親切を新設

詳しくいつだったかはわかりませんが、韓国では「親切」を社会改革(?)の一つのテーマにしました。

明らかに日本のまね・・日本というか、日本という言葉が持つ良いイメージをまねしたものではないのか、な気もします。

その過程で作られたのが、「無理のある敬語」と「家族呼称」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

敬語のことは旧ブログでも取り上げたことがありますが・・例えばアフターサービスなどで、店員が客に「あ、PCが故障なさい、とてもご不便でいらっしゃいましょう」と話すことは韓国ではよく耳にします。「敬語」をつけるべきでない部分にまで敬語をつけて、無茶苦茶な韓国語ができあがることは、韓国の店でよくあることです。

「客に対して、家族としての呼び方をしよう」な動きも同じで、さらに上下関係を確実にするというものでした。「私たちはあなたの下です」と。お父様やお姉さまなどの呼び方も、韓国では「相手を『上』とする」表現であります。多くの店で、よく使います。

 

今日の韓国日報がまた、この点を記事にしました。「家族の呼び方を使うのは、礼儀でもなんでもない」「血縁主義に頼ったもの」だというのです。

そして、記事によると、下手に家族の呼び方をして喧嘩になる事例も多く、「気持ち悪い」などと苦情も増えた、とか。そういえば、一部の企業では「顧客様」という呼び方をするようになっていました。

ちなみに、私が一番気持ち悪いと思ったのは某公企業の「愛しています。顧客様」という挨拶でした・・・・

 

現場の労働者たちに無理矢理「親切」を強要したところで、何も変わりません。親切にしないとクビになるから仕方なく親切にする店員たち。彼らは、甲に怒られた乙たちが怒りを晴らす、乙の乙にされてしまった側面もあります。

サムスンがテレビ広告などで長く使っていた「(客は)もう一つの家族」というフレーズも、それを利用したものです。ネットでは「(客はサムスンの)もう一つの家畜」という表現もありましたが・・・

http://v.media.daum.net/v/20180717044349215?d=y

 

結局、韓国社会が見落としていたのは、「親切」は「新設」してなんとかなる問題ではない、という点です。家族の呼び方それ自体が悪いものではありませんが、そこまでして親切をアピールする必要はありません。それが自然と「身についている」ものか、急造されたものか。少し接してみれば、すぐにわかりますから。

誰もが自然と身につけるようにならないと、社会は親切になれません。店員だけが親切にしても、社会は親切になりません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“親切を新設” への74件の返信

  1. うーん、(≧ε≦o)気持ち悪い!

    随分前になりますが‥
    近所に美容室が出来たので、髪を切ってもらうつもりで行きました。座っていると、美容師が私の前に膝まずき、私の手を取り、こちらを見上げて
    「今日は、こたつ猫様を綺麗にして差し上げます」と言ったのです。

    もちろん、気持ち悪くて二度と行きませんでした。

  2. 日本のある有名なお坊さんがこう言っていました。

    「学ぶということは真似をすることから始まる。1日真似をしてやめてしまったらそこまで。けれども一生をかけて真似をすれば、それは本物になる。」

    何をやるにしても、韓国人には一生をかけてやるという覚悟が感じられない。都合が悪くなったり面倒になると、すぐ放り出す。いいと思うものの真似をやり切ることが出来ないということは、つまり学べないということ。ましてや自分たちは優秀な民族だなどと開き直っていたらつける薬もない。

    だから何でも表面的な付け焼き刃になってしまう。ソウルの街を歩いていると、東京をコピーして作った、“夢の先進国韓国”という巨大なテーマパークに見えるんですよね。

  3. 別に親切の無い文化圏なんて世界に幾らでも有るでしょうに、わざわざ下に置いてる日本のマネなどしなくても(´・∀・`)
    つーか、気持ち悪いから此方みんなオエ━(´Д`|||)

  4. そんなものは 韓国の子供の教育から 見直しをしないと 絶対無理 世界で民度のもっとも低い国と認定されている 人や他国を恨む教育をやっている限り 民度が上がるはずが無い 馬鹿ですねえぇぇ。

  5. そういえば
    なぜ 親を切る と書いて、親切というのだろうか?

    と、改めて疑問に思って調べてみました。

    元は、中国の言葉だそうですね。
    親ではなく親しく身近なこと。
    切るは、刃物がじかに当たっている状態のこと。

    つまり、韓国の方が、元々の中国語の親切の意味に近く
    解釈しているわけです。
    家族の様に、ぴったりと寄り添うこと。親身になること。

    日本の方が、本来の親切という言葉の意味を
    日本風に変えてしまった。ってことのようです。
    日本は家族より、他人のほうに配慮したりするから、
    家族の様に親身になるっていっても、ピンとこないんだわ

  6. 昔シンシアリーさんもよく書き込んでいたという某掲示板では最近、韓国のことを「兄さん」と呼んでるらしいですが、そんな現状についてシンシアリーさん的にはどんな気持ちなんだろうか。

  7. いったいこの記事のどこに親切といえるものがあるのかわかりません。
    相手の嫌がることは親切とは言いません。

    自己中の韓国に、相手の気持ちになって、という感覚などわからないのでしょう。
    相手の迷惑を顧みない一方的な押し付けにしかみえません。

    そういえば、日本のお笑い芸能でも兄さんとか呼ぶそうですね。
    これも韓国起源なんでしょうか?。

    1. 日本のお笑い芸能の方は、「兄弟子・弟弟子」なんて言葉があるからその名残かと思っていました。そろそろ古株になりつつある人でも前から言っているイメージありますし。

      親切って社会改革で生まれるものですかね?
      相手の嫌がることは確かに親切ではないですよね。親切と思え!って言われてる感じ。
      ていうか敬語って親切?

  8. お客様は、普通なのに、
    顧客様は、すごく変だ。
    日本では、顧客は専ら社内で使用する言葉であって、社外のお客様と対面して使用しないからか。

  9. 「愛しています。顧客様」を見ると、「愛しています。首領様」に見えてしまう

    機内食でお騒がせの某航空会社では、「会長様愛しています」「昨日の夢に会長様が出てきました」などというセリフを会長の本社訪問前に練習させられたり、上司から会長への腕組みまで命令されたとか
    一方、会長は「君たちは僕の彼女だ」「腹筋触ってみる?」とスキンシップをしてくるとか

    北も南もなんかつくづく似ているなぁ

    朝鮮人固有の文化かな

コメントは受け付けていません。