経済力がー

今日の更新その2です(午後はちょっと遅れるかもしれません)。

不定期とはいえよく出てくるネタですが・・韓国人の宿泊マナーの無さに関する記事です。

引用した記事本文に「去れば終わり」という言葉があります。これはなんなのかというと・・

「なぜ日本のご飯は美味しいのか」に、韓国人のお風呂文化(?)のことで同じ趣旨を書いたことがありますが・・韓国では、温泉とかで(地元ではあまりやらないっぽいです)、こういう人をよく見かけます。

湯船で普通に浸かっていた人が、湯船から上がろうと立ち上がって、アタマ(の毛)はもちろん、別のタマの部分(の毛)まで湯船の湯でパシャパシャと洗って「あーいいね」と言いながら、出ていきます。

もうその湯には自分は入らないから、「これでいい」と思っているのでしょう。

こういう現象を韓国では「去れば終わり(떠나면 그만)」と言います。もうここには用がないから、やりたい放題やっておこう、という心理のことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本記事は、「(韓国にある)グローバルホテル」の掃除担当の人たちが、「韓国人が怖い」としながら苦情を言う内容です。外国人宿泊客も多いから、どうしても比べてしまう、というのです。その担当の人たちが韓国人なのか外国人なのかは書いてありません。

 

喫煙者なのにわざと禁煙室(喫煙室より空気が良い)を予約して、煙草を吸うこと。部屋でパーティーをやって、片付けない(セロハンテープで風船などを取り付けて壁紙を破る、カーペットにケーキを丸ごと潰したりする、酔って吐くなど)こと。いろいろと韓国人宿泊客のマナー問題が書いてありますが、特に、

<・・もっとも客のマナーを表すものが「タオル」である。使用済みのタオルをどこにどのように置くのかを見ると、客のレベルを計ることができるという。

ソウルHホテルの関係者は、「韓国のお客様は、使ったタオルとバスローブを主に床に投げて置く」と述べた。一方、日本や欧州地域の宿泊客は、ほとんどが使用したタオルを浴槽の中に入れたり、洗面台の上の片側に積み上げておく。Hホテルの関係者は、「タオルを片側に集めておけば片付ける人も楽で、床においたものよりも、衛生的にいい」、「次の宿泊客のための一種の配慮であるわけだ」と語った・・>、とタオルの話を強調しています。

https://news.v.daum.net/v/20180806030107223?d=y

 

記事本文に「必要ないなら、シーツ替えをしなくていいと言うのも望ましい」という内容があります(わざわざ言わなくても、ドアノブにかけておく札があったと思います)。これは確かにそうですが、ホテルにも規則はあります。

私の経験だと、日本のビジネスホテルでのことですが、「(3泊の客がシーツ替えや掃除を要らないと言っても)2泊に1回はシーツ替えと掃除をしないといけない」規則があるそうです。もちろん私は「じゃ、お願いします」と、気持ちよく答えました。日本旅行の思い出です(遠い目

 

・・・で、プロローグが長くなりましたが、ここからが本題です。この記事、本文でこう主張しています。

「もう私たちの経済力に似合う礼節を身につけるべきではないでしょうか」。

この記事だけでなく、どうして韓国ってこう「経済力」「経済~位に相応しい」「経済力で注目される国」と、お金で何もかも決めつけるのでしょうか。

経済力の問題ではないでしょう。こういうのは。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

160+

93 Replies to “経済力がー”

  1. もちろん日本人だって昔からマナーが良かったわけではない。旅館に行ったらハンガーや浴衣などをちよろまかしたり、畳に焼け焦げを作ったりはしばしばあった。海外旅行でも、シャツとステテコの姿でホテルの中をうろついたり、夜中なのに廊下で酒盛りをしたりの日本人は大いに顰蹙を買ったものだった。マスコミは何度も何度も啓発報道をするほどだった。中でも農協の一行がひどかった。「ノーキョー」は海外の観光業界では鼻つまみ者だったという。
    日本人がマナーある民族になったのはここ最近ではないかな。

    1. 表面的な現象としては「微妙に」なのですが、根本的なところが違うと思います。
      日本の「旅の恥はかき捨て」は、知り合いのいない旅先で「ふだんとは違うはめのはずし方をしても、まあ許容範囲」の意味。
      マナーの問題であり、生活習慣の違いをきちんと説明されれば改善できるものであって、実際に改善されました。

      特アの場合は、「マナー違反」にとどまらない「ルール無視」も多いと思われます。
      「マナー」は、生活習慣に基づく作法のこと。
      「ルール」は、それを守らないと「社会生活」が成立しない規則のこと、と思ってください。

      今の特アの「非常識な観光客」が、昔の日本人観光客のように「マナーの違い」と「ルールの絶対性」を教えられて、現地に好意的に受容されるような振舞い方を身につけるのか、非常に注目されます。

      私は否定的な予想をしています。
      「中華文明がマナーの規範」と思い込んでいる人、「偉い人(つまり自分)は、ルールに拘束されない」と思い込んでいる人、「知り合いがいない所では、マナーもルールも無視する」人、の割合が、かなり大きいのではないか、と思われるからです。
      そういう文化圏ですので。

      この文化にどっぷり浸かっている人は、日本人にもいますけどね。

      1. 「この文化にどっぷり浸かっている人」って、例えば、あなたのことですが、何か?

  2. でも従業員も不潔な処を清掃した用具で肌に触れたり口を付けるモノを洗うんでしょ?(´・∀・`)

  3. 指摘されてる人がいますが、「旅の恥はかき捨て」はその日本版ですね。ただ日本的には「たつ鳥後を濁さず」といった言葉もあって、さる場所を身綺麗にするというのもあるけど。日本も韓国も、やはり人間なのだからふるまい、心の動きは似たものになると思いっます。私はよく冗談めかしてコリアン=10倍大阪人説を話します(情動的により激しいというか)が、逆に言うと行動原理は変わってないわけですよね。

    1. 「旅の恥はかき捨て」はそういう意味じゃない、それは誤用。

  4. 日経ビジネスオンラインで中国人と日本人の考え方の違いが量と筋に基づくという視点で連載されている記事があります。
    この方の記事の中国人の価値観は、使えるお金の量つまり経済力で決まる年収クラスによって異なると書かれています。
    とても納得できる分かりやすい記事ですが、韓国人も似たような考え方なのかなと思いました。
    実行できる中国人、思うだけの韓国人という違いはあるようですが…。

  5. 「衣食足りて、礼節を知る。」は、儒教の教え。
    衣食足りて=経済力だよね。(笑)
    経済力に見合う、礼節を知る事になる。
    でも、本当の意味は若干違う、そもそも祭礼を行う場合、身分に関係なく同じ衣裳を着て、色は白か黒のみだった。
    最高の祭礼は食礼で、神様と食事を共にする形式を取っていた。
    此所で大事な事は「作法」であり、作法が出来ないと、食礼に呼んでもらえない事に成るし、なによりも蔑まされた。

  6. 「衣食足りて礼節を知る」と昔の方も仰っていますが・・・。
    時たま「日本も民度は低かったんだよお」と言い出す御仁がおられますが、筒井康隆の『農協月へ行く』が短編集として発売されたのは昭和48年で御座います。
    色々と鑑みても「衣食足りても礼節は別」という民族とは根源的価値観が違うと思われます。

  7. 物質的に豊かになったから、次は心の豊かさを手に入れよう!そのためには礼節だ!ってなりそうなものですが…所変われば…でしたね、

  8. シンシアリーさん、心の最貧国・大韓民国からようこそ。
    経済力があったって、教養とマナーが無ければ、だだの田舎者。
    昔のアメリカ人と同じです。
    成金は永遠に 馬鹿にされ 蔑まされるのです。
    英国王に、お金の自慢をする朝鮮王、なんて惨めなこと。

  9. 「衣食足りて礼節を知る」って言葉もありますからね。
    「衣食が足りてんのに礼節を覚えないとはなんたることだ」という嘆きかもしれませんね。

    「旅の恥は〜」のことわざも「旅先で恥をかいたとしてもその場限りなのでもっと積極的に現地の人と触れ合おう」と転義することもあります。旅行代理店限定かもしれませんが。

コメントは受け付けていません。