いつもの手口といえばそれまでだが。

          2. 朝鮮は中華のコピーなのだから思想が同じなのは当前です。

            しかし、その思想はあくまでも皇帝が中華を支配するための道具に過ぎず、皇帝はその思想に縛られません。
            皇帝は内政においても外交においても現実主義で政治を行わなければなりませんから。(できなければ易姓革命か遊牧民族の侵略による自身の死が待っている。)

            だから、中華の皇帝は「ごく普通」の君主です。日本の戦国大名やヨーロッパの君主達と全く同じです。自身の財産である領土を経営して富を増やし領土を守っています。領土の保証は自身の能力にかかっています。
            しかし、朝鮮にはこの国家経営の概念がありません。中華に属すことで皇帝に丸投げしている(保証してもらっている)から。

            これ、結構根が深い問題なんですよ。
            例えば、シンシアリーさんが国家の正統性に拘る時に、日本人が「はあ?」となるのは、この問題が根っこにあります。
            韓国人は、保証されていない状況が不安なんだと思います。だから「ウリ」に属し正統性に拘るのだと。

          3. 中華皇帝は、ごく普通の君主ではないんですから。
            その違いを理解できないと、中華思想なんて理解できないんですよ。

            中華皇帝は神であり天であり、すべての所有者なんですよ。

          4. 神であり天であり全てを所有するのは中華の中だけで通用する思想。
            皇帝はそれを保証されない。実力で維持しなければならない。それは他の君主や独裁者も全く同じ。

            中華が遊牧民族との間で屈辱的な和睦を強いられたことが何度もあったことを知っているかい?
            そもそも中華の外が存在することが中華思想の矛盾であり、武力で彼らに勝てず長城の内に引き篭もるしかないコンプレックスの裏返しが中華思想であり、皇帝が全権を持つ中央集権の帝国が必要だった理由。

            岡田宮脇夫妻の著作を少し読むといい。

          5. 「中華皇帝は神であり天であり、すべての所有者なんですよ。」
            motton さんの指摘に少しくらいは耳を傾けてはいかが。いつものことながら焦点逸らしに逃避しないで。

          6. そもそも、中華世界を、

            中華の皇帝は「ごく普通」の君主です。日本の戦国大名やヨーロッパの君主達と全く同じです。

            と言ってしまうあなたは、まったく理解していないんですよ。だから間違うんです。
            中華の特殊性を理解しない限り、中華が特別なのもであると理解しない限り、中華に手を出しては騙されることを日本人は繰り返し続けるのです。

            ここに来て、韓国の悪口を言い、つきあいきれないと言って去る素人よりも、はるかにmottonさんはレベルが低いのです。そのアジア知識のためにね。

            特定アジアが、世界に類を見ない特殊であることを知ることが、まず特亜を知る第一歩なんですから、あなたは素人にも劣るのです。

            素人のほうが、先入観なく特亜を見ることができるので。

          7. いいから、岡田宮脇夫妻の著作を読んでみなよ。ネットに転がっている解説だけもいいや。基礎知識である「文明の生態史観」(梅棹忠夫)は読んでいると思うけどさ。
            (正しいかどうかではなく、別の視点があることを理解するだけでいい。)

            中華や朝鮮が特殊であることは誰も否定しない。(日本だってアメリカだって、それらに勝るとも劣らないくらい特殊だけど。)
            しかし、中華や朝鮮が特殊になっている理由は、他の地域にも適用できる普遍的な原理で説明がつく。(日本やアメリカの特殊性もね。)
            地勢や周辺の状況から普遍的な原理で要請されたものゆえ簡単には変わらない。

            だから、彼らを啓蒙しようとした大アジア主義者は間違った。
            一方で、七誌さんのように、彼らを理解不能な異常な存在として怯えるのも間違い。

      3. >韓国には本当の意味での「公」が存在しないんです、したがって公私混同が存在しない。

        そうなんだよね。あらゆるところで。
        公道に抗議活動用のテントや慰安婦像を置くのも公が無いから。

        韓国の高級住宅街らしき綺麗な道の写真を見たことがあったけど、個人の敷地内と思われる所に食い込むように街灯が立っていたり、道の緑道と個人の敷地の境が見た目、わからなかったり。公道らしきところに可動できないような大きな植木鉢がおかれていたり。
        目に見えるところ以外でもあらゆるところで「公がないから公私混同が存在しない」ってその通り。
        境目はハッキリしていません。公と私。他者と自分。

      4. 韓国人には「公」が存在しないからこそ、セウォル号事件みたいな人災がいつまでたっても多発するのですよ。
        そんな国と日本を比較されても、だから何?としか思いませんねw

    2. >ひむかさん
      違いは色々あるけれど、主観というか感覚的に「ウリに従う」のを良しとしてる部分に類似性があるやも。そこを切り出すとポリコネなんかも類似したところがありますね。

    3. いつものことですが、論点が妙なずれ方をしているので、整理を。
      ひむかさんと、七誌さんは、ほぼ同じことを「言い方を変えて」述べているのではないでしょうか。

      「韓国の『ウリ』は、日本の『公』に似ている部分が有る」というひむかさんの表現は、
      「ウリは公ではなく、公とは『似て非なるもの』であるが、『公の概念』が無い朝鮮では、公の果たすべき役割を、補完的に果たしているのではないか」という意味であろう、
      と私は読みとりました。

      それに対して、七誌さんは、
      「朝鮮には『公の概念』がない」という部分だけを、
      「中華思想を論拠にして」述べています。
      この意見自体は正しいのですが、ひむかさんへの反論には、なっていません。

      その七誌さんの意見の中の「中華思想」の部分に、mottonさんはレスを付けていて、
      その内容は、実は七誌さんの意見と矛盾しません。

      つまり「中華世界の『理念と現実の乖離』の話」で、朝鮮でなぜ「公の概念」が成立しなかったのかが巧く説明されていますし、
      本家の中国では「大帝国の統治」という現実にさらされて「あたかも『公』であるかのように皇帝は振舞わざるを得ない」と、中華思想が統治行為の現実の前では妥協せざるを得ない、という現象の説明にもなっています。それを「他の文明圏の君主と同じようなもの」と表現しているわけです。

      ですが、七誌さんは、理念の解釈を批判されたものと誤解して、再反論しているようです。

      ですから、話がかみ合わないという現象が、二重に起きているのです。

  10. 韓国の自殺率が高いのも、これが原因の一つなのかな?

    勿論、「いじめ」等が主な原因なのでしょうけど・・・
    「ウリナラ」に疲れて孤独になり、人生の目標を見失った・・・

    いじめの原因がウリナラなのだから、やっぱり、そうか・・・

    1. >「ウリナラ」に疲れて孤独になり、
      カルビでも肉焼いて食べて、生ニンニクかじって酒飲んでたら
      >人生の目標を見失った・・・
      りするも当然ですよね。

コメントは受け付けていません。