韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送

「安重根」のドラマ化が進んでいます。400億ウォン(約40億円)という、ドラマにしては異例の大金を注いで作っていて、キャスティングには韓流スターたちを集め、中国側から投資を受け、来年下半期(7~12月)を目処に、中国で先に放送することが決まっているとのことです。「雪国の太陽」というタイトルです(※記事には漢字表記が明らかではないので「雪」でない可能性もあります)。

<・・現在90%のキャスティングを確定し、主人公安重根役に韓流俳優を中心にキャスティング確定を控えている。撮影が開始されると、国内に散在セット場をはじめ、中国、ロシアなどのロケーション撮影など約10ヶ月に渡る事前製作に突入し、2018年下半期の中国放送を通じて、中国全域で放送する>。

http://v.media.daum.net/v/20180711113335103

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓流スターって誰のことかはわかりませんが、少なからず日本でも稼いでいる人たちも含まれているでしょう・・残念なことです。こうして「文化的証拠」がまた増えるのでしょうね。

 

そして、もう一つ面白いのは、ソース記事にも書いてありますが・・

一部の人たちが安重根が尹奉吉などに「日本に抗うと言っても暴力を使っただけじゃないか」「擁護できない狂ったテロリストにすぎない」「韓国人として恥ずかしい」という意見を表明し、韓国で問題になっています。

こうして読むと、日本側に同調する意見のようにも見えます。しかし、違います。

この意見を出した人たちは、前にお伝えした女性団体の人たちで、「男性」を嫌悪の対象にするため、偉人とされている男性たちにわざと反対意見を出しているだけです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

111+

“韓国、韓流スターを集め「安重根」ドラマ化。40億円規模の大作(?)で、中国で先に放送” への67件の返信

  1. 随分前に、安重根役はクォン・サンウどこかで読んだような気がしますが…
    その後ご本人が断ったかもしれませんけどね。

  2. 40億ウォン中国の韓国系現地人出資か?
    中国人であれば一人1億元の出資抽選になるはず(庶民はないが金持ちは名前の出るところに大金だすはず)
    中国共産党文化部?と協議してからでないと日本帝国と現在の共産党の違いが出せないかも(史実でないから悪者日本描けるのか)

  3. このご時世に世界に向かって「テロリスト・マンセー」って言っていいのかな。

  4. こんなことやってると、また北の人間から「安重根とかいう大馬鹿者を持ち上げて何やりたいんだアイツらは?」とか言われそうw

  5. 大作に出演した俳優さんに金がちゃんと支払われるといいのですが。

  6. 現在の韓国は、米韓同盟が危うくなってきているが、韓国人にはその自覚が無い。危機が顕在化し「アメリカが裏切った」と韓国人が騒ぎ立てる頃に、安重根ドラマで「中国と韓国は一心同体」とか煽り、韓国人が雪崩を打って中国へと傾斜する。その頃には韓国経済も充分に傾いている。かくして、中国の植民地である南朝鮮と核保有国である北朝鮮の戦いは続く。

    ってな事を狙っているのかな、中国。

  7. 韓国は、昔は中国の価値観を、最近は日米の価値観を受け入れてきました。
    でも、それらは大国の強者の価値観なわけです。
    その価値観に従って、例えば亀甲船はどんどん強力な軍艦にされたりします。

    ところが、その価値観からは安重根は厳しい。(慰安婦も厳しい。)
    どんなに美化しても無理。だから”恨”が積もるだけになる。

  8.  やっぱり、反日のボスは中共なんだろうと、思われます。
     天安門事件以降に江沢民が始めた比較的近年における反日(南京問題・靖国問題等)に、金泳三が追随(+慰安婦問題)したんじゃないかと推測している。
     李明博・朴クネ大統領らも、この流れに沿っていたんだろうと、考えます。朴クネ大統領に近付いていた中国人俳優とか怪しすぎます。
    (※ 反日自体は戦前から戦後もずっと有るんですが、政治問題化して日本に圧力を掛けてきた1980年代90年代以降の部分についての話です。)

    1. 朝日新聞などの冷戦に敗北したアカの残滓は、国内問題として火を付けた(中国や韓国を道具にした)と思っています。

      それとは別に、中国や韓国には建国の負い目(日本と戦わなかった)があるため、政府の正統性が揺らいだ冷戦末期以降は”反日”を止めれらません。

  9. 彼の国の中でどんなドラマを作ろうと勝手ですが、日本の大河ドラマや京都の幕末の志士の墓などにケチを付けてくるのは止めていただきたい。 助けない教えない関わらない。 通貨スワップも反対です。

  10. 漢字表記が無いので雪ではない可能性があるというところに
    ハングルだけの不便さを感じますね

    何でも国産がいいわけでもないのに強情ですね

    1. 訓民正音ですよ、何百年か前に人工的に作っては使用を禁止し使用者を処刑して絶滅させた支那語の発音記号(←たった24個)である訓民正音 ですよ、朝鮮が作ったというのは。

      我が国の福沢諭吉らが作ってあげたのが<<漢字混じりハングル>>という文体であり、そこに使われた<<ハングル>>も彼ら日本人が作ってあげたものであり、この時点では文字だった(漢字も日本製ですけどね)

      朴セイキ大統領が日本の作った文化文明を朝鮮半島から廃絶する一環として
      <<漢字混じりハングル>>の教育を徹底禁止して 日本が作ってあげたハングルだけで教育してン十年、
      今やハングルは朝鮮語の発音記号に成り下がってしまった。これは、ハングルと朝鮮語の会話をネイチャー(=シンシアリーさん)が見聞きしても「雪」かどうか確定できない始末からも明白である。

コメントは受け付けていません。