韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送

「安重根」のドラマ化が進んでいます。400億ウォン(約40億円)という、ドラマにしては異例の大金を注いで作っていて、キャスティングには韓流スターたちを集め、中国側から投資を受け、来年下半期(7~12月)を目処に、中国で先に放送することが決まっているとのことです。「雪国の太陽」というタイトルです(※記事には漢字表記が明らかではないので「雪」でない可能性もあります)。

<・・現在90%のキャスティングを確定し、主人公安重根役に韓流俳優を中心にキャスティング確定を控えている。撮影が開始されると、国内に散在セット場をはじめ、中国、ロシアなどのロケーション撮影など約10ヶ月に渡る事前製作に突入し、2018年下半期の中国放送を通じて、中国全域で放送する>。

http://v.media.daum.net/v/20180711113335103

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓流スターって誰のことかはわかりませんが、少なからず日本でも稼いでいる人たちも含まれているでしょう・・残念なことです。こうして「文化的証拠」がまた増えるのでしょうね。

 

そして、もう一つ面白いのは、ソース記事にも書いてありますが・・

一部の人たちが安重根が尹奉吉などに「日本に抗うと言っても暴力を使っただけじゃないか」「擁護できない狂ったテロリストにすぎない」「韓国人として恥ずかしい」という意見を表明し、韓国で問題になっています。

こうして読むと、日本側に同調する意見のようにも見えます。しかし、違います。

この意見を出した人たちは、前にお伝えした女性団体の人たちで、「男性」を嫌悪の対象にするため、偉人とされている男性たちにわざと反対意見を出しているだけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送” への67件の返信

  1. さすが朝鮮民族。反日運動も他国の財布でやるようになったか。
    今度は、クラウドファンディングでもするんじゃねーのw

    で、あちこちで乳出しチョゴリの朝鮮人女性は出てくるん?
    出てこなかったら、ウリナラファンタジー認定せざるを得ないけど??

  2. 今年の10月から撮影開始みたいだけど
    本当に40億円集まるんかいな~
    中国で放送できるような人物でも無いだろうに
    カトリックだったという部分だけでも、今の中国では放送は難しそう
    ま、嫁や子供を捨ててテロは「水滸伝」に出てくるエセ英雄に似ている感じもするから、中国人には受けるかもね

  3. 安重根が英雄なら、三浦梧楼も英雄じゃない?
    朝鮮で朴槿恵よりひどいシャーマン政治をし、朝鮮人から搾取しまくっていた明成皇后を暗殺したのだから、朝鮮人にとっては英雄でしょう。

  4. 韓国と中国でしか売れないだろ。他の国でテロリストドラマを見る奴がいるのか?

  5. 韓民族の魂というべき反日コンテンツが外国資本に握られていく。

    ガチの民族主義者なら危機感を覚える状況なんだろうけど……
    まあ韓国ならば問題ないでしょうね。

    宗主国の指導のもとの反日で親中反米が強化されていくのは
    民族の本望でもあるだろうし。

  6. 韓国人が対象のステマ
    韓国人が対象の投資サギ
    では?
    THAAD制裁が実施されてる現状では、「エンタメ」の制限もは続いてるんだから、無いよね。
    韓国メディアは5月のGWにも緩和されると報道してたけど、結果はねえ。
    中国国内の「ロッテワールド瀋陽」は工事が中断されたまま(成都の2期工事は2017年末に認められたらしい)
    ttp://japanese.joins.com/article/186/240186.html
    そんな状況で、中国国内では全く知名度が無い安重根の映画を放映する? もうちょっとマシなヨタ話を作れば良いのに・・・

    THE YOON MEDIA GROUP
    去る4月板門店の南北首脳会談を通じて2019年3・1節100周年行事の共同開催に合意した安重根義士の遺体発掘を共同で進行することが分かった。
    ドユンメディアグループは、「ドラマ制作を通じて韓国国民だけでなく、中国人にも安重根義士の遺体発掘のメッセージを送信したかった」とし「南北当局が共同で安義士の遺体発掘を開始した場合、民間発行元レベルでも参加して助けることを見いだす」と述べた。
    ですって(これが理由???)
    ttp://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/07/11/2018071100605.html

  7. 新歴史(TVドラマ)の、誕生。
    TVドラマは、歴史の証拠です!
    近いうちに、教科書に掲載されますね。

  8. 韓国が怖い。底知れぬ深い井戸を覗いているように。

  9. いや!韓国は中国の属国ではありません!!!

    中国にも嫌われて、属国としか成りえなかった民族なのです!(なんせ、属国主義が酷すぎる。…こんだけ尽くしているのにこれ位のもんなの?)

    コウモリ外交を繰返し・・・どちら側の共感も得られなかった民族なのですから・・・

    唯一韓国内で、民族の共感を得たのは『コウモリ外交(バランサー)』なのではないでしょうか?(しかし、コウモリとはいっても殺害するのは日本人)

    日本を敵に置き、それに勝利した(を感じた)シナ人!!!(序に、朝鮮人)これを、中華思想と呼びましょう・・・

    あ!もう、中華思想か・・・

  10. 中国資本による韓流スターを使った抗日の英雄・安重根のドラマ化ですか。

    ここまで露骨で分かりやすいプロパガンダもないと思うんだけど、韓国の人たちに警戒心はあるんですかね。

コメントは受け付けていません。