予言と迷言

いくつかのネタを提供し、本ブログでは思ったより早めにオワコンになったドリューキング氏。でも韓国では一時の話題性は無いものの、そこそこニュースになっています。

さて、彼が与党側の大物議員(今は慶尚南道の道知事です)にコメント操作の対価として「仲間を大阪総領事にしてくれ」と請託したことがこの件の核心でもありますが・・

その内容、いままでは「こんな話だそうだよ(ヒソヒソ)」とされていましたが、具体的な内容が明らかになりました。

ほぼ噂通りで、「日本は2018年沈没する。在日コリアンと日本の企業を北朝鮮の開城工業団地に移すため、仲間を大阪総領事にする」ということです。ソース記事にはありませんが、なにかの予言を解釈したものだ、とのことです

https://news.v.daum.net/v/20180811101333550?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

6月に本ブログで紹介した「罪深き日本、統一まで邪魔する気か~青春と克日民族主義~」という本にも、同じ趣旨が書いてあります。著者のホ・ムンド氏は長い間、朝鮮日報の日本特派員だった人で、国家機関の長官まで歴任した人ですが・・

「2010年に韓国が日本に勝つと、日本人が書いた本がある」「南朝鮮のおかげで世界が繁栄するという予言がある」と、その本には書いてあります。面白いのは、この本は2010年にホ氏が連載した内容を集めた本ですが、2014出版です。2014年の本に「2010年に~」と書いてあるわけです。

特にこの本は、統一関連の国家機関の長官だった人が「統一のためには民族主義が必要で、民族主義のためには反日が必要だ」とする主張を露骨に展開している本だけあって、9月2日発売予定の拙著「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にもちょっとだけ紹介しています。

 

他にも、どうしてこう予言に頼る人たちが多いのでしょうか。

有名なものとしては、韓国のメシア伝説「鄭道令(チョン・ドリョン)」というのもあります。「ドリョン」は人の名前ではなく、若い男への呼び方です。

未婚の男を「チョンガック」と呼びますが、その尊敬語となります。最近はほとんど使いませんが。

言わば「若くて偉い人で、鄭氏」という意味ですが・・・・いつどこから出てきたかは分かりませんが、一般的には「韓国民族の指導者」だそうです。様々なパターンがありますが、「チョンドリョンの出現で、韓国民族が世界をリード出来るようになる」「韓国がついに日本に天罰を下す」などという共通点はあるようです。

一時は大統領候補に鄭氏がいて、「ついにおいでになった」と巫俗(民俗信仰)関連者たちが大騒ぎになったこともあります。結果はダメでしたけど。

 

普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。宗教的に言うと「迫害されている」ときですね。

でも、誰も韓国を迫害していません。

ひょっとすると、韓国人の反日思想は、自分で自分を迫害するものかもしれません。

 

🍎🍉🍅🍆🍊お盆休みが始まりました。皆様、よきお盆を過ごしてください。

シンシアリーは原稿の最終調整(もうすぐ完成です)もあるし これといっていくとこもないので 家で待機です。ただ、月曜日の夜には、いつもと違うレナスレでも書けたら・・と思います。いつもの姉と姪は、9月の秋夕(チュソク、旧暦8月15日)に遊びに来ることになりました。今年こそは無事来れるといいのですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“予言と迷言” への56件の返信

  1. 日本が必ずホロン部と予言して、当たらなければ自力で日本を滅ぼそうとするのが朝鮮人であるわけでして。

  2. これといっていくとこがないなら

    暑い夏のちょっとした気晴らしとしては
    秩父の川下りなどがおすすめです。

    長瀞で、岩の景観を楽しみながらの川遊び

    屋台であゆの塩焼きや長瀞のかき氷を食す
    そのあとで秩父温泉「満願の湯」とか
    秩父のスパ「星音の湯」「花悦の湯」などでひと汗流す
    「檜露天風呂」「岩露天風呂」や足湯や岩盤浴
    「薬草花悦の湯」の薬草の湯 など色々あります。

    日帰りでいってこれるし夏を満喫できます。

    ttps://fun-chichibu.com/2681/
    長瀞川下り
    前に友達といってきましたが楽しかったです
    ひとり旅でも最適です。

    冬はコタツを設置して、1年中やっているようですが
    なんといっても川遊びは夏の遊びですよ

  3. ここしばらく聞かなかった「永遠の10年後」の再来ですなぁ
    不況の影がいよいよ濃くなってきたということでしょう

    一度しかなかった高度経済成長の時期は過ぎ、少子化に
    ライバルもたくさん現れるし、そいつらにできない
    オンリーワンも持ってない…でこれまでみたいに
    「10年後には日本を抜く」と純粋に自国の可能性を
    信じられなくなったと。
    今度は「日本がダメージ(天罰())を負って没落。韓国が
    繰り上がることで日本を抜く」
    というパターンの妄想が主流になるんでしょうなぁ

    トンイル前ならまだ「トンイル特需で日本を抜く」って
    パターンもあるでしょうけどね
    現実の北朝鮮は世界最悪の負債にしかなりませんが

  4. 韓国人というのは、新興宗教にのめり込んだ人のようですね。

    >未婚の男を「チョンガック」と呼びますが

    ちなみに、日本でも「チョンガー」は大昔に使われていたのは本で読んだことあります。
    あと、タバコを意味する「タンベ」も同様に韓国語からの転用らしいです。

  5. まぁ、生まれて最も強く教えられることが「恨み」なんだもの。
    それも、嘘だらけのw
    今が彼らの末世なのでしょう。
    いつものマッセ

  6. 半島の場合は
    日帝時代の3.1運動もキリスト教の宣教師の扇動があったらしいし
    韓国の初代大統領はアメリカでキリスト教国家を造りますと宣言した牧師だし

    宗教を歪に変質する土壌があるのかね?
    儒教さえも韓国の場合は「腐れ儒教」で悪い部分だけが色濃く残ってる。(日本も論語を基本にした儒教国ですけどね)

    政治と宗教が(変な意味で)密接なのも異常だよね。
    鉄杭を引き抜くのに国から金が出ていたりねw。
    総督府の建物を破壊した時も反日だけのクセに、風水を理由にしていたよね。

    1. >「日本は2018年沈没する。在日コリアンと日本の企業を北朝鮮の開城工業団地に移すため、仲間を大阪総領事にする」

      一つ気になっていたことが
      オウム真理教が過激な破壊活動に出る前に
      彼らは世紀末思想で信者を騙し、全財産を寄付させ、信者と南の島に移住を試みます。オウムは2度ほど繰り返しました。
      最近、韓国でも同じような事件を新興宗教が起こしましたよね。

      オウムと朝鮮系は密接だったのは皆が知ってる事ですが
      半島の宗教と世紀末的な思想はリンクでもしてるんですかね?
      半島宗教の特徴のような気もします。

  7. 日本における(予言)の歴史

    で、昔、日本においては仏教の末法思想がひろまり、(1052年)が、その末法が到来する時だとと信じられていました。当時の日本の仏教は民衆救済の側面はあまりなく、仏教信仰は貴族中心で僧侶達も公務員に近く、元貴族の出が多かった。で、ブッダの教えがわからないなら、阿弥陀如来に縋ろう!
    で、この時代に末法思想が広がると阿弥陀如来信仰が爆発的に広まり、

    「阿弥陀如来こそ最高の仏である!」という信仰も生まれ始め、これが浄土宗・浄土真宗へと繋ながり、時の最高権力者の藤原の道長も、阿弥陀尿来信仰を広めて、写経したり、法成寺を建立したし、道長の息子の藤原頼通が、平等院鳳凰堂を建立したりで、それまで仏教に無縁だった一般大衆にも仏教=あみだ様(あみだくじの語源)となって、これ以降、日本の仏教はお釈迦様よりも阿弥陀様の信仰が広まったそうな

    あみだくじとは、あみだにょらい様の後光がもと。
    これにどんどん線を足していって
    あみだくし〜 あみだくじ〜 ひいて楽しい あみだくじ〜
    と歌いながら、あみださまに運命を託す くじびきのことです。

    1. 多くの外国人が勘違いしている日本の仏教の世界
      平等院鳳凰堂は日本人のおとななら、ほぼ全員が知っています。
      10円玉に刻まれているアレです。平等院阿弥陀如来座像は国宝で
      世界遺産高野山 阿弥陀如来像
      世界遺産三仏堂 阿弥陀如来像
      世界遺産平泉 中尊寺 金色阿弥陀如来像(国宝第一号)
      と、日本人にとっては、お釈迦様より、阿弥陀様信仰がなじみ深く、
      一般的なのはすでに今から1000年の昔に予言だった(末法思想)によって、
      お釈迦様の正しい教えはわからなくなっている時代に到達した(という前提)で
      寺=ブッダ ではなく、あみだ となっていた経緯を外国人はわかってないのです。
      これから末法時代が到来する のではなく すでに予言は1000年も昔に到達していた という設定の仏教界なのです。

  8. >普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。宗教的に言うと「迫害されている」ときですね。
    >でも、誰も韓国を迫害していません。

    韓国以外の国では、予言が流行るときは
    先行きに不安があるとき です。
    株が暴落したり、天候不順が続いたり
    「今はいいけどこの先は…」で、心配でこの世の終わり説が流行る。なので、自分が「苦しめられている。迫害されている」時ではない。
    けど、韓国の予言は、心配ではなく「願望」なんです。
    「日本沈没が起きて欲しい」自分が嫌いな奴が酷い目にあって欲しい。
    この点が、韓国らしいっちゃ、韓国らしいですね!
    ちなみにキリスト教でも、仏教でも「人類滅亡の予言」を擁しています。
    最後の審判と末法思想。キリスト教のアルマゲドン説は、シンシアリーさんの方が詳しいでしょうから
    浄土信仰において、末法(ブッダの入滅から時間が経過しすぎて、正しい教えが伝わらなくなっている時代)は仏教徒にとって絶望の時代の到来を意味する。

  9. お姉さんと姪御さんのドタバタ日記、
    また期待してます。
    でも、どうなんだろう。
    いちおう知識人に属する友人に、共同体に関する
    考え方を、フランス革命に関する過剰な願望、
    つまり60-70年代の左翼騒乱を抑えて、再構築したら
    と言ったけど、なにをどうすれば、という感じだったな。
    そもそも、状況が分かってない。
    まあ、他の学問の関係で、当て擦りで言ったんだが、
    反応の悪さにびっくりした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。