一貫性

「一貫性が無い」こと。手のひらを返すことが賢いこととされること。韓国社会が持つ大きな問題の一つです。

「嘘が親戚より役に立つ」という諺があると前にも書いたことがありますが、単に嘘をつくだけでなく、所属集団に合わせて持論を変えることが「求められている」のもまた韓国社会の特徴の一つです。

しかし、面白いことに、韓国人は誰かが「裏切り」の兆しを見せると、例えば「私たちが間違っているのではないか。いままで敵対していた勢力の意見が実は正しいのではないか」との意見を出すと、決まって他の全員からこう言われます。

「お前にはプライドが無いのか?」と。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ハンギョレ新聞がこんな記事を載せました。

<北米(米朝)首脳会談前後、北朝鮮と金正恩国務委員長に対する日本の指導者の態度の変化には、めまいがする。日本人を拉致しておいて責任をとらない非人道的な国の首領は、いつのまにか「リーダーシップのある」首脳となり「新しい出発」のパートナーになった・・>

記事は、日本が北朝鮮にラブコールを送っている。なんでこうも態度を変えるのか。これは日本のDNAだ。そんな理屈を展開しています。

<・・最近の日本の指導者たちの行動に「プライドは無いのか」と言いたくなるが、振り返って見ると、彼らの態度と政治文化にはそういう遺伝子がある。実利の前に名分など容赦なく投げ捨て、大勢が傾いたと判断すると、ためらうことなく手のひらを変え、友人と敵を入れ替えるものである。日本の指導者たちは本当に一貫性が無いのか?実はその逆である。日本の指導者たちの言葉は、利益と目標を達成するための見せかけに過ぎない。一時的言動に対する道徳論的評価などどうでもよく、最終的な結果だけが唯一の判断基準である。日本の市民は体面も何もない安倍総理の労苦に支持率で答えている。国家理性の狡猾さは、どんなズルをしても結果が良ければいいという「小人輩(器の小さな人)」的行動に免罪符を与える>

http://v.media.daum.net/v/20180711195609899

 

すなわち、「手のひらを返して良い結果を求めるだけが一貫性といえば一貫性だ」という内容です。最後は日本国民もそうだというニュアンスになっていますね。

いつもの「日本という字を韓国に変えると成立する」記事だと見ることもできますが・・日本側から「いわゆる未来志向」な感じの発言もありましたが、基本的に日本は「制裁続行」派です。実際、北朝鮮も「日本は制裁に拘るな!」なことを何度も話しています。

「なにか刺激的な言葉で、日本を悪く言わないといけない」として、こんな内容を思いついたのなら・・ふっと、こんなことを思ってしまいます。「韓国人が、『日本は悪い』という結果に合わせて描いたのがこの内容(韓国の問題を日本に投影している)なら、韓国人にとってもっとも悪いのは韓国である」。それも、ずいぶん前から続いた、韓国の一貫性といえば一貫性です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“一貫性” への51件の返信

  1. 「この前言ってたのと違うじゃないか、一貫性のない奴め」

    「いや、一貫性は有る。おれは断固として、断固として…」

    「断固として、何なんだ?」

    「断固として、柔軟な立場を貫く」

    モノはいいようでございます。

  2.  シンシアリーさんの言葉を実感!!

     日本軍慰安婦==>韓国軍慰安婦
     日本の性奴隷==>韓国の性奴隷

     日本をことごとくおとしめる言葉は、今まで自分(下朝鮮)がやってきたことなので、同じことを日本もするはずだと思い込んでいる。次元が違うこと自体理解できていない。

  3. 元記事読んできました。

    高木ラブ様、日本語版の紹介ありがとうございました。

    いやー、ホントに「鏡を見ろ」ですね。

    拉致と核を解決させるために世界各国と綿密な協議を重ねている日本の現政権を、正当な批判することなしに、こんな駄文でディスるしか脳がないのかなあ。

    まあ、日本をディスらないと、出世に響くからねえ。

  4. 「どんなズルをしようが、結果が良いのなら」というのは、全部とは言いませんが、まあ当っている部分も、ないこともない。
    「結果」が、名分や建前より実益優先、の意味なら。
    それと「ズル」がルールの範囲内なら。
    日本人は、それを受け入れるでしょう。
    あと、道徳論的評価、というのは「華夷秩序の上での道徳」だと思って読むと分かりやすい、と思いました。

    しかし「あらゆる反則・非常識・支離滅裂」を犯していて、その上で「劣悪な結果になること」が明白な政権を、なぜ韓国人は熱烈に支持するのか?

    「結果が良いなら、日本人はアベを受け入れる…まあ、有りかな」
    「結果がどうあろうが、韓国人はアレを受け入れる…なぜ?」

    独裁政権に呑みこまれて、経済と生活は破綻し、言論の自由どころか生存権さえ怪しい体制になるのが、彼らには「劣悪な結果」ではない。それ以外に解釈のしようがないですね。

    この記事の前半は、おなじみの「日本と韓国の文字を入れ替えれば」シリーズですが、
    後半は、ちょっとずれ方が違うので、いじってみました。

  5. 自分の国の政治家のことを言いたいのだけど言えないのだね。
    日本の事として言えば皆が喜び自分も安泰。
    なんて日本の存在って都合が良いのでしょうね、出汁のように何の料理にも使えるんだ。
    朝鮮人は李朝からの文章のテクニックで主語を替えればいつでも使えるんだ。

  6. 自分達は道徳的に優れているから、上手くいかないで、日本に出し抜かれる、、、ってことだろw

    ははは。

    朝鮮人が道徳を掲げて偉そうにすることはあっても、朝鮮人が道徳的に優れた振舞いをした事は天地がひっくり返っても無い。

    韓国が
    実利を得られないのは、国民の頭が悪いから。
    評価を得られないのは、国民の実力が無く、行為が卑劣だから。
    道徳的に優れて見えるのは、国民がただそう妄想していたいから。
    日本を憎いと感じるのは、韓国が客観的に劣っているから。

  7. サムソンのスマホのインド工場の竣工式にサムソンの副会長と文在虎大統領が一緒に出席したんだと。

  8. シンシアリーさんの解説をもってしても元記事が何を言って
    いるのかよくわからない。機械翻訳だと余計にわからない。
    こんなん日本語訳するの無理じゃないのと思ったけど、
    ハンギョレはちゃんと日本語記事を用意してくれました。

    [コラム]日本、わびしい姿、だからこそ恐ろしい…
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31086.html

    日本語で全文に目を通してもやっぱり難解な文章でした。
    韓国人のメンタリティについての理解がない人間が見れば
    ただの怪文書でしょうね。

    1. お約束のツッコミ

      韓国マスコミの記事が、ただの怪文書でなかったことが有るのか?

      1. 自分もそれなりに韓国メディアの記事を漁ってきましたが
        ここまで論旨が飛んでる逸品はレアだと思います。

        物事の解釈がおかしいのはいつものことだとしても、
        一体何を見てそう思ったのかの提示が丸ごと欠落してる
        というのは韓国記事の中でも結構珍しいケースな気が。

        いくらコラムという形式だとしても、デスクが社内の記者に
        書き直しを要求しないのはマスメディアとして異常。
        これはハンギョレ内やハンギョレ読者の日本ネタへの関心が
        薄れてて扱いが雑になってきてる証拠ではないかと考えます。

  9. 解説が無いと何言ってんのか分からないw
    無駄に長くて支離滅裂な、いつものあちらの新聞ですなぁ。
    せめて、一貫性のある記事書いてくれないかなぁ(*´Д`*)

    1. こんなことでぼやいていたら、あちらの学術書や文献は読めませんよ。私は生涯に3千冊くらいの本を読みましたが、韓国人のものは数冊のみ。理由は、非論理的で生硬、思考様式の不慣れ。書いている本人がテーマを消化出来ているのかと疑わせるものが多い。中国人とよく似ているが程度はより深刻。
      1960年頃出た「朝鮮哲学史」もとうてい日本語になっているとは思えなかったが、最近また臆面もなく重版している。気がしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。