ウルトラマンなエントリー

今朝、適当にテレビをつけたら「ウルトラマンルーブ」という番組をやっていました。

本にもブログにも何度か書きましたが、シンシアリーの父は家電好きで、ソニーのビデオデッキ(ベータ)を持っていました。当時、日本でTV番組を録画して、それを韓国で売る店がいくつかあって、その中でもロボットアニメや特撮番組は正しく憧れの的でした。「太陽戦隊サンバルカン」「鉄人28号(太陽の使者版)」など、あの時に見たものは、後で日本からの通販でDVDで揃えるなどして、いまでも格別な思い出のある作品です。その中に「ウルトラマンタロウ」もありました。

今朝見たウルトラマンルーブで驚いたのが、ルーブは兄弟でそれぞれ別のウルトラマンに変身しますが、兄のほうがタロウの力を使って変身する設定でした。弟のほうは、私にはよくわからない(多分、新しい方の)ウルトラマンでした。調べてみたら、「ギンガ」という名前だそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

見終わって・・「あれ、あの人(ネタバレになりそうでこれだけ)悪役だったの」と思ってからしばらくして・・「なんでタロウなんだろう」とちょっと疑問でした。

 

まだ3話目だそうで、これから様々なウルトラマンたちの力が(ストーリー的にもビジネス的にも)増えていくだろうけど・・・今どきの子供はタロウを知らないのではないか、と思ったからです。前(去年)の番組のウルトラマンのほうが、まだ売れ残ってるかもしれない去年分のおもちゃの売り上げのためにもよかったのでは?

よく考えてみたら、「親と一緒に見る」ことを想定しているのか、な気がしました。私がギンガを知らなかったから調べてみたのと同じく、タロウを知らない子は、一緒にいる親に聞いてみることもあるのではないでしょうか。

そのシチュエーションだけを想定したわけではないでしょうけど、数十年も続いたコンテンツならではのロマン、とも言えます。なんか、とてもステキなことだな、と思いました。

最近、ルパン三世パート5を毎週録画してみています。ルパンみたいに「大人向けアニメとして」成長するパターンもあるけど、ウルトラマンみたいに「親子」向けを狙うパターンもあるのだな・・と。

文化っていいな、と思うステキな土曜日です。ヤック・デカルチャー

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“ウルトラマンなエントリー” への43件の返信

  1. 来月からの仮面ライダーはもっとえげつない(親世代も直撃するという意味で)内容になるとか。
    平成シリーズ最後ですしね~。

  2. 早瀬未沙(働くお姉さん)>>>>>リン・ミンメイ(性格悪い) より:

    ルパン三世の原作を初めて読んだとき、銭形警部は女を騙して捜査に協力させるシーンがあって衝撃を受けた。青服のルパンも見てたはずなんだけど、いつの間にか「カリオストロの城」に上書きされてたんだね。ルパンも銭形も正義の味方的立ち位置にいる、と。

    「ウルトラ兄弟」と言われているけども、ウルトラの母とウルトラの父の息子はタロウだけだったりする。レオまでしか知らんのでそれ意向の設定はわからんが。レオのモロボシダンが一番好きですねえ。レオがウルトラの星までウルトラアイを直しに行けばいいのに
    とずっと思ってました。

  3. 手塚作品だけでも盛り沢山で、鉄腕アトムは最終回であんな終わり方したから続編がないけど。ジャングル大帝はライオンキングにとか色々とww
    鳥獣戯画やら絵巻物での伝統でしょうか?絵草子でも色っぽいのがあったり直接的なのも
    世界的なキャラクターだとディズニーなんでしょうが、キティーちゃんや日本のもそれなりにかな?フランスのジャパンエキスポ人気だそうだし

    1. >むさん

      >キティーちゃんや日本のもそれなりにかな?

      キティちゃんは、世界的なキャラクターのミッフィーのぱくりだと思っています。なのであれは却下。

      ベルギーの絵本のムスティ(1968年生まれのアニメ、日本では1970年代に絵本が発売)にもキティはよく似ていますしね。

      ハローキティはスヌーピーに対抗して作られたキャラで、1974年生まれ、グッズ発売は1975年から

      ミッフィー(日本名うさこちゃん。本名はナインチェ・プラウス現在のデザインは1963年に改訂。日本では1964年に絵本発出)

      サンリオのマイメロディは1975年生まれ

      ちなみに2010年にミッフィーの作者ブルーナー(メルシス会社)は、サンリオのキャシー(キティの友達のうさぎ)というキャラをパクリとして訴訟しました。
      が、2011年の大震災をきっかけに両社和解。サンリオは、キャシーのグッズ制作を辞めました。が、
      実はハローキティの前に「リトルハニー」という、キャシーより数倍ヤバイキャラを制作していました。が、サンリオの不発弾として、「リトルハニー」は消えてその後の「ハローキティ」がメガヒット!

      この辺のいきさつから、私はサンリオのキティは世界に誇れないのです。

      1. ちなみにこれが、ハローキティの前に作られた
        サンリオの不発弾「リトルハニー」です。
        ttp://livedoor.blogimg.jp/doraa/imgs/d/2/d25997ce.jpg?7d6fd6df

        この後に「ハローキティ」と「マイメロディ」が作られていますから、オランダのメルシス会社がサンリオをパクリで訴えるのも当たり前かと。
        両社和解で、お互いのキャラを尊重し、サンリオはメルシスへの賠償金を、大震災の義援金として納め、今後キャシーは作らないことで決着しましたが(事実上のサンリオ社の完敗。メルシス社はサンリオ社の顔を潰さない形で和解)なのです。

        今ではサンリオもオリジナル商品を作ってますが、初期の作品は(ないわ!)です。

  4. もともとルパン三世は大人向けコンテンツなのです。

    原作漫画は大人の週刊漫画誌連載。

    アニメ第1シリーズ前半は(午後7時台放映なので)あからさまなヌードは無かったけど、性交後の男女の描写は有り!ストーリーも雰囲気もフランス映画風でアンニュイな大人向け作品でした。
    で、スタッフ交代(てこ入れ?)で、軽妙・痛快なアクションコメディに。親子共に楽しめた、と思います。

    その後半スタッフが若かりし宮崎駿や大塚たちでした。

    1. >もともとルパン三世は大人向けコンテンツなのです。
      エッチなシーン満載でしたね。
      仲間に信号を送るのにベッドシーンでルパンが上になって、女が上になって交互に繰り返して、合図になっている。
      向かいのビルの窓から、双眼鏡でのぞいている次元が、
      それを五右衛門だったかに伝えて、パズルを完成させてる。

      とか、遠い昔の記憶ですが、ネズミ一族と呼ばれる、
      めちゃくちゃ仲間の多い盗賊&殺し屋集団とルパン一味の対決なんかが記憶にあります。毎回、ベッドシーンのあるマンガでした。
      しかもそれがストーリーにからんでいるので、そこを省いたら
      話が成立しないのでは?と、思っていたけど、
      アニメ用に話を書下ろしたのかもです。

      マンガ版で印象に残っているのが、ルパンの敵グループの殺し屋一味に、腕が立つのにたいへん臆病な男がいて、常にびびりまくっている。なんかルパンよりもその臆病な凄腕の殺し屋を応援したくなったものです。
      原作のマンガは、しゃれたギャグマンガでしたね。
      不二子も完全に敵なんだけど、ルパンは敵の女にほれまくり。

      日本にはこどもの頃に大ヒットしたヒーロー達の続編を
      えんえんえんえんと作りまくって、結果的に親子でみるというケースが多い。

      お台場に等身大ガンダムの模型を見に行ったとき、友達が
      「前にいた父と子の会話だけど『息子の方がガンダムはロボット」というと父親の方が、あれはモビルスーツといって、ロボットじゃないんだよ。モビルスーツの中に人がはいって戦うんだよ』と、強く力説してた。お父さん的に名称は譲れない部分らしい」
      と。
      仮面ライダー、ガンダム、ウルトラマンは息の長いコンテンツです。

      1. セクシー描写をアニメで放映したのはルパン三世からでしょうかね
        峰不二子は今でも小悪魔的なイメージが
        キャッツ・アイは身体の線を強調した絵を使いました
        シティハンターのバカバカしいのが好きでしたが
        ヤッターマンとかもあったな

    2. TVシリーズではファーストルパンの前半が一番大人向けでしたね。
      当時小学生でしたが、日曜の7時台にやるアニメとは思えない内容でした。
      うちは母親が名作アニメ嫌いでハレンチ学園やルパンが好きだったので問題なく見てましたが。
      大人向けコンテンツに成長と言うより、後になってやっと大人が面白さに気付いたといったところでしょうか。
      映画版のヤマトが大ヒットするまで一部を除いてアニメや漫画は子供のものという価値観は強大でしたから。
      ヤマトのヒットを受けて商業的にもいける踏んだ出版社が揃ってアニメ誌を創刊しましたが、3誌とも表紙がヤマトでした。
      ちなみに映画ヒットの前に、いち早くヤマトを大特集して「欠陥人間古代進」なんて褒めたwのが、みのり書房の雑誌OUTでした。

  5. 20年前位には確かにウルトラセブンのリメイクがあったり
    (モロボシダン役で森次晃嗣さんが出てきて
     久しぶりに地球に戻ってきたみたいな設定で懐かしかった)
    親世代を意識してる感じでしたし、
    円谷シリーズのテーマパークができたりして
    親子で楽しむのをコンセプトにしてましたね。
    今、タロウだとおじいちゃんと孫かもしれないですね。
    仮面ライダーのイケメン若手俳優起用は、若いママさん狙いですが、
    ライダーベルトの大人サイズなんかも発売されてたので、
    あれはお父さん用だったのかな。
    最近はセーラームーンデザインの目薬が若いOLさんに大人気でしたね。
    ドラクエなんかのゲームもそうですが、日本のキャラクターがどれも息が長いのは
    しっかり作り込んでるからかもしれませんね。
    初期のウルトラマンシリーズの怪獣のデザイン画は彫刻家の方が描かれてたらしいですが、
    今見てもどれも素晴らしいです。
    タロウあたりからちょっとお子様向けになってったのが自分は不満でした。

  6. サンバルカン!

    でも、私が1番好きなのは、

    マッハバロン!

    5年3組魔法組も好きでした…。

    ウルトラマンは、帰ってきたウルトラマンが好きだったなあ!

  7. そんなシンシアリーさん向けアニメ&玩具を

    『新幹線変形ロボ・シンカリオン』
    勇者シリーズとかあの辺多分ストライクでしょうからオススメしておきますね。
    実に日本人らしいアニメです
    「なんか敵が出てきたから日本で一番進んでる技術で迎撃ロボを作るぞ。」←賢い
    「新幹線の技術が一番進んでるから新幹線の技術ベースで開発だ!」←なかなか楽しい世界設定だね
    「新幹線型で新幹線のレールで走ってるけど人型に変形するよ!」←どうしてそうなった

  8. 「ウルトラマンタロウ」1973年~1974年ですね
    リアルタイムで見ていた世代は孫とTVを見ておもちゃをねだられる・・・バンダイの戦略がえげつない(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。