あまりにも多くのこと

ソウル市長パク・ウォンスン氏などがコントリビューターで参加しているネットメディア「インサイト」の記事です。ちなみに、コピー・アンド・ペーストができない仕様で、あまりネタにしないサイトでもあります。

中央日報などの記事を引用し、併合時代、日本が「首都を東京から龍仁(ソウルの近くで)に移そうとした」と主張しながら、インサイトは「そのために日本は800万人以上の韓国人(朝鮮人)を満州あたりに強制に移住させようとした」としています。

http://www.insight.co.kr/news/169529

たまに、不本意ながら話がまったく通じない人と話すことになる場合もあります。だいたいは、他人の会話から巻き込まれたりしますが、私だけでしょうか。そんな時、「ああ、そうですか。へぇ、そうだったんですか」で適当にチャンスをうかがい、「じゃ、これで失礼します」と会話を終えたく(その場を去りたく)なります。そんな感じの記事でした。

でも、本題はそこではありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「私たちはあまりにも多くのことを日本に奪われた(直訳)」とするこの記事ですが・・

載っている写真が、上から「マイウェイ」「軍艦島」「鬼郷」。

すべて映画のシーンです。

「あまりにも多くのこと」と書くからには、例えばその資料の写真とかがあってもおかしくないと思いますけど。

いや、書いた人は、写真は必要ないと思っているのかもしれませんね。いわゆる「文化的証拠」が3枚も載っていますから。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

135+

“あまりにも多くのこと” への55件の返信

  1. コピペできないところをコピペする方法
    ttp://www.insight.co.kr/news/169529をGoogle検索して▼このページを訳すの▼部分を左クリックするとキャッシュが表示されます、それを右クリックして開くと保存されているキャッシュが表示されます。それはフルバージョンなのでその右側にあるテキストのみのバージョンをクリックすると写真の無いテキストが表示され、そのテキストがコピーできます みな

  2. 日本人は何故慰安婦を否定するのか、映画の「鬼郷」が証拠だと主張しているのを見て絶句しま事がありますね。いや、慰安婦を否定はしてないよ、存在したんだよ。しかし、強制的に拉致したりしたわけじゃないし、報酬を得て働いていたんだよと、こちらは言っているのですけどね。

  3. 日本はあまりにも多くのものを、哀れな朝鮮に与えてやったんですがね。

  4. 首都を日本列島から移す
    いや、これできたら凄いんですけど。
    東京は一極集中しすぎで、転都、分都、遷都の話は出るにはでるけど、なかなか実現できない。
    日本の首都圏のインフラすべて捨てて、朝鮮半島に首都を建設。
    どこからその費用を捻出するわけ。東京売るの?
    この記事買いた人は、マンションの買い換えでもしたのでしょうかね。
    本当に大人が書いたのですか。

    1. 遷都への無駄話ですm(__)m
      皇居をどこにもってくの?今の皇居は江戸城跡を使ってますから壕などでセキュリティー面で有利かと
      分散は良いですね最高裁は仙台や京都へとか
      リニアが稼働すると東京・名古屋間はあっという間ですし
      無駄話でした

  5. 個人的に、韓国の抗日映画の恐ろしいところは、ちゃんと作品になっているところです。
    やっている事や言いたい事が一緒でも、中国のソレとは雲泥の差です。
    音楽、脚本、画面構成、テンポ等、年々巧みになっている気がします。
    このままでは何かの拍子に、本当に面白い抗日映画ができてしまうんじゃないかとヒヤヒヤします。
    ディズニーの「ヘラクレス」を観て、ずいぶんオリジナルとは違うギリシャ神話を世界中の人が認識してしまったように、映画には伝播力がありますから。

  6. 彼らはいったいドコへ向かおうとしているのか・・・さっぱり分からない。(笑)

コメントは受け付けていません。