韓国専門家「北朝鮮産石炭輸入は問題だけど、韓国だから大丈夫」

石炭3部作(?)、3部です。

米国が韓国にセカンダリーボイコット(制裁対象国と取引をしている第三国の企業・銀行などに対する制裁)を行うのではないか、という指摘が、極めて一部のマスコミから出てきます。

中央日報がこの件を「専門家」たちに聞きましたが、その中に妙なものがあったので紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・キム・ヒョンウク国立外交院教授は、「(北朝鮮産石炭密輸は)セカンダリーボイコットにあたいすることではある」としながらも、「しかし、韓国が米国の同盟だし、対北朝鮮政策を一緒に協力して推進しなければならない対象であるという点で、例外的なケースを適用する可能性が大きい」と述べた。

企業が間違ったのは確かだが、韓国に打撃を与える場合、米国の対北朝鮮政策にも支障が発生する可能性を考慮して、警告レベルで済ませるだろうということだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20180810185126360

 

今回の件が警告で済む可能性なら、あるでしょう。ただ、この考え方・・どこかで見たことがある気がします。

盧武鉉大統領の頃、「バランス」という言葉をやたら強調しながら、韓国はちょうどこんな主張をしました。「米国も中国も韓国を味方にしたがる。だから韓国は両方から得ができる」。韓国はなにをやっても大丈夫だ、韓国は例外だ、そんな主張です。そういえば、南北経済交流を北朝鮮制裁の例外にしてくれと、韓国は国連に公式に要請しています。

「規則から例外になれること」は、韓国人にとって「他の人より上に立つ」のと同じ心理です。それを楽しんでいるのかもしれませんね。

いつまでそんな夢に浸っていられるのでしょうか。韓国は。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

118+

84 Replies to “韓国専門家「北朝鮮産石炭輸入は問題だけど、韓国だから大丈夫」”

  1. ほう!なるほど!
    南朝鮮は勝手なことをやらかした上に、更にアメリカに脅しをかけた訳だ。
    何をやらかしても警告レベルで済むんだろうから、もっとやれ。笑

  2. 何時まで続ける積りだろう?
    両班の様に振る舞い、奴隷の様に遜る(へりくだる)民族。

    1. 両班のように高慢に振る舞い、奴隷の様に諂う(へつらう)民族

  3. この教授の思考回路から色々なものが窺えますが、今回面白いなと思ったのは、米国の特別扱いや甘やかしへの期待の根拠が同盟国への信頼関係があるからではなく、自分が有利と感じるある種の脅迫関係への期待が色濃く出ている所ですね。
    自分に価値があって相手に弱味が有るから相手は下手に出るだろうという。
    韓国が協力しないと北朝鮮問題で米国が困るだろう、だから米国は韓国を厳しく叱れないだろう。(叱られたらヘソを曲げますともとれますねw)
    実際に人間関係には、少々の脅迫関係が介在すると思うのです。
    ですが韓国をウォッチして感じたのは、その人間関係構築に付随する脅迫関係が尋常じゃないところなので、バイアスがかかっているとしてもこの人にとって自然な発想なのかもと思ったりしました。

    1. 一部違うんです。
      普通の人間関係にあるのは、信頼をもとにする(裏切ったら相手に悪いな、自分の信頼を損ねるな)関係なのですけど、特あの人間関係にあるのは、強迫関係なんですよ。

  4. 今回は警告で終わるんじゃない?
    同盟とかじゃないけどw
    根拠はない。感だから。

  5. 永井豪 の作品「まろ」を思い出しますね。

    貴族の「まろ」が貴族の生活に飽きて、自分と顔がそっくりの乞食と服を交換して乞食の生活を楽しんだ(?)あとで、その乞食と服を交換して元の生活に戻ろうとする。

    でも、服を交換した乞食も素行の悪さから貴族社会から追放されてまた乞食になっている。二人とも衣装を交換したが、二人とも乞食になって道端に座っている。

    で、その乞食が言うのです。

    「最初から”まろ”という人はいなかったのです」

  6. お得意の「自分は別格バイアス」やなww
    それで散々失敗してきたのに、歴史から何も学んでないのうww

    更に今の米国は頭を叩きながら韓国に忠告してるのも気づいてないww

    1. 浅原ショウコウのシャクティパッドを思い出してしまった。
      何回も叩かれていると無我になるんですよね。

  7. >>韓国が米国の同盟だし、対北朝鮮政策を一緒に協力して推進しなければならない対象であるという点で、例外的なケースを適用する可能性が大きい

    理解していたつもりではありますが、ここまで楽観的に考えられるのはすごいですね。同盟国だからこそ制裁の順守を強く求められる可能性の方が高いと思うのですが。
    今度は「米国から後ろ頭を叩かれた」と発表するのでしょうか。

  8. 韓国は米国からこれまでキツイお灸を据えられたことないんじゃないんですかね。
    だから、こういう風に思ってしまうのも仕方ない気がする。
    トランプの対北姿勢も中途半端だし、反省するフリをしたらなあなあになる可能性もあるのではないでしょうか。

  9. 2015年3月30日
    尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官 「米中からのラブコール、ジレンマではなく祝福」

  10. 特別扱いが好きかー。
    そういう人がいるのは知ってますが、私は気に入ったお店から常連扱いされ始めると気まずくなって足が遠のくタイプなのでその心理がよくわかりません。
    しがらみが無いのが楽でいいです。

コメントは受け付けていません。