伏見稲荷大社でご祈祷を受けてきました

実は、韓国からちょっとよからぬ話がありました。ブログに書くような内容ではありませんが・・

こんな時だからこそ、私が自分で決めた自分の人生への決意が弱くならないよう、「これまでの1年半の感謝と、帰化まで(最速で後3年半)お力を貸してください」と、祈りを捧げました。

神社でご祈祷を受けるのは生まれて初めてです。

本にも書きましたが、近くの鎮守社が稲荷神社で、宇迦之御魂神を祀ることは知っていたので、その総本山となる伏見稲荷大社に行くことにしました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日帰りの予定だったので、朝早くから動きましたが・・夏休みの影響なのか、早めのお盆休みなのか?家族単位で出かけている方々が多く、いつもとは違う雰囲気でした。

日本の交通インフラが良いのはもはや世界の常識。スムーズに京都駅に到着、奈良線で稲荷駅へ向かいました。

この構図は、個人的にとてもかっこいいと思いました。

ご祈祷の手続きの順番などはホームページから練習しましたので(それでも広くてちょっと迷いましたが)、受付は簡単にできました。

私が外国人だからか、書くのは受付の方が書いてくれました。

これまたスムーズに、ご祈祷を受けました。詳しくは聞き取れませんでしたが(聞き取れたところで私には意味がわからなかったでしょうけど)、神職の方が私のために神様に祈りを捧げてくれました。そして私も二礼二拍手一礼と、感謝と願いを捧げ、その後、神楽がありました。

 

明日は神棚を用意し、毎日の朝、水、塩、米を捧げるつもりです。

他の「お下がり」は私が食べればいいのでしょうか?

 

人が多すぎで「レナの写真は無理かな」と思ったけど、「ちょっと待て。千本鳥居の外には人がいないんじゃね?」と思って見てみたら、誰もいませんでした。ビンゴです。

 

後は「英国屋」というレストランでハンバーグを食べました。トマトサラダが「トマト一個丸ごと」出てきてびっくりしました。

 

3回目の京都、日帰りでしたが、ご祈祷のこともありましたし、いままでとはまた違う感動がありました。

後でもっとゆっくり回ってみたいものです。

それでは、皆さま、明日またお会いしましょう

(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

今回は2018年になってからの出来事、北朝鮮の非核化問題、南北首脳会談のこと、韓国社会の親北化、韓国社会にあふれている市民団体の政治権力化と直接民主主義への渇望、そして慰安婦合意不履行宣言のことなどを扱っております。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

185+

88 Replies to “伏見稲荷大社でご祈祷を受けてきました”

  1. 今さらのコメントですが…

    (いすたさんコメント)
    >また伏見稲荷は我が太秦ゆかりの渡来人秦氏の創建とも言われています
    秦氏は諸説ありますが半島からの渡来人であることは確かなようで、シンシアリーさんともご縁があるかもしれませんね

    (7743さんコメント)
    >たしか渡来人の秦氏が建立した神社ですね
    彼らは日本の土となる決意で来てその通り日本の欠くべからざる伝統の一部になりました。こういうのも縁ですかね
     
     
    ……ということは、これからは、
     
     秦(しん)・シアリー
     
    ですね (笑)。

  2. >とろいやさん
    無神論 無心論 いやはやお恥ずかしい。

    確かにキリスト教的な意味の万能の神はいないと思っています。
    とくにキリスト教の神様は、人間に都合が良すぎる存在です。

    神様がいたら、加護どころか人間の命なんかなんとも思わない。
    例えば、家の外にありがいても気にしないけど、家の中にアリが入って来たら、家の中に入って来たアリかどうかなど
    気にもとめずに巣ごと駆除する。そんな目で人をみていると思っています。

    津波や地震や噴火等が人を区別しないようにね

    でも、大いなる自然には畏怖しますし、神棚にも仏壇にも手を合わせて、参拝にはよくいってますよ。

    >A太郎さん

    >帰化ではなく、政治亡命ですよ。
    政治亡命なんかしたら、もう韓国に戻れません。

    オソンファさんは帰化でしたが、
    それでも母親の葬儀に参列するための帰国が赦されませんでした。

    親の墓参りにいけない、なつかしい友や親族にも
    あいにいけない。政治亡命なんか
    最後の最後の最後の手段ですよ。

    1. >家の中にアリが入って来たら
      「紳士アリ」なら、大歓迎ですね(笑)

  3. そのハンバーグは東洋亭ではないでしょうか。

  4. >こんな時だからこそ、私が自分で決めた自分の人生への決意が
    >弱くならないよう、「これまでの1年半の感謝と、
    >帰化まで(最速で後3年半)お力を貸してください」と、
    >祈りを捧げました。

    これは、良いことだと思いますね。
    シンシアリーさんは、日本に移住を決断した時から今まで、
    ずっと同じ目標を見て、そしてそこへと続く道を
    まっすぐに歩き続けてきたんだな、と感じました。

    シンシアリーさんの日本移住の当時、
    私はまだ無印「名無しさん」だったわけですが、
    その名義でこういうコメントを書いたことがあります。

    「いずれ虚無感・孤独感に苛まれ、
    道を見失うこともあるかもしれません。
    そんなときは、今の気持ちを思い出すことです。
    きっと今の気持ちは、はっきりと自分の進む道の先を
    思い描けていることでしょう。
    それを忘れずに、何度も思い返しては、どっちが前なのかを
    しっかりと確認しながら進んでいくことです。」と。

    今がシンシアリーさんにとっての「その時」なんでしょう。
    今回は孤独感に苛まれて、ということではないでしょうが、
    おそらくは日本移住をご決断された当時の気持ちを
    思い出されているのではないでしょうか。
    人間誰しも迷うものです。弱いものです。
    それでも、あの時の道の先に見えていたものが
    今もシンシアリーさんの目に見えているのなら、
    きっとこれからも迷うことなく、
    その道をまっすぐに進んで行けると信じて。

  5. 京都在住のMS-06です。
    ようこそお越しやす。

    伏見稲荷は裏側が面白いですよ。日本中の神社の末社?摂社?があります。?がつくのはどう考えても関係ない新興宗教や道教のお社もあるから。
    日本のおおらかな宗教観をあらわしていると思います。

  6. シンシアリーさんの帰化手続きが滞りなく進みますように!

コメントは受け付けていません。