いつものこと

いつものことですが、「妙」な記事があったので紹介します。

これもまたいつものこと、韓国の市民団体が「自分側に有利にしてくれ」と抗議している事案があります。現在、韓国では「独立運動有功者(何かの功績がある者)」として認めてもらうには、「日帝によって、3ヶ月以上は牢獄に入れられたことがある」という条項があります。それを廃止せよ、という抗議です。

1913年に安昌浩(アン・チャンホ)が設立し、ずっと反日活動をしてきた興士団という団体です。「世界から尊敬される模範民族を養成する」がスローガンだそうです。いつものことですが凄いスローガンですね。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

確かに功績を評価するのに「投獄3ヶ月以上」というのはちょっとおかしな条項ではあります。でも、韓国が主張する独立運動というのは、今朝紹介した脱北者たちみたいに、「捕まったら無条件で投獄され拷問され死刑される」ものでした。そう考えると、ある意味では、「3ヶ月以上投獄されていない」って、その設定に合わないとも言えましょう。

 

おかしいのはそこだけではありません。団体が主張している事例として、安昌浩の姪であるアン・メッキョル氏が、「妊娠した体で日帝の拷問に耐えたのに、獄中にいた期間が3ヶ月未満だから独立運動有功者になれないでいる!」というのです。

なんで3ヶ月未満だったのかというと、「臨月だから仮釈放された」からだそうです。妊娠したのに拷問をして、臨月だから釈放した・・・?

いったい何を言っているのか、まったくわかりません。でも、訳わからないのもまたいつものことです。

余談ですが、アンメッキョルは当時、ソウル市の女子警察署長でした。独立運動家たちに軍資金を渡したりして、逮捕されたそうです。

https://news.v.daum.net/v/20180811134554524?d=y

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

130+

40 Replies to “いつものこと”

  1. 本当に韓国人の言うこと、やることは、人が変わっても全く同じで、いつものあれですねで終わってしまいますね。

  2.  日本でも拷問やリンチが刑務所で問題になることはあります。有名な「名古屋刑務所リンチ殺人事件」などがそうです。そして個別事案の拷問やリンチは戦時中も併合時代もあったとは思います。しかしあくまで全体がそうしていたと言うことではなく、そういう刑務官もいたというレベルです。

     韓国は日本が国全体で、軍全てで朝鮮民族を迫害したと主張したいのでしょうが、文献や史料を見る限りでは反例が挙がりすぎます。慰安婦問題についても日本人は聖人君子ではないのですから、いくら規律が整えられていたとはいえ、例外的に朝鮮人をむごく扱う人もいれば、女衒のようなことをした軍属もいる可能性は否定しません。
     慰安婦にしても徴用工にしても韓国人に聞きたいのは「普通に働く人より、割高か、場合によっては数倍の給与を取得していた奴隷」などというものが世界史的にも理屈としても存在するかどうかです。給与明細自体は山のように史料が残っていますので否定しようがありません。

    1. 小林多喜二は拷問でとの話もありますが
      宮本顕治にはそんな話を聞きません
      慰安婦は存在しました。日本人が少ない朝鮮で女衒となるのは朝鮮人でしたでしょう。
      朝鮮人に論理的な話は通じません。「韓国に愛は無いニカー」との話は有名です。
      日本が全て正しいなどとは思ってません。少しでも平安に暮らせる国になって欲しいと思います。

      1. 宮本顕治は木刀で殴られて居る。誰が殴ったか個人名も挙げている。日本人の宮本とは朝鮮人は違うのでごっちゃにするな。

      2. >なんだろさん

        明治政府は
        重要なことは、拷問は法律で禁止していた。
        って、事実です。

        日本人がイメージする拷問と、韓国人がイメージする拷問は
        まるで違うんですよ。

        だから、刑務所には(拷問器具)が存在していないし、
        江戸時代には確かに拷問器具が存在していましたが、
        江戸の拷問器具と朝鮮の拷問器具はまったく異なるのです。

        韓国人は、れっきとした(朝鮮の拷問器具)を
        もちいて、併合時代に日本が拷問を行っていた。と、いってるのです。
        実際に、韓国では資料館に日本人が刑務所で使っていたとっても残酷な(朝鮮の拷問器具)を展示しているそうです。
        オソンファさんの話では、それらの(朝鮮の拷問器具)は、
        イスンマンが、WW2の後で、併合解散したあとで使用したいたもので、イスンマンの拷問器具を、日本が使っていたものとして
        展示し、それを多くの韓国人が信じている。ってことが問題なんです。

        日本人がイメージする拷問とか、
        禁止されていた拷問を、取調中に(ばれないように顔には傷を残さないように、服の下から殴っていた)とか等でしょうよ
        取調官がこっそりやっていた。って、

    2. >匿名さん

      韓国人は、ww2後でも、韓国政府が拷問を行っていたそうです。
      それを日本の蛮行として、いまでも展示しているんですよ。

      西大門刑務所歴史館のハイライトとも言える”地下拷問部屋”へとやってきました(^^)b
      韓国側の資料では「独立烈士たちが日帝警察によって非人道的な拷問を受けた場所だ」と記されている。とか、

      こういうものです。
      ttps://blogs.yahoo.co.jp/yoron_ys11/GALLERY/show_image_v2.html?id=https%3A%2F%2Fblog-001.west.edge.storage-yahoo.jp%2Fres%2Fblog-1b-2f%2Fyoron_ys11%2Ffolder%2F1065971%2F21%2F36574121%2Fimg_5%3F1455982858&i=1

      オソンファさんいわく、イスンマンが戦後に行っていたと思われる
      拷問の写真を、(日本が行っていた)として、展示して
      日本への憎悪を植え付けるのだそうです。

      日本政府は、こんな拷問は禁止していますので、ありえません!
      と、いっているのです。

  3. >なんで3ヶ月未満だったのかというと、「臨月だから仮釈放された」からだそうです。妊娠したのに拷問をして、臨月だから釈放した・・・?

    そもそも明治以降で、日本の刑務所では、拷問はありえません!
    死刑はあります。強制労働もあります。
    が、拷問はありません。明治政府が法律で拷問禁止例をだしていたからです。当時は西洋社会に近代国家と認めてもらいたくて拷問を禁止したわけです。
    西洋社会でも拷問を禁止したのは、19世紀くらいからですが。
    1848年に世界人権宣言第5条(何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱 若しくは刑罰を受けることはない)

    で、独立運動家でも犯罪をおかしてない限りは逮捕されません。
    犯罪者じゃなければ英雄ではない。って、どんな発想ですか。

    1. 「刑務所」では拷問しない。刑務所は判決後に課される懲役の場。問題は「取調べ」と「取調べ」とは直接関係ないが逮捕後に留置されて居る間の拷問。だがこれは朝鮮人だからとか言うことではない。

  4. 慰安婦と似てます。金福童が「8年間慰安婦をやった」と日本を恨んでいるのは、短期間に稼いで上がるつもりだったのがすぐ終戦になってしまい、水商売から抜けられなくなった。朝鮮戦争までやるはめになり、証言がごっちゃになっているのだと思います。
    この人は当時は刑務所から出られて喜んだはずが、後になって3ヶ月収監の規定から外れてしまった。損をしたと怒っている。(なんだか産まれた子供も立場ないですね)
    タイミングが悪いのは自分の運の無さでしょう。

  5. 受刑したならどんな罪状でも英雄ですか。そして刑期で格が決まると。ある意味価値観を日本側の司法に委ねちゃってますね。
    日本人の無辜の市民を騙して惨殺したとしても「敵」だから英雄なんでしょうか?
    韓国で日本人弁護士布施辰治が英雄視されていますが、朝鮮人で代議士も警官も居たわけで、朝鮮人弁護士も居ても良いと思うけど、そう言う人は英雄には成れずに、犯罪者が国家英雄。

    1. 日本でも、刑務所に入った年数とか回数とかで箔がつく人たちが居ますね。暴力団といわれる人たちですがw

  6. まぁ、要するに宗教観に「自らを努力によって救う」ロジックがあるかないかで思考も行動も変化してしまう。

    韓国人の宗教観というのは他を滅ぼす事によって自らが救われる宗教観なので、それは自らの生活圏内に戻ってきてしまう。
    投げたブーメランが自分を刺すように自分達の思考ロジックが自分達を破壊してしまう。

    武道で例えれば当たり前だ。
    必ず相手を殺す武術で生きていればいつか必ず自分も誰かに殺される。
    生き方も同じ事なんですよ。
    相手を必ず倒す、支配する、占領するロジックで生きていれば必ず自分も倒され、支配され、占領される。
    ロジックが食物連鎖するんだから当たり前の事なんだ。

    中華思想というのは賊の殺し合いの頂点による宣言なんだから必ず全員が死ぬ思想なんだ。

    韓国人のロジックの多重事故の始まりが中華思想が思考形態に漏れなく添付されていた事から次々にスリップ事故を起こしているんだからまずは中華思想を排除しなければ、どんなロジックを取り入れても必ず中華思想に染め抜かれて大惨事に戻っていく。

    救いはない。

    1. 注射星人 様
      貴殿の意見 大賛成です。

      <投げたブーメランが自分を刺すように自分達の思考ロジックが自分達を破壊してしまう>。
      日本の反日野党のクズ議員共になぜか? ピッタリ当てはまるのは、クズ野党議員の出自が朝鮮半島で避けられない運命??

      <中華思想というのは賊の殺し合いの頂点による宣言なんだから必ず全員が死ぬ思想なんだ>。
      しかし、日本の反日左翼のクズ共は理解できない!

      <韓国人のロジックの多重事故の始まりが中華思想が思考形態に漏れなく添付されていた事から次々にスリップ事故を起こしているんだからまずは中華思想を排除しなければ、どんなロジックを取り入れても必ず中華思想に染め抜かれて大惨事に戻っていく>。
      「これが超汚染国人には、理解できない!」

      <救いはない>。
      その通り!で 日本は、絶対に係わらない事!

コメントは受け付けていません。