創業と出店

昨日、本ブログでも取り上げたことがありますが、韓国では日韓コンビニ比較が大流行です。

鋭いものからデマまでいろいろと情報が出ていますが、その中で、オーマイニュースは<韓国では「コンビニ創業」と言い、日本では「コンビニ出店」と言います>としながら、こう書いています。

<・・韓国は、ほとんどのコンビニを「創業」する方が賃貸料を負担しますが、日本は違います。自分が土地や建物を保有している場合を除いては、ほとんどの店主が建物を賃貸せず、運営だけします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本社が賃貸料をすべて負担する代わりに、店舗主はより高価な手数料を支払います。リスクのある高所得ではなく、安定した収入を重視する日本人の特徴を示している面でもあります。

日本には「コンビニ創業」という言葉がありません。コンビニ創業をめぐる両国間の認識の違いを克明に示す事例です。日本は創業の代わりに「出店」という表現を使用します。したがって、「コンビニ社長様」という表現も存在しません。

※韓国では店の主を社長様と呼ぶのが一つの礼儀みたいになっています※

留学生である私の知人は、通っていた日本語学校で「父親がコンビニの社長」と話したら、コンビニ本社の社長の息子だと誤解されたこともあるそうです。日本ではコンビニ店舗開設を自営業者ではなく、本社との雇用関係の一つとして認識します。したがって一般的な会社が従業員の給与を保証するように、コンビニ本社が店舗主の一定水準の所得を確保することは、当然のことだと言えるでしょう・・>

http://v.media.daum.net/v/20180719121200884

 

さて、面白い指摘ではありますが・・

この記事には不思議なところがあります。この後、記事は「韓国コンビニの問題は無分別に店舗数を増やしたからだ」としながら、本社側が責任を取るべきだとするニュアンスを展開しています。

「創業」なら、それはやった人(店主)のほうにもっと責任があるのではないか?な気もしますが。

こうしてみると、今までの「雇用者は悪、被雇用者は善」という考えが、「コンビニ店主は善、コンビニ本社は悪」に変わっただけの気がします。

そういう善悪論を捨てない限り、どれだけ比較しても無駄でしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“創業と出店” への30件の返信

  1. コンビニも潰れては近くにオープンし、みたいな感じのとこが多いです。場所と経営の仕方の問題でしょうか。話は変わりますがウチのとこは有限会社にしてます。もともと小さな会社ですし。でも株式会社にしようとは思ってません。有限の方が古くからの会社やとわかりますし、バブル崩壊後も生き延びてきて愛着があります。創業〇〇年(笑
    日本では100年以上企業わんさかおるので、ウチのとこはひよっこですが。
    韓国にも有限とか株式会社とか企業の長さが簡単にわかる方法などがあるんでしょうか。

  2. ぶっちゃけ日本でも、コンビニオーナーなんて奴隷労働以外のなにものでもないと聞くが。

    1. オーナーだから労働者とも奴隷とも違うでしょ?

      労働者と違ってオーナーは資本リスクを負う。奴隷はそもそも資本は持たない。

      単にリスクばかり大きな事業者です。

    2. >七誌さん
      >ぶっちゃけ日本でも、コンビニオーナーなんて奴隷労働以外のなにものでもないと聞くが。

      コンビニの雇われ店長をしていた人の話ではそうでもないと聞きます。
      むしろ「コンビニの雇われ店長」の方が奴隷に近い。と
      最初から資金と土地があって、コンビニのオーナーになる人は
      そこそこ利益率が高いのだそうな。
      儲からないのはコンビニ本部が土地も建物も用意して
      それを借りてオーナーに場合だそうな。粗利の70%を本部に納めるのだそうです。
      100円のおにぎりの仕入れ値が、70円。30円の粗利の70%を本部に納めると
      オーナーの稼ぎはたったの9円だそうな。ここからバイトも雇って、年金、保険料も全部自腹。
      年収200万円代といわれているオーナーさん達はたいていが上納金を70%も本部に納めている人達
      一方で、最初から自己資金があって、一店舗で儲かって年収700万円ほど、
      2〜3店舗複数経営しているオーナーさん達になると年収2000万円越え
      で、知り合いの雇われ店長は「バイトから店長になってくれといわれて、聞こえの良さに引き受けたけど、収入はバイトの方が高かった。おまけに深夜、シフトを変わってくれる人がいなかったので、夜から朝方まで休みがほとんどなし。思考停止状態で、目が覚めるまで精神状態がやばかった!」と、いっていましたよ。

  3. 日韓コンビニ比較論や韓国の起業事情など
    これだけで本が書けるんじゃないですかね
    意外に業界の人にも売れたりして

  4. 自営業者は日本では社長ではない場合が多いよ自分もそう、自営のTOPは代表であり社長ではない。有限の新規がなくなったので会社は株式会社が普通でここの代表であれば社長です。単なるシステムの違いでもありますね。

  5. 雇う方が善とか悪とか

    善悪のないものにまで、善悪をつけようとするから
    おかしい。

    これはキリスト教特有の弊害なんだと思うけど。

    神様が善悪を決めたり、
    この世に絶対善の存在である神様がいて
    絶対悪の悪魔も存在したりして

    世の中の基準を善悪で図るのはめちゃくちゃです。

    儒教も、基準は上下であって、善悪ではないんだけど
    「自分は絶対に正しい」といいはる韓国人の性格には
    キリスト教ははまりやすかった見たいですね。

    ちなみに仏教では、善悪ではなく「迷い」と「悟り」です。
    「無知」と「叡智」。これは善悪のように正反対のものではなく
    「迷いは悟りの入口」であり「迷いや悩みのない人には、悟りは開かれないのだから、おおいに迷い、悩み、考えて、自身で悟りを開いて、悩みを解決しなさい」
    と、人間の成長を促す思想です。マーラとかいう、魔もいるんだけど、これは性欲のことであり、お坊さんの修行のじゃまする存在であり、キリスト教の悪魔とは違いますね。

    あと日本神道。善悪の世界ではありません。なにしろ八百万の多彩な神々がいます。自然崇拝であって、キリスト教では
    「神様が宇宙を作った」わけですが「目の前にある宇宙そのものを神様」とする思想なので「神様がいるかいないか?」の論争もおこりません。「目の前のものを神様として崇拝するかしないか?」だけです。
    従って、神様は人に善悪をおしつけません。死後の世界に審判はなく。死はリセットボタンなので、死んだら生前の良い行いも、悪しき行いも全部白紙になります。そして人は神様になれます。
    人の社会の善悪は、人が決める。人が社会のルールを作る。なので絶対に正しい。はありえない。時と場合によっても、ルールは変化していきます。
    なので、日本人は善悪にはさほど拘らないです。
    「他人に迷惑をかけない」の一律を心がけているだけです。

  6. 韓国の友人夫婦と保寧の水産市場に行ったとき、「社長様」という客引きの声があちこちからかかってきました。雰囲気としては、日本のかつての「大将」、最近では「お父さん」という場合もありますが、それと同じニュアンスで使っている感じでした。
    「社長様」は年配の男性に対してだけかと思ったらそうでもないのですね。店の女主人も「社長様」なんですね。昔なら「アジュマ(おばさん)」とか「アジョシ(おじさん)」だったのですが、自営業者はほぼ「社長様」になってしまいましたね。

  7. 失礼しました。最後の一行は削除です。
    おっしゃる通り、悪いのはチェーン本社。そこを責めろ、ですね、文政府は。

  8. ハンギョレへの遺憾学とかいう立命館教授の寄稿によると……。
    ●店舗数 本年、日本5.5万店 → 韓国4万店 =1店当たり人口に大差。ミニストップも撤退。
    ●年間店舗平均売上高 日本2億円 → 韓国5千万円 =明らかに異常な競争。売上高は一昨年12月から12か月連続減少。

    ●店舗面積 大まかに韓国では日本の半分、キオスクの少し大きいのぐらいとされる。
    ●早期退職者と20~30代が、チキン店、コーヒー屋、コンビニになだれ込んでにわか創業。チェーンに属さないのが半数とも。
    ●韓国からの訪日観光客が、日本のコンビニ弁当とおにぎりを絶賛。ゆえに相当まずい物を売っているようだ。
    ●1号店 名古屋に1971年 → ソウルにセブン1号店、1989年。

    韓国は明らかに過当・自滅競争。最低賃金は結果的に業界の淘汰と再編をめざす巧妙な経済政策となるのではないか。文政府にも意外に合理性がある。経営者の悲鳴は改革のシグナル。エッ、失業? そりゃ知らんがな。そりゃまた別の対策で。

    感興巻雇用客は

  9. コンビニするか?チキン屋する?しか選択肢がないのはなぜなのか?

    日本セブンイレブンは、コンビニの潰し方を最も熟知しています。
    ネタとして、オーナー契約には「近所に出店しない」なんて項目は存在しない。
    故に、本社の意向に反発的なオーナーの場合は、そこに出すの??な出店はよくあります。最後は、資金の流れが薄いオーナー側が閉店する事になります。

  10. この記事とは別の記事で恐縮ですが、最低賃金値上げに不満の多いコンビニ店を本社に依存するようムンさんが誘導したそうで、責任も負担も批判もおっ被せようとするとは姑息な人です。

コメントは受け付けていません。