抗う

韓国では日本のことを「上の権力に順応する国」とします。順応といえばまだいいほうで、多くのマスコミは「ただ上の頭を下げるだけ」「上に逆らってはいけないと思う国」というふうに書きます。そして、その根拠(?)として、「日本は自然災害が多い」と平気に主張します。

日本は、自然災害が多いから、何か問題が発生しても「これは仕方ない」と諦める。しかし韓国人(朝鮮人)は人の力で何もかも変えられると信じている。だからろうそく革命も実現できた、そういう理屈になります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

釜山日報というローカルメディアですが・・記事というか「本の紹介」ですが、今日も同じ趣旨の記事がありました。

日本語と韓国語は語順も同じだし、仏教文化や儒教文化を共有している。でも、自然災害から見る日本と韓国はまったく違う、そういう内容の本です。

先に書いたのとまったく同じ論理展開で、韓国人は「空が崩れ落ちても避けられる穴はある(助かる術はある)」という諺がありますが、日本人は「そんなことを言うのはいけないことだ」とする、というのです。

それは社会に対しても同じで、まわりの顔色を気にして、いつも頭を下げて生きるのが日本人だ。でも韓国人は違う。

歴史上、韓国(朝鮮半島)が日本に苦しめられたのは、人口で負けていたからにすぎない、と本は主張している、とも。

http://news20.busan.com/controller/newsController.jsp?newsId=20180802000216

 

どうでしょうか。

まず、語順が同じだとか、儒教仏教という話をよく耳にしますが、そんなものはそれぞれの国でそれぞれ異なるのが当たり前です。特に、日本には儒教や仏教の前に神道という信仰がありました。

私は、自然災害とか、社会問題、歴史に対しても同じではありますが、日本という国に対して「抗(あらが)う」というイメージを見出します。

 

周りの人たちに気を使うのも、それは社会のために自分自身をコントロールしているものであり、見方によっては「自分勝手にしたいという低俗な欲望に抗っている」ものだと言えるでしょう。だからこそ、日本人の礼儀正しさは高貴なのです(私はそう感じています)。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

143+

“抗う” への122件の返信

  1. 日本人の自然災害に対する考えはあきらめではありません。
    どんなに栄華を誇り権力を手中に収めていようが、自然災害は泥のスプーンにも金のスプーンにも平等に降ってくる。権力が最高最強ではないということだ。

    また個人にとっても、いつ人生が終わるか分からないから、強欲なことをやって資産を増やしても使う前に自然災害に会えば意味がない。今やるべきことをやらないとあとで後悔することになるということ。どこにもあきらめの気持ちなどない。自然災害にあって死ぬ時にはこの時のためにすべきことを自分はしてこれたのかと反省し死んでいく。周囲も同じ。あきらめではなく達観できるかどうか。だから韓国人みたいに大声で泣いたり失神したりはしない。それはその人の生き方が恥ずべきものだと表現しているのと同じ。(韓国人の行動を批判しているのではなく、日本人が同じようにすれば非難されるという意味です)

  2. 私の解釈はちょっと違います。
    韓国の現代ドラマを見ていると、財閥の御曹司が違法行為が発覚すると逮捕が免れない状況になると米国やオーストラリアに留学させる。2,3年してマイケルなどという通名を提げて戻って来れば格があがって周りからチヤホヤされる。
    娘をふられた大財閥の父親が振った中小財閥の息子を呼びつけて、「2,3年韓国から離れろ、娘の前に現れるな」と通告する。息子の父親も逆らうと財閥企業を潰されるので従う。

    時代劇でも、トンイやチャングムは中国に逃亡する(したことになる)。韓国に自然災害がないからではなく海外に逃亡してほとぼりが冷めれば何事もなかったように戻れる。例えばパククネ時代に追い詰められて海外に逃亡すれば、今頃英雄気取りで帰国できる。韓国人がどうにかなると思っているのは外国に逃亡し政権が変われば犯罪行為もチャラになるということ。終戦時、内地であらゆる犯罪行為を行った朝鮮人はほとんどが捕まらずに帰国してチャラになっている。韓国人がどんな悪事を働いてもどうにかなると思っているのはそういう実績が無数にあるからだ。

  3. >日本人の礼儀正しさは高貴なのです

    1000年後の日本人も
    シンシアリーさんに
    そう思ってもらえる
    民族でありたいものです。

  4. 日本において 順応=敗北 ではない。また、順応=不快 でもない。
    歴史的に日本人は上に逆らう必要があまりなかったから順応することに抵抗がないとも考えられる。上に立つのがろくでもない人間ばかりの国なら、確かに順応するのは敗北かもしれません。
    また、順応は相手(周囲)をコントロールするための一つの手段だとも考えられます。順応とは従うことばかりではない。
    秋の夜長の虫の声を騒音と捉えるか、楽器の一種でもあるかのように愉しむか。虫の声に順応してしまえば、そこには服従も敗北も不快感もない。

    >>それは社会のために自分自身をコントロールしているものであり、
    社会がよくなることにより最終的には個人が恩恵を受けるわけです。目先の欲望に流されるよりも、社会をよくすることが大切だと思います。日本人は本能的にそのことを理解している人が多いのだと思います。もちろん野獣のような人間も大勢いますが。

  5. 好意的な分析、ありがとうございます。
    ぎりぎりまで我慢するんですが、突然変わる国民性というか癖がありまして…。
    有名なチャーチルの「対日世界大戦回顧録」が本当だとすると。。。
    以下のような感じで。まったく昔と変わってないです。

    「日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。
    笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。
    反論する相手をねじ伏せてこそ政治家としての点数が上がるのに、
    それができない。
    それでもう一度、無理難題を要求すると、これも呑んでくれる。
    すると議会は、いままで以上の要求をしろという。
    無理を承知で要求してみると、
    今後は笑みを浮かべていた日本人がまったく別人の顔になって、
    「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことを言うとは、
    あなたは話のわからない人だ。ここに至っては刺し違えるしかない」と言って突っかかってくる。
    英国はマレー半島沖合いで戦艦プリンスオブウェールズとレパルスを日本軍に撃沈されシンガポールを失った。日本にこれ程の力があったなら、もっと早く発言して欲しかった。
    日本は外交を知らない。

    1. 日本人は譲る人々だと思うんですよ、しかし譲っても譲っても、相手がなお増して要求する相手であれば、その反応はだからこそ激烈になる。
      だから特亜との相性は最悪なんです。

      彼らの善では、相手が譲るのであれば相手は下、見下して100倍増しで要求しなければならないというのが特亜の善なんですから。

      1. >七誌さん

        日本は譲る国ではなく、譲り合いの国だと思います。

        お互いに譲り合い事で、人間関係が円滑に保たれている。
        一方的に譲る関係なぞ、搾取でしかありません。

        相手が譲ったら自分も同じ様に譲る。
        自分が譲ったら相手も(いつか)譲ってくれる。

        全体にお返しが基本です。この辺を外国人が勘違いしていて
        頭にくるのが「日本は落とし物が返ってくる」として
        人の善意を「実験」までして動画に撮ったりする行為。

        いや、お金をひろってもらったら、8%〜13%を拾ってくれた人に
        謝礼するのが日本の常識であり、マナーというより法律で決まっていることなのです。

        法律では「5~20%の謝礼を要求できる」ことが決まってる。
        ですから、届けた際に、警察で謝礼金を要求しますか?
        と、聞かれ「しません」と答えると「謝礼金を要求しない」にサインさせられます。

        また落とし主が現れなかった場合は、半年後に警察から
        拾った人のものとして渡されます。
        落としたお金を着服したら犯罪者として前科がつく

        これらがあって「日本社会は拾ったお金の多くが返ってくる状況になっている」のですが、この辺を理解してない外国人が
        拾ってもらって、謝礼もせずに「日本ハッピー!」とか
        ふざけんじゃね! ちゃんとお礼しろ! 拾ってもらって感謝しないとか、試しで動画撮るとか。人間としてどうかと思います。

    2. >匿名さん

      その逸話の真偽は「日本がイギリスの「無茶な要求を飲んだ」って、具体手的な事例」はないので、作り話の可能性が高いです。

      ですが、元のネタのマレー海戦を調べてみると

      チャーチル首相とイギリス軍はプリンス・オブ・ウェールズ及びレパルスにより、イギリスの植民地であるマレー半島やオーストラリア、さらには当時イギリス軍が制海権を持っていたインド洋への日本軍の侵攻を阻止または断念させる事を目的として派遣を決めた。
      イギリスが誇る東洋艦隊には新鋭戦艦の「プリンス・オブ・ウェールズ」と巡洋戦艦「レパルス」がある。これに対して、日本の南方部隊には「金剛」「榛名」という、艦齢二七年の旧型戦艦しかない。この両者が対決すれば、かならずイギリスが勝つというのが「当時の常識」である。
      ry
      宇垣纏連合艦隊参謀長は英戦艦2隻を、まさに『鴨がねぎを負って現れたる海戦を何と命名するや』と、馬来沖海戦に臨むことになった。
      昭和十六年(1941)年十二月十日日本は新戦法を用意していた。
      それが航空部隊による艦船攻撃という方法で、海軍の陸上攻撃機(一式陸攻と九六式陸攻)八五機が魚雷と爆弾による攻撃を実施し、わずか二時間ほどで「プリンス・オブ・ウェールズ」は撃沈され、「レパルス」も転覆して海中深く沈んでしまう。つまり、イギリス東洋艦隊は壊滅してしまったのである。

      わずか2時間で日本軍はイギリスの誇る最新鋭艦を2隻も戦闘機で、撃沈させてます。…アメリカには勝てなかったけど、日本軍はすごく強かったんだなぁ

  6. 自然災害といえば、
    韓国人が決壊したラオスのダムは自然災害だから自分達は悪くない!という論調みたいですね。
    カンボジアまで水が流れ込んで、一国を滅茶苦茶にしたにも関わらず酷い言いぐさです。
    安かろう悪かろうで、おまけに日本に対抗して工期を早め、報奨金まで貰って。
    それで国が傾くくらいの大災害じゃあ、、、

  7. そう言えば朝鮮時代には農民一揆的な騒動ってあったんでしょうか?
    「米を沢山育てても全部両班に持っていかれるから生きていけるギリギリしか作らない。農民は日がな一日ボーッとしてるし漁師は船があってもソレを出さない」みたいな記述を見た記憶がありますし、王朝への反乱的行動は秀吉の時に朝鮮王がソウルを捨てた後秀吉軍が到着するまでの間に王城の戸籍が焼かれたくらいしか知らないですが

    1. 農民一揆の鎮圧をするために清を国内に招き入れる行為をしたために日清戦争に発展したと記憶しています。間違えていたらごめんなさいね。

    2. 甲午農民戦争(こうごのうみんせんそう)は1894年(甲午)に朝鮮で起きた農民の内乱。東学農民運動と呼ばれている。
      壬午事変(1882年日本に対する朝鮮人兵士の乱)や甲申政変(1884年金玉均が日本の援助でクーデターを起こして失敗した乱)はありますが、
      いわゆる百姓一揆ではないでしょう。
      非両班知識人で形成されたクーデターです。日清戦争のひきがねとなりました。これを鎮圧しようとして、清軍に援軍を要請。日本は日本で出兵して半島で、日本軍と清軍が対決するはめに。

      けどね、朝鮮では日本のような百姓一揆はないかわりに
      日本では考えられないような、反乱は何度も起きているそうです。
      日本軍とか、馬賊とか、外から敵が攻めて来た時、火事場泥棒が発生。
      みんなどさくさに紛れて、金持ちを襲って金品を奪い取るんだそうな。
      それも警護に雇われた兵士ですら、主人を裏切って敵と戦わずに、むしろ一緒に略奪していたそうですよ。(貧乏人がお金もうけができる唯一の手段だったそうな)

  8. 願望に合わせて自己イメージを歪めるから
    現実を感じた時乖離が大きすぎて発狂する

  9. 日本人は少なくとも
    てめぇのケツは自分で拭いてますし
    拭く事を当然だと思っていますよ

    その点だけでも
    全ての責任を日本に投げ甘えきっている屑韓国人は
    生きている価値があるんですかね

    馬鹿にされても仕方ない事ばかりやらかして
    馬鹿にするニダ!!なんて只の馬鹿ですよ

コメントは受け付けていません。