「私だけが真実を知っている」

ある一枚の写真が、韓国のネットに現実という名の攻撃をしかけています。

写真は、フランスの軍事パレード。フランス革命を記念してのパレードですから、フランスではかなり重要なイベントと言えるでしょう。パリ市街で行われたとのことです。

ですが、そこに日本・フランスが外交関係を持ってから160周年ということで、自衛隊も招待されました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

画像キャプチャー:中央日報

http://v.media.daum.net/v/20180715134456085

 

普通、「あ、外国では旭日旗が何の問題にもならないんだな」とわかりそうなものですが・・・それでも、中央日報はこう書いています。

<・・フランスの刑法は、ナチスなど反人類行為犯罪を犯した集団を連想させる装飾などの着用や展示を禁じこれを破った場合の罰金に処するという内容が含まれている。ドイツナチスの象徴であるハーケンクロイツの使用は厳しく禁止しているが、同じ意味を持つ、日本の旭日旗を国家行事に堂々と持って行進するのを可能にしたという点は、日本植民地時代の被害国の事情を考慮していないと解釈される余地がある・・>。

いつものあれです。「私が間違っているのではない。世の中が知らないでいるだけだ。だから教えてやる」

そういえば、韓国で上古史などが流行ったのも、「私は間違っていない。ただ私だけが真実を知っているのだ」とする心理が大きく作用した結果であります。

しかし、このペースだと教えてやる対象の国々が多すぎる気もします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“「私だけが真実を知っている」” への83件の返信

  1. 半島南の政府が正式に抗議しない限り、ただの言いがかり。
    正式に抗議したら引っ込められない外交問題になります。
    半島の市民はネットで個々をリンチすることはあっても、政府から外国政府に直接抗議はできないでしょう。
    お里が知れる話。

  2. 馬鹿韓国の妄想的な戯言なんて聞く耳をどの国も持たないだろう。
    あのキチガイの徐教授は抗議のコメントをフランス政府に出さないのかね(笑)

  3. 旭日旗の「真実」を教えなければならない国がいくつあるんでしょうねぇ。
    そして韓国の言い分に従ってくれる国はどれぐらいありますかねぇ。

    きっと韓国からの発信が足りないんでしょう。うん、知らないけどきっとそうだよ。
    だから空気を読まずにガンガン言っていけばいいと思います。旭日旗と一緒に、韓国人の印象も一緒に悪くなるかもですが。

  4. 見当違いの言いがかりを付けて
    自ら卑下されに行くなんて

    韓国人には自虐趣味でもあるんでしょうかねぇ

  5. 「あなた達の知らない真実を教えなければいけない」
    …まさに宗教です。
    しかも、自ら洗脳されに行ってしまい、事実を認識する見込みのない「狂信」レベル。
    いくら「矛盾を指摘しても逆効果」なのでしょうね。

    1. まあ、ある意味”テロの温床”になり得る土壌ですね・・・
      注意しましょう。

  6. 戦犯というのは第二次世界大戦中の話で、日本の植民地支配とは直接関係ない。

    しかも第二次大戦時、韓国人はその戦犯国日本の国民。肝心の戦勝国は何も言っていないのに、当時、自分では何もできなかっただけの朝鮮系日本人の子孫が戦勝国を気取ってケチをつける。

    こういうのを醜い負け方と言うのだと思いますね。

  7. 南朝鮮のはいつものバカっぷりで駄文をつらつら書き連ねているだけであるから気にもならないが、フランスの報道はさすがに気になるな。
    で、余地があるんだったらやってみたらどうだろうか。
    南朝鮮の常識がフランスに対して通用するかどうかは未知の状況だが、是非その余地とやらでやってみてほしい。
    あの気高いフランスがどんな反応を示すのか・・・。
    応えてくれるはずだと思うな。

  8.  フランスと日本とでは文化的な価値観がかなり違う国同士ですが、親和性は高く相互に影響を与え合います。この間フランスで、優秀なワインを作った日本人ワイン農家の人が査証の変更を求めたところ、国外退去を命じられたとかでそのフランス人の反応が各所で翻訳されていました。思いの外日本人の評価が高いのに驚きました。

     毎年全世界の国対象に行われる相手国への相互評価ではフランスの日本評価は他国に比べて高いとは言えなかったので意外でした。もっとも、フランス人やドイツ人の世論調査での評価というのはネガティブに偏りやすい傾向にはあるのですが。

     一方韓国はと言うと評価はいいとか悪いとか言うよりも対象として考えたことのない部類に入っている気がします。フランス人にとっての韓国は、韓国人にとっての南アジア諸国くらいの感じなんでしょう。

     そんな国が旭日旗の不当性を世界に知らしめてやると言っても無理なものなのですが、さすがに韓国のすごいところは「無理が通れば道理が引っ込む」ことをよくわきまえていてごり押しするところです。この間、サッカーでリヴァプールの選手が旭日模様のタトゥを消しました。公式なチーム見解としては「ごたごたしたくない」という感じでした。韓国人は相手の「どっちでもいいようなことは引いてくれる」というのをごり押しするのがとてもうまいです。日本人には恥ずかしくてできません。

  9. 悪しき隣国:超汚染国の恥の典型的な事例!
    日本の関係する事には、すべて、難癖をつけないと「火病」を
    発症する基地外民族!
    「脱亜論」に限る!

コメントは受け付けていません。