もうすぐ完成

原稿を書きながら、いつも重複する部分で悩まされます。巻数が増えると、どうしても重複する内容が出来てしまいまして。重複しないように書くのが一番いいとは思いますが、だからといって「前の本を読んでない人を置いてけぼりにして話を進める」わけにもいきません。

内容なら、たとえ重複しても「自分で書く」から、少しは気が楽です。他の本からの引用部分などは、前にも引用した内容なのに、それをコピペみたいにまた使っていいのかどうか、いつも気になります。あるときは、著者として「罪」に似たものを感じてしまいます。とりあえず、そんな部分は、「相応の必要がある時だけ、1ページを超えないように」と心がけています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今日書いた「内容」(引用ではなく)の中で、これもまた重複する内容ですが・・こういうのがあります。

 

<敵対勢力は、いつも相手のマスコミと学校を狙います。A国とB国が敵対しているとします。AはBの学校(教員労働組合、教科書執筆基準など)とマスコミに、「Bは悪い」と扇動する策をしかけます。決して「Aは良い」とまでは言いません。そこまですると簡単にバレてしまうからです。B国の中では「Bは悪い」という意見がまるで自己反省、教養のある意見であるように広がることになります。

そのまま時間が流れると、Aは何もしなくても、「敵国」Bの中で、B嫌いの少年少女たちがすくすく育ちます。「使えるバカ(useful idiot:特定思想の扇動に利用されているだけなのに、自分では善良な活動をしていると信じ込んでいる人を意味する言葉)」の量産です。A国からすると、大してお金もかからないし、騒ぎになった時の負担も少ない(相手国の国内問題のように見せかけることが出来る)、まさにコストパフォーマン抜群の戦略です>。

 

韓国の民族主義において、民衆運動勢力の存在はとても重要です。彼らこそ、「国家としての民族」たる軍事政権と、「民族としての国家」たる親北思想で戦い、結果的には勝利した勢力でもありますので。

彼らが韓国の教科書を「占領する」過程を書きながら、どうしても↑の内容が必要になって、

「前にも書いた内容だけど、前に読んでくれた読者さんにも満足してもらえるように」を心がけて書きました。

 

そんなこんなで、もうすぐ完成です。「韓国人による◯韓論」ではなく、別のタイトルの本になりそうです。

できたらまた子供みたいにはしゃぎながら紹介しますので、少しだけお待ち下さい。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“もうすぐ完成” への33件の返信

  1. その「内容」の部分は、スイスの『民間防衛』を読んでいる人と読んでいない人とで説明すべき質と量が違ってきますね。

    ただし、韓国の場合は敵対勢力が同民族であるため、普通は防衛の武器である民族主義が逆に敵の武器になっているという特殊事情があります。
    この特殊事情に関しては、重複してもいいのでしつこく書いた方がいいと思います。

  2. >彼らが韓国の教科書を「占領する」過程を書きながら、どうしても↑の内容が必要になって、
    >「前にも書いた内容だけど、前に読んでくれた読者さんにも満足してもらえるように」を心がけて書きました。
    あと、削るのがむずかしい時は、付け足しましょう。
    前に書いた内容でも、前にかいていなかった実例を付け足せば、
    それは新しいネタになります。
    例えば ではなく「こんな事がありました」と、日本では知られていない事件を付け加えて、さらに「日本や他の国でも」と、話をひろげる。
    などいかがでしょう?削りようがないほど、大事な事なら

    「大切なことだから2度いいます」でいいんですよ。

  3. 読者「シンさんの、執筆速度…ヤバくねっ?」
    シンさん「前は、歯科医をしながらだったから、この位は平気ニダ!。韓国ネタは、激動する今が色々面白いニダ。」

    シンさん「けど・・・別名でノンフィクションの韓国歴史ものでも書いてみようかな?。これが韓国の事実ニダ!。みたいな・・・」(独白)

    先々の事に、思いを巡らすシンさんなのでした~~

  4. >「前にも書いた内容だけど、前に読んでくれた読者さんにも満足してもらえるように」を心がけて書きました。

    伝えたい内容があって、それをわかりやすくするための
    引用や定義、過去のエピソードと

    伝えたい内容(主張)そのものと、明確にわけたほうがいいと思います。

    主張が重複しているのはよくないです。
    けど、新しい主張というのは、過去からの積み重ねでもあるので
    (このことは前にも書いた主張ですが)と、それに重ねて
    新しい主張を展開するなら、重複にはなりません。

    定義や引用が重複するのも問題ないのです。
    主張の中に目新しいものがあるか?ないか?です。

    逆に、過去の事例や定義が毎回ちがうものであっても、
    主張そのものが同じなら、読み手には(けっきょくいいたいことは同じか。飽きたな)になります。

    また信念の部分がそのつど変わっていても
    (前は米国万歳中国死ね!今回はアジアこそ兄弟、西洋人は敵)
    主張がどんなにりっぱに見えても、ころころと、自分に都合良く
    解釈も持論も返る人だね。信用できません。

    と、なります。本をいくつも出していくと
    最初の頃は、目新しさから売れても、何冊も出していくと
    どうしても飽きられて売れ行きが下がっていったりしますが
    前とは全く違うものを書く事で、過去の読者と新規の読者と
    より多く獲得もできるので(新しい主張)を書く事は大事。

    けれど、これまでずっと本を買い続けてくれた読者に対しても
    過去の主張を(信念)を変えずに、新しくより重厚に積み重ねていくのも、何冊も本を出し続けてきた作者さんならではのものなので
    (目新しい部分、これまで書かなかった主張)を付け足していくことで、より読み応えがでてくるのではないでしょうか?

  5. >>敵対勢力は、いつも相手のマスコミと学校を狙います。

    ・・・ちゃんとノウハウとしてそういうのがあるってことですか。
    私も田舎では秀才でしたので、『B国の中では「Bは悪い」という意見がまるで自己反省、教養のある意見であるように』この部分が刺さりました。「だから日本はダメなんだ」という言葉が子供の頃の自分にはカッコよく感じてましたから。
    亡くなった歌丸さんはよく「権力批判の姿勢を忘れないように」とおっしゃってたそうですが、本来は「権力に媚びるな」という意味であることを円楽さんは汲み取っているのかなぁ。最近の円楽さんの時事ネタはサヨクの「アベガー」と同じに聞こえます。

  6. 日本人の読者としてのレベルは高い。
    舐めてかかると一斉にソッポ向かれますw
    (舐めてらっしゃると思っていませんよw)

    「ブックオフで高値がつく本」(①あまり売れなかった本、又は②中古本市場に売られない本〜中古本市場の需要と供給)、
    か、
    「ブックオフで安値で売られる本」(=③ベストセラー=巷で溢れてている本)

    のどちらかを目指すべきw(そりゃそうだw)

    どっち(どれ)を望んでいるのだろうw
    ②、かな。

  7. 佐藤優だったかな?著作がネットからの引用だらけで唖然とした

    ペースは落としても韓国は新しいネタだらけで

  8. 以前、TBSの「報道特集」で、自衛隊が合憲になると徴兵になってしまう(だから憲法改正に反対しよう。)みたいなことをやってた。
    トロイの木馬から繰り出されるアイテムだ。

  9. 13冊目の本正坐して待ちます。

    凄いなあ、コンスタントに本を出してもらえるってのは凄い事です。
    ある意味ブロガー本で一冊目が30万部というトンデモなさですからね。

    書くという能力も必要だし、読んでもらえるというのも凄い事です。
    努力の賜物ですね。

    作家と知り合い・・・(・´ω`・) という応援して来た者としては、堪えられぬ称号を頂きましたw

  10. シンシア・リーさん、次々と著作が出されるようで、おめでとうございます。ただ、これからの人生の中で長期的に著作者であるためには、少し、休まれて、フィクション、あるいは司馬遼太郎のようなノンフィクション(一部、史実、一部、フィクション)のようなものに、挑戦されてはと思います。同じ、文脈のものが続くと、きっと飽きられてしまいます。このような書き物は雑誌に書かれて、作家として、大成されることを望みます。

コメントは受け付けていません。