個人は民族の所有物?

この前に紹介した「真の韓国人とは」エントリーの続きとなります。

「Comforting an Orphaned Nation(韓国語版タイトルは『海外入養と韓国民族主義』)」のことで、もっと情報を探ってみました。

前のエントリーでも書いていますが、トビアス・フィビネットさんは、韓国のことを「巨大な民族主義だ」と指摘しています。

個人的に注目したのは、本文の(韓国語版の直訳)「属性化」という言葉です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

これは本のニュアンスからしてそうですが、「属性化」は「所有される存在になっていく」に近い意味になると、私は思っています。韓国の民族主義は所有欲が強く、人を自分のものにしないと気が済まないという意味です。

韓国人は、民族を家族の拡張版みたいなものだと考えています。韓国人が言う「民族」というのは、もともと「自民族中心主義」に同意するかどうかで決まるものですから。韓国人が家族に感じることは、究極の「ウリ」思想です。韓国人は家族のことを、いわゆる「ウリ」の結晶だと思っている側面があるからです。韓国人の「情(ジョン)」は、「ウリ」の間でしか機能しません。恨(ハン)はナムに向けるもの、情はウリに向けるものです。

そういう歪んだ家族観の副作用で、韓国では、儒教思想的に自分より格下(年下)の家族(特に、自分の子)を自分の所有物みたいに思ってしまう風潮も強く、韓国内部でもよく問題視されています。

 

これらの解釈を合わせてみると、韓国の民族主義というのは、「個人は民族の所有物」であるという見方が可能になります。

韓国の民族主義を「所有欲」と表すと、真の韓国人とは、民族主義に所有された存在を意味すると言えましょう。

もちろん、「所有された」人たちの所有者は、「民族」ではありません。「民族」という言葉を、自分の利害関係のために使っている人たちこそが、真の所有者になるのでしょう。

宗教を利用して儲かる人たちが、信徒たちを自分の所有物みたいに思っているのと同じです。さらっと書きましたが、恐ろしいことです。中世みたいですね。

 

 

 

✏ 6月15日産経新聞、6月19日「週刊SPA!」、7/1発売号の「正論」に広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“個人は民族の所有物?” への50件の返信

  1. これはそのまま、封建体制ですね。
    封建体制から抜け切れていない国、韓国。
    個人は、誰かの所有物と成り、利得権益を追求していく。
    利得権益が無くなれば、手のひら返し。
    なるほどね、日本が戦争に負けたので、手のひら返し。(笑)
    米国に媚びる・・・。
    北の工作により、(北に媚びれば)既得権益が生まれるかも。
    で、米軍を追い出せるかも?。(笑)
    米軍が居なくなれば、南の既得権益は総て北に持って行かれるけど、淡い期待は棄てない所が凄いね。(笑)
    で、最終的に「うり」を棄てて、日本に亡命は「お断り!。」

  2. 韓国芸能人がファンのことを「家族」と呼ぶのは、ファンはウリの所有物という意識なんだろうか。

    ヨン様も、あの「家族」の一言で気持ち悪さMAXになりました。

    そういえば、松居一代もブログファンのことを「家族」と呼んでいたわね。ゲロゲロ

  3. >韓国の民族主義は所有欲が強く、人を自分のものにしないと気が済まないという意味です。

    ほんと、韓国人にこれを強く感じます。
    何事にも韓国人の追及には限界がなく、それが人の心の中にまで及んで来ることに、日本人は恐怖と嫌悪感を覚えます。

    「韓国が日本を憎むのは当たり前だが、日本は韓国を愛さなければいけない」という有名?なフレーズがありますが、これは多くの日本人の心に鳥肌を立たせました。

  4. 韓国は本当に民族主義なのかどうか。朝鮮語をしゃべる満州の朝鮮族に対して、蔑視しかないですね。在日韓国人を逃げた祖先を持つ棄民とし、たかるだけで同胞としない。済州島はモンゴル棄民とされ、観光には行くが結婚は避ける。何かというと全羅南道を攻撃し、ウリと異なる扱いをする。「北」は本音では奴隷の民扱いだ。

    民族なんて概念を持てず、他民族を理解しないのが朝鮮人。実はバラバラ・ご都合主義、損得勘定だけしかないのでは?。利益が有りそう、損はないと見ると、民族の屈従を持ち出し、強制されたと騒ぐ。これ対日用。清朝に貢女を出し、国王が土に頭をつけても、恥ずかしさもない国なんじゃね。

    1. ひろちゃん2様へ、

      貴殿の意見の120%同意します。
      朝鮮半島に住む「超汚染国」の住民は、親族以外、
      誰に対しても差別する! 
      在日に対しても、当然、半チョッパリと差別!
      大成功者だけ、同胞!後は、白丁以下とみなす!

  5. 宗教を利用して儲かる人たちが、信徒たちを自分の所有物みたいに思っているのと同じです。さらっと書きましたが、恐ろしいことです。中世みたいですね。

    あ〜、統一教会や創価学会の大きい版と解釈すると、案外に朝鮮人には合っているのかもしれない。支配される中でも、その中の「ウリ」になる欲求。結果的に、そうじゃなかったモノには、「民族の恥だ!」と腐った卵を投げつけるのだろうね。その時、自らが「ウリ」だと酔い痴れた時に、他国や相手のことは一切考える頭がないので、「奇誠庸の旭日旗があった!」という嘘や、「日本政府が留学生を洗脳している」なんて意味不明なことなるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。