予言と迷言

いくつかのネタを提供し、本ブログでは思ったより早めにオワコンになったドリューキング氏。でも韓国では一時の話題性は無いものの、そこそこニュースになっています。

さて、彼が与党側の大物議員(今は慶尚南道の道知事です)にコメント操作の対価として「仲間を大阪総領事にしてくれ」と請託したことがこの件の核心でもありますが・・

その内容、いままでは「こんな話だそうだよ(ヒソヒソ)」とされていましたが、具体的な内容が明らかになりました。

ほぼ噂通りで、「日本は2018年沈没する。在日コリアンと日本の企業を北朝鮮の開城工業団地に移すため、仲間を大阪総領事にする」ということです。ソース記事にはありませんが、なにかの予言を解釈したものだ、とのことです

https://news.v.daum.net/v/20180811101333550?rcmd=rn

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

6月に本ブログで紹介した「罪深き日本、統一まで邪魔する気か~青春と克日民族主義~」という本にも、同じ趣旨が書いてあります。著者のホ・ムンド氏は長い間、朝鮮日報の日本特派員だった人で、国家機関の長官まで歴任した人ですが・・

「2010年に韓国が日本に勝つと、日本人が書いた本がある」「南朝鮮のおかげで世界が繁栄するという予言がある」と、その本には書いてあります。面白いのは、この本は2010年にホ氏が連載した内容を集めた本ですが、2014出版です。2014年の本に「2010年に~」と書いてあるわけです。

特にこの本は、統一関連の国家機関の長官だった人が「統一のためには民族主義が必要で、民族主義のためには反日が必要だ」とする主張を露骨に展開している本だけあって、9月2日発売予定の拙著「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にもちょっとだけ紹介しています。

 

他にも、どうしてこう予言に頼る人たちが多いのでしょうか。

有名なものとしては、韓国のメシア伝説「鄭道令(チョン・ドリョン)」というのもあります。「ドリョン」は人の名前ではなく、若い男への呼び方です。

未婚の男を「チョンガック」と呼びますが、その尊敬語となります。最近はほとんど使いませんが。

言わば「若くて偉い人で、鄭氏」という意味ですが・・・・いつどこから出てきたかは分かりませんが、一般的には「韓国民族の指導者」だそうです。様々なパターンがありますが、「チョンドリョンの出現で、韓国民族が世界をリード出来るようになる」「韓国がついに日本に天罰を下す」などという共通点はあるようです。

一時は大統領候補に鄭氏がいて、「ついにおいでになった」と巫俗(民俗信仰)関連者たちが大騒ぎになったこともあります。結果はダメでしたけど。

 

普通、人が予言に頼るのは、「苦しめられている」時です。宗教的に言うと「迫害されている」ときですね。

でも、誰も韓国を迫害していません。

ひょっとすると、韓国人の反日思想は、自分で自分を迫害するものかもしれません。

 

🍎🍉🍅🍆🍊お盆休みが始まりました。皆様、よきお盆を過ごしてください。

シンシアリーは原稿の最終調整(もうすぐ完成です)もあるし これといっていくとこもないので 家で待機です。ただ、月曜日の夜には、いつもと違うレナスレでも書けたら・・と思います。いつもの姉と姪は、9月の秋夕(チュソク、旧暦8月15日)に遊びに来ることになりました。今年こそは無事来れるといいのですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

“予言と迷言” への56件の返信

  1. 宗教の始まりには予言がある

    が、日本の神道には、人類滅亡説はでてきません。
    神道の予言に近いのは、
    「天照大神の子孫である、天皇の一族が、日本人を代表して
    八百万の神々を祀り続ける限りは、八百万の神々より、豊かな水と緑、そして豊穣の稔を与えてもらえる」で、これが神社の春と秋の例大祭の根拠となっております。
    春には天皇自らが田植えの儀式をして豊作を祈願し、
    秋には稲刈りの儀式をして神々に収穫の感謝を伝える儀式を行います。

    仏教の予言に対しては、阿弥陀如来と弥勒菩薩がおりますが

    日本の阿弥陀如来は
    神社界のお稲荷様以上のポジションであり
    我が国の寺院の半分以上の本尊は阿弥陀如来で
    鎌倉の大大仏もあみだ様です。

    今から1000年前までは、貴族や僧侶、貴族の血筋の武士以外は文字が読めず、
    全て漢文でかかれているお経がまったく読めず、その意味もわかりませんでした。
    で、末法思想から阿弥陀如来信仰が広まりましたが。
    お釈迦様<世の中苦しいことだらけだよね。苦しみのない世界にいく道を見つけたよ。
    ただし修業と悟りが必須だけどね。

    阿弥陀様<48の大願の18番目に(どんな人も、苦しみの根本を抜き、絶対の幸福にする)誓いをたてた。無学で煩悩まみれの人であっても南無阿弥陀仏(私は阿弥陀様を信じます)と唱えさえすれば、死後に極楽浄土にいけますよ。

    極楽というのは、天国とは違って修業道場で、死後に阿弥陀様を主とする極楽で修業をつんで、修業を終えれば浄土という(煩悩のない清浄の世界)にいける。

    キリスト教が生前、善人しか天国にいけないのに比べて、
    あみだ様は、生前どんな悪人であっても、死後んでから極楽で修業を積めば、浄土にいける。と、説いたので、日本ではキリスト教が流行らなかった理由でもあります。

    で、日本には韓国のような、他人の不幸を願う予言がないのは
    「人を呪わば、穴二つ」といって、呪われた人も、自分自身も不幸になる。といわれて
    タブーとしていたからです。

    シンシアリーさんには
    神道だけじゃなく、日本の浄土信仰とその歴史にも、多少のご理解いただけるとうれしいものですが

    1. 浄土真宗の大谷派の幼稚園でした(笑)
      寺に泊まったり、甘茶の行事や歌を歌ったりwwみ仏様の~
      韓国の祭日に「仏誕節」(旧暦4/8)があるんですね
      日本の仏教も複雑で理解出来てません

      実家は浄土真宗ではなく日蓮宗でした?親はなに考えてたんだろ?

      1. >もうさん

        >日本の仏教も複雑で理解出来てません

        日蓮が誕生したのは、今から800年前で13世紀。
        日蓮の思想は、念仏仏教である浄土宗のアンチテーゼです。

        日蓮は「死後の幸せのみを願う「末法重病の衆生」では、
        生きている間には幸せになれない。としておしゃかさまの教えである(法華経)こそが最高の教義である」と説きました。

        浄土宗を邪宗と呼んで、幕府に浄土宗を放置すれば、国内では内乱が起き、外国からは侵略を受ける。と強く進言します。(1274年)の蒙古襲来の5ヶ月前に、幕府へ外国から侵略を受けると予言してあてましたね。

        平安から鎌倉、室町時代の最高権力者は、帝でも貴族でも武士でもなく寺院で、坊主達だったんですよ。金も軍事力も持っていて宗教戦争(派閥争い)も多かった。
        それを16世紀に、侍達の信長、秀吉、家康、徳川秀忠、家光5人がやっと寺院の荘園制度を壊して、寺から権力を排除し、その代わりのお寺の経済基盤として檀家制度を設けました。

        檀家制度は本人達の思想や宗教とは関係なく、家の世襲制でお寺の檀家となるので、お墓を守るお寺と、本人達の宗教が正反対であってもおかしくはないのですよ。

        ご実家のお墓が浄土真宗で、本人の宗派がその正反対の日蓮宗であっても、
        日本の歴史上はおかしくないかと思います。
        だいたいが、浄土宗と浄土真宗では、どんな悪人でも死後に幸せになれますが、生前の幸せは約束していません。

        生きてる間に、仏様の教えで幸せになりたいのなら、日蓮宗とか禅宗のほうが勉強になるかと思いますしね。

  2. >「2010年に韓国が日本に勝つと、日本人が書いた本がある」

    いくらでもあるんじゃないですかね。
    「もう日本は終わり、これからは中国・韓国に負ける」
    「もう欧米は終わり、これからはアジアの時代」
    「もう資本主義・西洋物質主義・拝金主義文明は終わり、これからは東洋精神文明の時代」
    やらなんやら、もう30年くらい前からずーっとやってますよ。
    いや、もっと前からかも?50年前にはもうあったかも……?

    西洋は個人主義で人の心を壊す、東洋は人の和を大事にする(中国は?韓国は?北朝鮮は?)
    西洋は自然破壊、東洋は自然と共に生きる(中国の砂漠化は?)
    ……などと、ただの欧米コンプレックスの発露なんですよ。

    その根っこは、近代化に遅れた中国と、米軍に負けた日本のシンパシー。
    日本はその後復興できたのでそんなのを引きずってる人は減りましたが
    中国は「アヘン戦争以来の屈辱を晴らせ」と今になって侵略傾向にあるようですね。
    ソ連のように内部崩壊で潰れそうですけど。

    1. >>匿名様
      10年あるいまもっと前から「中国が十分に発展したら大国に相応しい行動を取ってくれる」といった言説を見ましたが、とてもそうとは思えません。
      こういった人を見ていると欧米コンプレックスをこじらせて中国にあらぬ願望を投影しているという印象を受けます。

  3. 以前みずきさんが「韓国の人は未来の『予測』と『願望』の区別がついていない」というような内容を書かれていましたが、これも予言の形をした『願望』なんでしょうね。

    チョン・ドリョンの話も、聖書の「最後の審判」的で、いつ頃作られた話なのか、興味深いです。
    そして「鄭道令」で画像をググると、なぜか道路上で裸になって警察官に制止されている男性の写真がたくさん出てきましたw

  4. 南朝鮮のおかげで世界が繁栄する。
    確かに。
    壊れやすいが安い車が手に入るようになったし、火を吹くが高級っぽいスマホがみんなに行き渡ったし、記憶に残らない安っぽいドラマがたくさん見られるようになった。
    ある意味世界の繁栄に貢献したのではなかろうか。
    2019年以降は中国がその役割を担っていくことになるので、これまでの短い期間であるが細やかな功績に対し、世界は南朝鮮にご苦労さんと声をかけるでしょう。

  5. 黙示録もノストラダムスもそうだけど、
    予言書ってかなりぼかした言い回しに
    なっていますよね。

    言い換えればなんとでも解釈できる。
    そんな表現になっているものが多い。

    まあ、そういう言い回しの方が
    重々しい感じで信頼性が増すのかも。

    韓国の予言ももう少し荘重な言い回しに
    した方が……って余計なお節介ですね。

  6. そういえば朝鮮半島がルーツの麻原彰晃も、
    ノストラダムスの予言の解釈について、「これは私の事でしょう」と真顔で言っててドン引きしました。
    (テレビで観ました)

  7. 自分の家に親しい誰かが遊びに来てくれる、というのは、本当にわくわくしますよね!
    楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。