体質が変わった?

韓国にいた時、私は寒いのは平気でも、暑いのは超苦手でした。

私だけでなく家族ほぼ全員(特に男子)がそうで、私が小学生だった頃、韓国ではまだ存在すらあまり知られていなかった「エアコン」が家にあったのも、父が家電好きというのもありますけど、暑さに弱かったからです。ちなみに、あのときの金星(いまのLG)のエアコンは、べらぼうに高かったけど大した効果はありませんでした。

私が生まれてから「寒い」で苦しんだのは、基礎軍事訓練の時だけです。公衆保健医になるとしても、1ヶ月の基礎軍事訓練だけは誰もか受けなければなりません。あれが3月で、山近くでした(宿所も訓練場も全て軍部隊内にあるものを使います)。規則として「暖房は2月まで」だったので、3月だけど夜はかなり寒かったことを記憶しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

でも、それからも寒いのはあまり苦になりませんでした。韓国は(地域にもよりますが)冬になるとマイナス5℃以下は普通ですが、なんのその。適当にコタツ出しておけば、それでOKでした。

なのに・・日本に来てから1年。今年になってハッキリわかりましたが、夏の暑さがあまり苦にならず、冬~春に少しだけ寒いと布団をかぶるようになりました。体重は韓国にいたときより3~4kg増えたのに、どうしたのでしょうか。

体質そのものが変わった気もします。水が変わったからか、食べ物が変わったからか、気候(気温だけでなく)が変わったからか、それとも心が変わったからか。

よくわからないけど、30℃超えなのにエアコンも付けずにいる、2年前だと想像もできない状態のシンシアリーでした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

129+

“体質が変わった?” への54件の返信

  1. 本文読んで最初に思い浮かんだ言葉
    「紺屋の白袴と医者の不養生」
    今年は猛暑って予報もチラホラ目にしますよ
    油断しちゃダメですよ

  2. >体質そのものが変わった気もします。水が変わったからか、食べ物が変わったからか、気候(気温だけでなく)が変わったからか、それとも心が変わったからか。

    体調がよくなったのでは?

    夏バテというのは、体力負けなのだそうです。

    ストレスに強くさらされていて、夜なかなか眠れずに
    いくら寝ても睡眠不足
    食欲も落ちて、仕事をする意欲もわかず、
    何をするにもおっくう

    だと、体力が落ちている状態であり、暑さに対して
    弱くなりやすいですよ。
    けど、日本の暑さを甘く見てはいけません。
    暑さで人が死ぬ国です。湿気がすごいので、
    気温そのものは対して高くないようでも、
    熱中症で倒れやすく、倒れたら助けを呼べない状態になります。

    熱中症にはアクエリヤスなどのスポーツドリンクよりも
    飲む点滴のポカリスェットがおすすめ。
    今の季節は常に冷蔵庫に常備して、
    めまい、ほてり、筋肉のけいれん、汗のかきかたがおかしいと
    思ったら、ちゃんとエアコンつけて、水分を補給してくださいね。

    熱中症で死なないでくださいね。

  3. マンション住まいは、エアコン使った方が良い。
    室温28度 湿度50%ににしないと、夜間熱中症になると「噂の東京マガジン」で行ってましたよ。
    体感をあてにしてはいけませんだと…

  4. 子供の頃は夏大好きだったのですが、最近の夏の猛暑や冬があまり寒くなくなった(子供の頃にはたまに積もってた雪どころか凍った水たまりすら全く見なくなった)ことから、最近は「夏は大嫌い、早く秋が来ないかな」・・・と。
    昔は「え?今日は30度もあるの!?死ぬかも」とか言ってたのに、昨今の夏は「今日も35度かよ、毎日毎日・・・(うんざり)」

  5. いや。ソウルの冬は寒いですよ。秀吉の時代、攻め込んだ日本兵は当時の装備でよく耐えられたなと思いました。
    自分はソウルにいて、辛い食べ物には強くなりました 笑。

    1. >いや。ソウルの冬は寒いですよ。秀吉の時代、攻め込んだ日本兵は当時の装備でよく耐えられたなと思いました。

      耐えられなかったそうです。すごく寒いです。
      と、秀吉に訴えたら「わしも東北での真冬の戦争は辛かった。我慢しろ」と、いわれて。

      そして凍傷で足の指をなくす兵士が続出したんだそうです。
      で、伊達政宗が、凍傷対策として、くつの中に唐辛子をいれたんだそうです。
      ローマ法王に家臣を合いにいかせた時に、
      南米から持ち帰った唐辛子が、
      朝鮮出兵時に、朝鮮に伝来したのだそうです。
      それまでは中国大陸にも、朝鮮半島にも
      唐辛子はなかったんだそうな。

  6. 心配です。

    30℃以上でしたら、扇風機くらいはつけて下さい。風通しのよいところでしたら、網戸で窓をあける、など。
     
    独り身なので今はよくても、お年を召した時が心配ですね。ご結婚されるなら別ですが。

    1. 塩飴や塩分補給タブレットなども多彩ですし
      お好みのをどうぞ

      運転もそうですけど、慣れたと思った頃が危ないww
      以前は出張でも一晩で慣れたけど最近はチョットきついか

  7. そっかあ〜 日本に来られて未だ 病院行って無い?
    ご健康体なのですかね? よろしければ 出版社の編集者さんでも良いから かかりつけ医を 紹介してもらったら?
    血液検査から〜の 歯の定期メンテは 最低限では?(医者の何とかと言いますので) (お国との比較ネタに 如何?)
    年齢が上がれば それなりに 変化(劣化)は有りますので
    寒さに強いのが 寒さに敏感ちゅうやつは 皮下脂肪が 多くなった疑惑(体に保冷材多くなった証拠) 顔から 汗が出なくなるよ。

  8. 真夏の暑さに慣れてくるとちょうど良い24、25度が寒く感じたりします。季節に順応できれば良いですが、エアコンも上手に使ってください。
    マンションだと少し窓を開けるだけでも十分な日もありますもんね。
    やっぱり太っていたか(`・ω・´)

  9. 人間の体って案外気候に順応するものですよ。

    でも東京の夏はソウルよりも暑いと思います。熱中症にならぬよう、エアコンを上手に使ってください。といいつつ、私は日中、扇風機で頑張っていますけどね。夕食を食べるときと寝るときはエアコンをつけています。また水分補給も大切かと。

    体重が増えたとのことですが、ストレスで食べ過ぎることもままあるようです。
    郊外の住宅地に住んでいるなら、外食となると一大決心をしないとだめですが、都会はちょっと足を伸ばせば安くてうまい物を食べさせる店があちこちにあります。都会の魔力です。

コメントは受け付けていません。