Japao-Liberdade

ブラジルが、地下鉄の駅名に「日本」という字を使ったことで、ブラジルの韓国人たちが『差別だ』と反発している、とのことです。

日本からの移民者が初めてブラジルに来てから110周年でもあるそうです。それを記念する意味も込めて、先月18日、サンパウロ市長の決定で、地下鉄駅周辺の広場の名前が「リベルダージ広場(Praca da Liberdade)」から「日本・リベルダージ広場(Praca da Liberdade-Japao)」に変わりました。

そこの地下鉄駅名も、日本・リベルダージ(Japao-Liberdade)駅になりました。

リベルダージは、昔(日本からの初期の移民者たちが)から日本人移民者たちが商店街をやっているところでもあります。

しかし、韓国中国移民者たちが「日本」という字が入ったことに反発している、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事から読み取れる内容では・・リベルダージで日本人移民者たちが築き上げた商店街などはもう弱体化していて、いまは韓国、中国人が増えたことで「アジア」のイメージを強調している、とか。

そこで韓国中国人たちが反発していて、「韓国人中国人への差別だ」と主張する人たちもいる、とのことです。記事では「韓国人、中国人」としていますが、記事で具体的な反発内容を紹介しているのは韓国人団体だけです。近くの地下鉄駅名に「韓国」が入るようにする運動ををはじめたそうです。

https://news.v.daum.net/v/20180805045449338

 

随分前、「人の家の庭に自分の家を建てる」のが韓国人の成長のやりかただ・・と書いたことがあります。日本人に対してだけではなく、韓国人が韓国人に対しても同じことをやります。

米国などでは、高速道路のICに独立運動家の「安昌浩(アン・チャンホ)」の名前が入ったりしています。全て、韓国人団体によるものです。

今回ブラジルの駅名の「日本」の件は、十分理解できる名分のもとに行われたものですが、米国の安昌浩は何の関係があるのでしょうか?

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

“Japao-Liberdade” への66件の返信

  1. 駅に日本という名前が入ったら「差別だ〜」。日本がプルトニウムを持っていると「人道に対する罪だ〜」。

    まったく論理的に繋がらない。自分たちが優秀な民族だと言いたいなら、何とかして欲しいですね。

  2. ええ。
    軒先きを貸して母屋が取られる。
    泣こうが喚こうが、朝鮮人に甘くしてはいけないという、古くからと言葉です。
    大阪大空襲で焼け野原になった、今の鶴橋に退去して韓国人がバラックを建て、最後には地主が死んだとか、持ち主が帰った時には、追い払ったそうです。
    また、有名な京都のウトロ地区なんぞは、勝手に住み着き不法占拠し続けてきた証でもあります。
    夢夢忘れないことです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。