韓国紙「台湾人は、自分の国を手に入れたことが無いから日本に寛大だ」

オーマイニュースが、「台湾はなぜ日本に寛大なのか」という記事を載せました。

記者は、台湾には、台湾がが日本の支配下にあった時に台湾のために頑張ってくれた日本人の像があり、日本名のデパートが大通りに普通にあったり、「日本が手伝ってくれなかったら台湾の近代化は難しかったかもしれない」と話す人にも会ったことがある、とします。

オランダとかに対してはそうでもないのに、なぜ日本にはこうも寛大なのか疑問だとしながら、記者はその答えをこう推測します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・彼ら(台湾の人々)は帝国主義時代の歴史の中で、日本だけを例外にしている(反感を持たない)理由はなんだろうか。私たち(韓国)の親日民族反逆者たちが伝家の宝刀のように主張していた「大東亜共栄圏」に、すべての台湾人がことごとく傾倒されてしまったせいだろうか。

そうでないなら、もしかしたら「昔は昔、今は今」としながら不幸な過去の歴史を熱心に消し去ろうとする、正統性のない政権勢力の意図ではないだろうか。

とにかく今台湾人は中国人としてのアイデンティティを強調する一方で、植民地時代、日本が移植された近代化にも大きな意味を置く「二重」の歴史認識を持っているようだ。

きつく言えば、彼らは歴史上一度も自分の国を持ったことがないせいではないかと思う。彼らは、「オランダが支配しようが、明清が支配しようが、日本が支配しようが、それは大した問題ではないじゃないか」と反問するかもしれない・・>

https://news.v.daum.net/v/20180805194800521

 

私の持論の一つに、「反日思想の中の日本は、『日本は悪い』ではなく、『日本は悪くないといけない』である」というのがあります。何度も書いてきたので、読者の皆さんはご存知でしょう。

まさにこの記事は、その「日本は悪くないといけない」に縛られている、典型的な韓国人の思考パターンです。

しかも、「国を持ったことがない」って・・台湾の親日さが気に入らないからって、「台湾は中国である」という展開にするとは、本当にひどいものです。

国といえば・・朴正煕元大統領が著書にこんな言葉を残しました。「半万年の歴史など全て燃やしてしまえばいい。国らしい国を一度も作ったことが無い」。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

 

 

152+

96 Replies to “韓国紙「台湾人は、自分の国を手に入れたことが無いから日本に寛大だ」”

  1. 「日本は悪くないといけない」
    この発想は中華思想ばかりでなく韓国キリスト教も共有しているはずだ。キリスト教徒が首都人口の1/10しかいない日本が40%もいる韓国に比べ遙かに豊かなのはなぜか。キリスト教からの答えは「日本は悪くないといけない」。だから韓国人神父は日本の天災を歓迎する。

  2. 「それ以上言うんじゃねえ……!南朝鮮の分際で台湾を貶す事は許さねえ……!今、その薄汚いエラを永遠に削ってやる……!」

  3. 台湾人のルーツは、福建省が多数を占め、次いでと広東省。それに高砂族と呼ばれた先住民。李登輝元総統は広東省出身の客家がルーツ。
    日本統治時代はそれなりに鬱屈したものがあったようだが、戦後、入ってきた国民党は台湾人に対して支配者として横暴の限りを尽くした。それに対する抵抗は武力で鎮圧。台湾人は日本統治時代の方がはるかによかったことを実感した。少なくとも法治が行われ、日本人と台湾人は法の下では平等であった。
    国民党政府は反日教育を行ったが、家では日本統治時代の方がどれだけよかったかを聞かされた。つまり国民党の反日教育は効果がなかったのである。
    李登輝総統の誕生で反日教育は終了し、日本統治時代を客観的に教えることとなった。韓国とは真逆の流れとなった。まあ、台湾人の方が嘘と本当を見抜く力があるということだと思います。

    1. それじゃ、まるで韓国人にも嘘と本当を見抜く力が有るみたいですね。修正しましょう。
      ×「台湾人の方が」
      〇「台湾人には」

    2. 中華民国(国民党)と一緒に、大陸のヤクザが台湾にやってきて、厳しい税金の取り立てをやったらしいですね。

      戦後、日本の敗戦で連合国預かりになった台湾に、中華民国の亡命政府を認めたのはアメリカです。亡命政府ですから本当は中国に帰るつもりだったようですが…
      アメリカは大戦で中華民国(国民党)の味方をしていましたが、台湾に住む人間にとっては、本土の人間は外省人で別モノでした。
      結婚の時に、本土の人間とは結婚しないという台湾人もいるそうです。
      沖縄が変換される時には、一応、住民投票があって日本返還が決まったことを考えると、中華民国の亡命政府を台湾に認めたのはアメリカが勝手にやったことだとして、台湾人に住民投票もなく決められたのはアメリカのやり方が不当だとして、アメリカで裁判を起こそうとする台湾人すらいるそうです。

  4. 台湾の清国からは化外の地とされていましたが、日本が台湾を統治するに当たっての現地人の抵抗運動で1万から3万の戦死傷者が出ています。
    日本と正々堂々と戦ったので台湾の内省人も余計なコンプレックスを持っていないのです。
    日本も西洋と堂々と戦った経験を持つ薩摩や長州はそれを誇りとして新国家建設に邁進していったのに通じるものがあると考えています。

コメントは受け付けていません。