もうすぐ完成

原稿を書きながら、いつも重複する部分で悩まされます。巻数が増えると、どうしても重複する内容が出来てしまいまして。重複しないように書くのが一番いいとは思いますが、だからといって「前の本を読んでない人を置いてけぼりにして話を進める」わけにもいきません。

内容なら、たとえ重複しても「自分で書く」から、少しは気が楽です。他の本からの引用部分などは、前にも引用した内容なのに、それをコピペみたいにまた使っていいのかどうか、いつも気になります。あるときは、著者として「罪」に似たものを感じてしまいます。とりあえず、そんな部分は、「相応の必要がある時だけ、1ページを超えないように」と心がけています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今日書いた「内容」(引用ではなく)の中で、これもまた重複する内容ですが・・こういうのがあります。

 

<敵対勢力は、いつも相手のマスコミと学校を狙います。A国とB国が敵対しているとします。AはBの学校(教員労働組合、教科書執筆基準など)とマスコミに、「Bは悪い」と扇動する策をしかけます。決して「Aは良い」とまでは言いません。そこまですると簡単にバレてしまうからです。B国の中では「Bは悪い」という意見がまるで自己反省、教養のある意見であるように広がることになります。

そのまま時間が流れると、Aは何もしなくても、「敵国」Bの中で、B嫌いの少年少女たちがすくすく育ちます。「使えるバカ(useful idiot:特定思想の扇動に利用されているだけなのに、自分では善良な活動をしていると信じ込んでいる人を意味する言葉)」の量産です。A国からすると、大してお金もかからないし、騒ぎになった時の負担も少ない(相手国の国内問題のように見せかけることが出来る)、まさにコストパフォーマン抜群の戦略です>。

 

韓国の民族主義において、民衆運動勢力の存在はとても重要です。彼らこそ、「国家としての民族」たる軍事政権と、「民族としての国家」たる親北思想で戦い、結果的には勝利した勢力でもありますので。

彼らが韓国の教科書を「占領する」過程を書きながら、どうしても↑の内容が必要になって、

「前にも書いた内容だけど、前に読んでくれた読者さんにも満足してもらえるように」を心がけて書きました。

 

そんなこんなで、もうすぐ完成です。「韓国人による◯韓論」ではなく、別のタイトルの本になりそうです。

できたらまた子供みたいにはしゃぎながら紹介しますので、少しだけお待ち下さい。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“もうすぐ完成” への33件の返信

  1. 教科書では無く副教材で行うパターンが日本ではみられますね
    修学旅行先も広島や知覧とか反戦教育に勤しんでる教師も

    韓国の反日は社会・家庭・学校教育の結集した成果()だと思います

  2. 気に入らない相手、今の自民党や安倍総理を批判しているだけの野党やマスコミ等はハードル走の障害物と同じ。決してランナーにはなれない。何故走るのか、何処に走るのか知らないから。見えるのはハードルを越えようとする相手だけ、倒されないように踏ん張るだけ。
    それにしても、シンシアリー氏の執筆スピードは驚異です。

  3. 「使えるバカ」戦術は韓国中国はもとよりアメリカにもやられてる。
    というか、かつては日本もやってましたね。

  4. 他者からの引用ならともかく、
    自著からの引用なら全く無問題。
    引用された本を読んでいた人にも、
    「ああ、この部分が今回繋がるんだ」と
    いっそう理解が深まるでしょう。
    「ローマ人の物語」の塩野さんもよく、
    自著からの引用をされていますね。

  5. 今回のテーマは教科書なんですね。
    自分が韓国人に「興味を抱いた」のは教科書問題からです。日本語のマスコミ報道を見ていると何が起きているのか、さっぱりわからなかった。ただ毎日、それを話題にしているのだけれども、何で騒いでるのかが、わからない。
    韓国の報道はいつもワケがわからない。
    それで韓国語を習得して自分で調べることにしました。
    前回の訪韓では「三一独立宣言」といわゆる「三一運動」という、実際は何だったのか、ワケがわからないものを、調べに行きました。
    得た物は多かったです。
    「こういう本当は何だったのか」
    を追求する態度は、現代の韓国人には
    「国粋主義者」
    と単純に分類、レッテル張りされることも知りました。
    日本国内なら「ネトウヨ」でしょうね。

    自分の事ばかり書いてしまいましたが、シンシアリーさんの次回作も、大変、時期を得た作品になりそうですね。
    また講読させていただきます。

    m(_ _)m

  6. 作家が同じである以上は重複は避けられないよね。
    創作は処女作を焼き直す活動なんだよ。
    「恥韓論」の構成は永遠について回ると思うよ。

  7. 引用は悩ましいですね。しかし一冊で収めるために必要なこともありましょう。適切な解説があると最後まで一気に読めて良いですし。この辺、いつも痒いところに手が届く感じで行き届いてると思っています。控えめにする(せざるを得ない)場合は既刊に誘導という手も有かと思います。

    >◯韓論
    ついにネタが尽きたんですか(・∀・)シンシリーズアツカイ?

  8. ここに書かれたトロイの木馬的な戦術がある期間の特定の個人によって行われているのならば嫌韓なんて現象はそもそも起こらない。

    人によって考え方は違うので時代や環境の影響で侮日や反日が起こる時もあるだろう。
    でも韓国がやってきた事はそうじゃない。
    ある特定の期間でもある特定の個人によって扇動された行動じゃない。
    誰が大統領でも、どの期間でも国と国の関係を結ぼうとする動きではなかった。
    日本を「欺いて韓国に利得を誘導」という一点でのみで日本に眼差しを向けている。少なくとも状況的に70年間以上。

    しかも、よくよく見ると利得を誘導しようとしているのは韓国という国家に対してではなく「中華」という秩序に対してトロイの木馬戦術を行なっている。

    国と国との外交ではなくて、韓国の挑んでいる事は外交という体で欺いた議論なのである。

    【妥協店を探る外交というテーブルに乗せて歴史認識を戦わせている。日本は金や技術をテーブルに乗せて韓国側は態度をテーブルに乗せている】

    そして韓国側は国家間のいう体の約束を個人的な癇癪で約束したはずの態度を曲げてきた。

    「眼つきがバカにしていた」「日本側の掲示板で侮辱された」「ワサビで殺されそうになった」
    その原因は何でもよい。理由は韓国側だけは無限に作れる。

    トロイの木馬である立憲民主党、国民民主党、野望の党、朝日新聞等のマスメディアが捏造してでも因縁を吹っかけるので日本は誰にもバレる事なく永遠に中華秩序に屈するしかなかった。
    それに気が付いた人間はネトウヨというレッテルを貼って封殺出来るはずだった。

    安倍政権がカラクリに気がついて、尚且つ長期政権を維持するという奇跡が起こるまでは…。

    1. 注射星人様、
      貴殿の意見、その通り!
      <トロイの木馬である立憲民主党、国民民主党、野望の党、朝日新聞等のマスメディアが捏造してでも因縁を吹っかけるので日本は誰にもバレる事なく永遠に中華秩序に屈するしかなかった。それに気が付いた人間はネトウヨというレッテルを貼って封殺出来るはずだった。しかし、安倍政権がカラクリに気がついて、尚且つ長期政権を維持するという奇跡が起こるまでは…>。
      あと、SNSの発達で、今までの反日左翼たちのウソ、印象操作、捏造報道が、直ぐにバレる様になってしまった!特に、若いスマホ世代は、正しい情報を欲しているが、地上波メディアは、相変わらず、印象操作、偏向報道のテンコ盛り!
      昨日、「放送法遵守を求める視聴者の会」の調査によると、「7割の方々が、TV報道に不満を感じる」との調査報告が出ている!

  9. 米国、欧州含めてどこの国でもやっている方法です。
    北朝鮮に限った方法ではありませんよ。
    日本も当然ながら被対象国になりました。(戦争に負けましたからね)
    結果的に上手くいくかは別問題として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。