「韓国は嫌悪戦争中」

22日だったか23日だったか。韓国のネットでもいろいろ(良い意味でも悪い意味でも)問題が多いことで有名な「イルベ」というサイトに、ある30代の青年が70代の女性のヌード写真をUPして、騒ぎになりました。

女性は、いわゆる「バッカスおばさん」。ソウルの某公園などを中心に活動中の、老人たちを相手にする売春婦です。

本当かどうかわかりませんが、UPした人曰く、「熱心にアルバイトして、バッカスおばさんを買って、写真撮った」とかなんとか。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

あまりにも様々な社会問題がごちゃまぜになっている気がして、どこからどうツッコミを入れるべきか、悩んでしまう事案です。

実際、韓国のマスコミも、この事案そのものを避けようとするところも多く、あまり深いことは書かない雰囲気でした。

ただ、その流れの中に、「老人嫌悪だ」「女性嫌悪だ」という指摘は確実に存在していました。UPした人の意図が詳しくどのようなものだったかは、まだわかりません。私としては、老人嫌悪、女性嫌悪とはちょっと違うのでは?な気がしました。聞くどころ、バッカスおばさんは、「安い」そうです。そういう側面を見ることもできるのでは?私には、「韓国社会への嫌悪」にも見えましたが、私の見方がおかしいのでしょうか。

 

「トゥデイ新聞」というネットメディアの記事に、「大韓民国は嫌悪戦争中」というのがありました。様々な嫌悪が溢れている、という内容です。随分前から、本ブログで書いてきた内容でもあります。

記事の核心内容は、「韓国社会に、反共によって『パルゲンイ(赤、共産主義者)』レッテルを貼る風潮は無くなったが、その後、むしレッテルが多様化してしまった」というものです。

<ろうそく革命(ろうそく集会)以前の保守派は、いわゆる「パルゲンイ(共産主義者)レッテル」を作り、進歩(リベラル)陣営を追い込んだ。しかし、ろうそく革命以後、進歩陣営が勢力を伸ばしパルゲンイレッテルは消えた。しかし、続いて嫌悪の時代が到来した。嫌悪は、相手と私の間を分け、相手に対する闘争だけが解決策だと言う。このような嫌悪の社会・政治的根本解決が必要な状況である・・共産主義者レッテルがなくなったけど、相手を嫌悪するレッテルは消えず、むしろ多様化されたというのが、社会学者たちの見方である・・>

http://www.ntoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=62246

 

保守崩壊のあと、それまで社会の「嫌悪」を束ねていた反共が弱体化したことで、社会の嫌悪が増えた・・というのは面白い見方ではあります。でも、記事は「反共」の影響で韓国社会が嫌悪に慣れてしまった、というニュアンスですが、もう少し詳しく書くと、保守や進歩(リベラル)がいまのようにハッキリ分けられる前から、韓国社会は嫌悪が存在していました。軍事政権の前には朝鮮戦争があったし、李承晩派と金九派が分かれる前からも殺し合いは存在していたし・・

軍事政権が反共で嫌悪を作ったのではありません。すでに存在していた嫌悪を利用したのが反共政策なのです。実際、そのおかげで軍事政権は比較的長持ちしました。

その後、「名称」を変えて、また嫌悪が溢れているだけです。そう、対象が何なのかは、どうでもいいのです。

ある意味、韓国社会は嫌悪に支えられています。なぜなら、「相手が私を嫌悪している」としないといけないからです。だからこそ「私が相手を嫌悪している」に免罪符を与えることができますから。実に残酷な書き方ですが、問題の本質に近づくためにはそういう見方をする必要があります。

 

そういうストレスの中を生きている人たちからすると、「相手が私の言うとおりにする」以外に嫌悪でないものは存在しないでしょう。上下問題(甲乙葛藤)もまた、そこから出てきたのかもしれません。圧倒的な上下関係。それだけが「嫌悪が存在しない世界」でしょうから。上の人たちに限っては。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

“「韓国は嫌悪戦争中」” への58件の返信

  1. 朝鮮半島の歴史を見るとずーっと何かの党派争いを繰り返してますよね。李氏朝鮮時代だけ見ても、王権をめぐって王族争いに臣下の勲旧派、士林派が加わって争って、王族と勲旧派が没落すると士林派が南人派と西人派に分かれて権力闘争し、南人が没落したら、それがまた老論と小論に分かれて争って、際限なく続く… もうこれは民族性としか言いようがない。有史以来途切れる事なくやってるから。南北統一しても、またその中で旧韓国派と旧朝鮮派に分かれて争って、どっちかが勝ったらまたそれが何かに分かれて争いますよ。きっと。

  2. 疲れそう。

    でも、韓国人は、疲れずに一生続けると言うことは、案外好きなんでは?揉める事や、比較する事が。

  3. シンさんにこういう事言うのは心苦しいけど、韓国社会って、常に何かといがみ合っている社会ですね。
    国内外のありとあらゆるもの、目についたもの全てを嫌悪の対象として敵視する。
    こういった極端な振れ方をする社会、国民性って、他国にありますかね。結構興味深い。

  4. 様々な韓国の社会問題の源泉が嫌悪感に由来するなら(つまり社会のシステムや教育が嫌悪感を生むのではなく、嫌悪感が社会に反映されているなら)、韓国に住む人そのものを変化させる以外に改善する方法はないと言っているに等しい。

    言い方をかえれば、
    「韓国をよくしたけりゃ韓国人をやめるしかない」
    とか…
    「韓国から韓国人がいなくなれば、韓国は良くなる」
    とか…

    確かに、「実に残酷な書き方」しかできなくなりますね。
    でも、この「残酷な有様」が韓国のデフォルトであるのでしょう?

    そして日本に来られたのでしょう?

    1. >言い方をかえれば、
      「韓国をよくしたけりゃ韓国人をやめるしかない」
      とか…
      「韓国から韓国人がいなくなれば、韓国は良くなる」
      とか…

      めずらしくわたしの主張を、また来たよさんが理解している様子。

  5. 恨であったり憎悪であったり。
    自分が一番上、のはずなのに現実はそうではない、上手くいかないからのそれ。

    日本では逆恨みと言うやつ。精神的に幼い人にありがちなあれ。

    自分もその一部分だけれども、そんな憎悪渦巻く世界から逃げ出したいのが先日の移民話のエントリー。でも結局逃げ出した先で憎悪を吹き出すのは自分。
    ここにいても地の果てまで行っても自分は自分なのだから当たり前。

  6. まさしく「恨」の民族という感じですね。
    この記事にある「嫌悪戦争」というもの、
    やはり「序列意識」が原因になっているように思います。
    自分の属する属性を相手より「上」だと、「優秀」だと言っている。
    結局はマウンティングの延長に見えます。
    序列というものによって支配される韓国社会の構造が、
    韓国の人々の意識が、劇的に変わらない限り、
    これが自然に消えていくということはあり得ないと思いますね。
    韓国がこのまま儒教の国であり続けるなら、
    おそらく100年後も同じ状況であることでしょう。

  7. 圧倒的な上下関係で、上に立つことが出来れば嫌悪はなくなるのですか…
    正直、よくわかりません。
    「圧倒的な上下関係」というのが嫌だし、自分が誰かの上に立って、全く逆らうことのない、異なる意見もない人と話すのも嫌です。
    だってつまらないじゃないですか? 話をして面白いのは、人それぞれに考えかたが違うからなのに。

  8. 韓国の共産化がより進んだという事じゃないですか?
    その内、お隣同士、同僚同士で思想や行動を監視し合うようになりそう

  9. 韓国人が自ら作り上げた(韓国人にとって)素晴らしい社会です。

    今後も大事に育んで逝ってほしいものです。

  10. >圧倒的な上下関係。それだけが「嫌悪が存在しない世界」でしょうから。上の人たちに限っては。

    そう、どの道抑圧的な独裁に行き着くしかない仕組みです。
    自然と周りが敵になり、万人の闘争が生まれて修羅の生き方しかできなくなる。
    これは翻ると、効率的な口減らしでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。