韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送

「安重根」のドラマ化が進んでいます。400億ウォン(約40億円)という、ドラマにしては異例の大金を注いで作っていて、キャスティングには韓流スターたちを集め、中国側から投資を受け、来年下半期(7~12月)を目処に、中国で先に放送することが決まっているとのことです。「雪国の太陽」というタイトルです(※記事には漢字表記が明らかではないので「雪」でない可能性もあります)。

<・・現在90%のキャスティングを確定し、主人公安重根役に韓流俳優を中心にキャスティング確定を控えている。撮影が開始されると、国内に散在セット場をはじめ、中国、ロシアなどのロケーション撮影など約10ヶ月に渡る事前製作に突入し、2018年下半期の中国放送を通じて、中国全域で放送する>。

http://v.media.daum.net/v/20180711113335103

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓流スターって誰のことかはわかりませんが、少なからず日本でも稼いでいる人たちも含まれているでしょう・・残念なことです。こうして「文化的証拠」がまた増えるのでしょうね。

 

そして、もう一つ面白いのは、ソース記事にも書いてありますが・・

一部の人たちが安重根が尹奉吉などに「日本に抗うと言っても暴力を使っただけじゃないか」「擁護できない狂ったテロリストにすぎない」「韓国人として恥ずかしい」という意見を表明し、韓国で問題になっています。

こうして読むと、日本側に同調する意見のようにも見えます。しかし、違います。

この意見を出した人たちは、前にお伝えした女性団体の人たちで、「男性」を嫌悪の対象にするため、偉人とされている男性たちにわざと反対意見を出しているだけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送” への67件の返信

  1. いつの間にか中国からの韓流制裁は無くなったんですね。
    ロシアまで巻き込んで反日するんですか。
    日本がアジアで孤立して中韓に泣きつくって?
    これを知ったら日本人は怒るかなぁ?
    日本人なら、これはフィクションだからって許してくれるでしょうね。

    1. 同じ事を思ったww
      本当にそっくりなので、ちなみに彼には多くの逸話(ヘタレ伝説)があって、中々面白いのです。桂三度ほ方ね

  2. 「文在寅、ゼギしろ」は、ムンは男だから自殺しろの意味なんですか。
    嫌悪すべきフェミ団体のようですが、いずれ男性と恋愛するメンバーが出て来て事件になるでしょう。共産主義、カルト体質だもの。
    安重根なんて題材、面白いですか。飽きないですね。

  3. この前の「文在寅、自殺しろ」の記事といい、ムンパや左派とフェミって一枚岩ではないんですね。
    てっきりフェミニストも左派思考的なので文在寅を支持していると思っていましたが・・・。

    そういえば、労働者団体が日本総領事館前に徴用工像を設置しようとした時も慰安婦団体は反対していたそうですね。
    案外、文在寅を引き摺り落とすのはフェミ団体かも?

  4. こんにちは!

    ふむふむ、韓流スターが沢山出演するとな。

    何話ですか?さしづめ50話かな?以前は130話以上の「テ・ジョ○ン」製作費50億円とのふれ込み←つい先ほど終わりました…夫が見ていました。日本の民放BSで、昼間の手持無沙汰の時間をつぶすのにぴったりで、どうってことのない内容で、ダラダラ無闇に長いドラマでした。時代考証などほとんどなし。
    ↑の「安重根」のドラマも、やたら長いものになる予感がします。

    さて、中国の人民がよく見てくれるでしょうかね。あんな、戦闘場面(テ・ジョ○ンを例にとると)で戦闘員がチョロ。馬の頭数もパラ。いつも同じ面々が会議ばっかりしている場面が多くてね。

    その点、中国ドラマは規模が大きいですよ…BSでよく宣伝しています。そう言うのに慣れてる中国人民に見てもらうには、よっぽど中国を持ち上げなくては上手く行かないと思います。

    まぁ、頑張ってと言わせてもらいますね。

  5. >「安重根」のドラマ化
    日韓併合を急加速させたテロリストの物語が、
    満を持してドラマ化か・・・。
    ま、どーせ史実通りなのは名前だけの、
    「妄想が暴走するウリナラファンタジー!
     いつものすれ違い恋愛ストーリーもあるよ!
     事故に遭ったヒーローの記憶喪失は外せない!
     しじつ?なにそれおいしいの?」
    という感じのギャグドラマでしょ。そして番宣のキャッチコピーが
    「日帝に隠蔽された歴史を再発見!今明かされる驚愕の真実!」
    とかの煽動文で、なぜか韓国人の脳内では真実に変換される、と。
    でも支那で先行放送するなら、
    「ヒーローを取り囲む日本軍兵士とのバトルもあるよ!
     カンフー技を喰らった兵士の首が空の彼方に吹き飛んだり、
     トドメを喰らった日本軍士官が爆発四散するのは当然だね!」
    を入れないと、高視聴率は稼げないぞwww

  6. 中国の抗日ドラマよろしく
    手刀で日本兵を真っ二つにするんでしょうかw
    なんかもう朝鮮半島は昔のように中国に属国というか中国になるのが
    一番良いと思う。

  7. 「実は安重根は女性だった」という設定にすると、八方丸く収まりますね。

    日本でも大ヒットするかも…

    1. 中学生の少女のような体格だったと言われてますからね。
      米軍ブローニング拳銃が手に収まりきれないほどの大きさの手形も残ってます。
      女性でいいんじゃない?

      1. えーと、ミリオタとしてひと突っ込みw
        (悪気はありません。また、私が読み違いしてるかもしれませんw)

        安重根の持っていた凶器は7連発のブローニングらしいです(ベルギーのFN社製という情報あり。「安重根 ブローニング」で検索)

        で、当時のアメリカ軍の正式拳銃はリボルバーとのこと(.38口径ロングコルト弾)。

        いわゆるコルトガバメント、コルトM1911(.45口径)は、その名の通り1911年に採用されています(暗殺は1909年)。

        で、コルトM1911は天才ジョン・ブローニングの設計。
        ブローニングとは、元々は設計者の名前で、記憶によると、自社工場は持たないで設計のみだったはず。OEMというか、ブランドというか。

        ちなみに
        銭形警部の愛用している銃がM1911。

        参照 コルトM1911 ウィキペディア

    2. たしかに女性化すれば、萌え要素が加わり、「可愛いは正義」になるかもしれません。
      ところが敵もさる者、そうした場合、伊藤博文も幼女化してたりします。
      「え!?幼女殺しちゃうの?」と最後に正義を失う、悲しい物語になります。

      (′ー。ー) カオス…

      1. 登場人物全員「幼女」にする。いいんじゃないかな…

        いっそのこと、全部「ネコ」にしても、いいかも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。