必殺・ハシゴ外し

韓国社会の存在する、無数の(少なくともこのブログの更新の数だけ)社会問題を語るにおいて、「身分制度」は重要なキーワードの一つであると、個人的には思っています。

財閥は嫌いだけど財閥になりたい。甲は嫌いだけど甲になりたい。そう思っている社会なら、彼らは身分制度を嫌いだとしながらも、実は望んでいるとも言えます。「上」の身分になることを夢見ながら。

「スプーン階級論(匙・階級論)」について論じた時、私は「スプーン階級論は、自分自身に対するものでもあるが、実は親への不満の現れ」だと書きました。それも同じことで、実は「お金持ちの子が一番幸せ」とする考えがあったからです。

そう、新しい身分制度は、「親の力」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

生まれる身分を自分で選べないのと同じく、親の力も自分では選べない。だから自分自身は被害者だと言いたいのです。それが、韓国社会の「今どきの身分制度」です。強い人の子は、強いです。弱い人の子は、弱くて当然なのです。それが韓国社会の認識です。

いつだったか、「自力で10億ウォン(1億円)の資産を作るのはほぼ不可能になった」というニュースを聞いたこともありますが・・

国民銀行系列の金融研究機関が調査した結果、韓国の「お金持ち(金融資産1億円以上)」たちは、「子女たちは私ほど豊かになれない(自力ではお金持ちになれない)」と、相続・贈与を強く考えていることがわかりました。

「韓国のお金持ちたちは、今後、自力での成功が難しいという認識が広まっており、子供たちに早くから財産を相続したいとする人が大幅に増えた。

6日KB金融持株経営研究所が金融資産10億ウォン以上の400人を対象に実施した調査・分析の結果によると、「子どもの世代は、私ほど豊かになることは困難だろう」と答えたこれら62.3%となった。これは前年度58.1%より4.2%ポイント増えた数値だ・・>

子女世代は、79.6%が「親ほど豊かになるのは難しい」と思っている、とも。

https://news.v.daum.net/v/20180806103714943

 

階級移動(低所得層が中流階級になったり、中流階級から富裕層になったり)が事実上難しくなり、いわゆる「ハシゴを外された」現象が強くなっていることは、前から報道されました。

財閥ならともかく、「金融資産1億円」を本調査の「お金持ち」の基準だとするなら・・・ちょっと微妙ですね。韓国大手銀行の富裕層の子女たちの80%近くが、それを「難しい」と思っているとは。

 

韓国の若い世代が望んでいる「公平」というのは、親の世代をなかったことにして、「0ウォンからやり直そう」を意味するのかもしれません。でも、その勝負で勝敗が決まっても、次はまた負けた人たちが「前の勝負は無かったことにしよう」と言い出すでしょう。勝った人たちは「絶対にダメだ」と言うでしょうし。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“必殺・ハシゴ外し” への28件の返信

  1. お金と地位が全てなんでしょうね。
    お金がないと馬鹿にされる。
    地位がないと下にみられる。

    私はそんなものはないけど、そこそこ元気に暮らせてます。
    地位とかお金を持っている人は、きっと私が想像もでいない重荷を背負っているのではないかと思うからです。私達が心配しなくていい心配、またその逆もあるけれど、
    そう考えるとどっちもどっちかな?なんて思ってます。
    人の苦労なんて他所からはわからないですものね。
    それが全てなんて思わない生活を、私なりに楽しむ事を私は考えて生きていたいです。

  2. 韓国人社会を見ていると、ホッブスの言葉を思い出します。

    「市民社会無き人間の状態(それは自然状態と呼ばれるべきかもしれないが)は「万人の万人に対する闘争」でしかなく、その闘争においては、万人が全てについての権利を有するということである」

    そもそも近代的な意味での市民なんて存在しない。ただの原始的な人の群れ。そんな感じがするんですよね。

    1. そうなんですよ、そもそも特亜では「社会契約」が成立していないからね。
      契約という概念が、1000年なかった世界ですからね。

      韓国語の約束は「ヤクソク」ですから。

      1. 社会契約は相互に独立した人格の間でのみ成立する。
        七誌殿のように自分に同調しない相手を神の裁きのように短絡的に馬○と決めつける御仁には相応しくない。
        社会契約云々とご託宣を下す前に自分が社会契約の社会の一員に相応しいかどうか、心をこめて反省してはいかが?

      2. 「社会契約」が成立していないからね。
        契約という概念が、1000年なかった世界ですからね。

        MoNoには七誌殿の自画像に見えるが、錯覚か?

  3. 金使わない遊びで、十分満足だけどなあ。
    市民図書館で本借り放題。子供と市民プールと市営キャンプ場で遊んで。
    ボロ屋だけど、台地で岩盤。水資源と森林再生力に恵まれている。
    人からどう見られるかを気にしなければ。

    何にそんなに飢えてるんでしょうか。

  4. よく言われる、アメリカンドリームの無いアメリカと同じだと。ただ、夢を叶えるためには、運もありますが、人並外れた努力がなければ達成できないことです。現在の韓国社会は、どんなに血反吐を吐くまで頑張っても無理なのか、さほど努力はしていないのに、成功できないと呪詛を口走るのか、どちらなのでしょう。前者なら社会の根幹を変える必要がある。後者なら、住民が精神を入れ変える必要があるのではないでしょうか。

  5. 韓国は食事においては、全員がステンレスのスプーンで満足しているように思えるが。

  6. 赤化統一が唯一の道だと思う。
    だって、95%が財閥に成れないのだから。
    それで、刈上げ君の下で財閥はどうするの。
    多分ロシア方式で、甲が財閥を吸収して、
    君たちは相変わらずの乙だろうね。

  7. チョンユラ「親の金も実力のうちよ!」

    ですね
    チョンユラのSNSでのこの発言がなかったら、若者世代はあそこまでロウソクに熱狂しなかったんじゃないでしょうか
    確かに、いまだに高い若者世代のムンジェイン支持率にも繋がっているんだろうな…と思いました

  8. 大昔ありましたね〜
    お金持ちの基準は、億万長者だったか。
    まぁ、バブル以降はその辺にはいて捨てるほどいましたけどね。

    現代に置いては、資産だけではなくて現金で一億を右から左動かせるのが、お金持ちのステータスかと。
    アメリカはもっと極端かな?
    福祉をやってこそ、お金持ち?
    日本もある意味でそうなってはいるけど、逆にNPOで飯食ってる人が多すぎて気持ちが悪い(実体験)

    1. アメリカなんか、もっとNPOで飯食ってる人が多いですよ。

  9. Amazon PrimeやNet FrixでドラマのIndexを見ると、韓国ドラマばっかで、鬱陶しい。
    タイトルの単語で一番多いのが「王子様」
    ラブコメの殆どが、御曹司と貧乏女子の恋愛か、金持ち女と貧乏男子の恋だと推察される。(絶対見ないので、推察)
    私が韓国ドラマを見ていた(忌まわしい過去の)15年前から変わっていない。
    きっと、アメリカでMBA取得して帰国した若造がいきなり副社長とかになって威張り腐っているのも変わっていないし、貧乏女子の恋敵は金持ち女子ってのも変わっていない。
    遅刻の受験生をパトカー先導で送るのも、教育ママが他人の子供に意地悪するのも、殺人を金でもみ消すのも変わっていないのだろう。
    韓国は、そういう社会なのだと思う。

    1. >ばあばさん

      その国でヒットしたドラマや映画
      (日本の場合はアニメ、マンガ、ゲームも含む)を
      見ると国民性が見えてきますよね。

      アメリカだと正義の味方のヒーローが強い悪を倒す
      パターンが実に多い。そして必ず美女がでてくる。

      韓国だとおっしゃる通りのシンデレラストーリーで
      (出生の秘密)(謎の黒幕)が出て来て、
      悪役が必ずしも失脚するわけではないけど、主人公が
      悪役よりも幸せになって、悔しがらせるパターン
      ストーリーはかなりのご都合主義

      日本だと、味方と思ったら敵で、敵だと思ったら味方で
      あるいは昨日の敵は今日の味方。悪と正義の単純な戦いではない。
      魔法少女なんて、人類に災いをもたらす魔女の正体が実は…
      で、主人公のパートナーでもあるQべえの正体が実は…
      ですし。
      つるの恩返しも、雪女も、耳無しほういち も 怪異 はあっても
      悪魔ではないし

      なので、昔の少女漫画では、意地悪なお金持ちのお嬢さんが
      登場して、主人公の好きな男の子をとっちゃりたりしますが
      そんなお話はいまどき流行りませんし

      1. >その国でヒットしたドラマや映画
        (日本の場合はアニメ、マンガ、ゲームも含む)を
        見ると国民性が見えてきますよね。

        これは本当にそう。
        なぜいまの日本映画が日本人に受けないのかってのも含めて。

      2. 結局何にカタルシスを感じるかなんでしょうね。
        眠り猫さんの例だと、アメリカは「正義の執行」、日本は、…虚淵はちょっと外して、高慢なおぜうさまはだいたい不幸になるから「因果応報」、韓国は「願望の充足」。
        これだけの例ではなんとも言えませんが、社会への貢献や自分の価値なんかの教育の違いが国民の気質に大きな影響を与えていることが見え隠れしていますね。
        「願望の充足」というか「妄想の成就」ばかりが流行るとしたら、韓国社会の「教育」は自分に自信を持たせない方向にばかり走ってるのではないでしょうか。失敗しても原因を外に求めて、それで済ましてしまったら、問題を乗り越えられないし、それによって付くべき自信もつかなくなります。
        いつもナルシスティックなほど自信満々なのは、実は自信のなさの裏返しなのかもしれません。

コメントは受け付けていません。