ゲンカガ-

いろいろピンチの京畿道知事、李在明(イ・ジェミョン)氏。急に「公共建設の原価を公開する」と宣言しました。

「イ・ジェミョン京畿道知事が公共建設事業のコスト資料を公開することと、標準の市場単価の適用を推進しながら、建設業界の反発が激しい。業界では、営業秘密の露出と、中小建設会社の被害が予想されるとし、反発する形だ。知事は、業界に公開討論を提案して関心を集めている・・」

https://news.v.daum.net/v/20180812070010384?d=y

前から韓国では「マンションの原価を公開せよ」など、原価にこだわる世論がありました。その話が広域自治体(京畿道)公認で出てきたことから、「全国に広がる」ことを懸念する声もある、とも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

前々から書いていますし、「朝鮮半島統一後に日本に起こること」にも同じことが少し書いてありますが、

韓国人は思わしくない現実の原因を、「なにか理由があるからだ」とは思いません。「誰か加害者がいるからだ」と考えます。

「物が高くて買えない」というくだらない思考で優劣を決めている人たちにとっては、物を高く売る連中が加害者で、それが買える連中も、その加害者の一味でしかありません。

その思考パターンなりの『証拠』が、原価です。

 

だから韓国からは、付加価値や創造性の高いものは生まれません。生まれてもすぐ潰されます。

「韓国人はとにかくこの原価という言葉が好きです。何かを食べる時、買う時、見る時、住む時にも、いつも原価を気にします。

料理を食べながらも飯店とかでは「こんなの原価は~にしかならんよボッタクリだよ」と普通に言うし、何か買う時にも「こんなの高すぎる。原価はいくらだよ」と抗議するし、映画を見る時にも「制作費かなり使ったみたいだな」とかが褒め言葉だったりします。韓国のアニメや映画などで一作に制作費を使い過ぎでコケた大作主義が目立つのと無関係でもないかと思いますが、どうでしょう」

↑2011年7月2日の旧ブログより

 

しかし、不思議なのは、こういう原価とか公平とか加害とか被害とか、そんなことを主張する人たちと、最低賃金を上げるべきだと主張する人たちが、「層」が重なることです。原価がどうとか主張する人ほど、雇用主は悪で、被雇用者が善だと主張します。

ですが、すべての経済システムの根幹には人件費があります。物の価格を原価に近づけるほど、中間過程で誰かが首になります。誰かの人件費が削られます。すなわち、彼らは、「私は甲乙の乙だ。私が得をするために他の乙が被害を被るべきだ」と主張しているわけです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“ゲンカガ-” への73件の返信

  1. 文大統領の所得主導成長とやらは幾らなんでも頭が悪すぎて「これは北主導の赤化統一を内心夢見る大統領による意図的な韓国経済破壊工作なのでは」と疑っていたんですがこの原価にまつわる話を見るにひょっとして本当に韓国の左派政治家に経済というものが全く理解されていないのですかね
    意図的な悪行よりも自覚の無い悪行の方が圧倒的に被害が大きいと思うので対岸で笑ってる気分にあんまりなれないというか、国家が自殺していく様を見ているのはなかなか不憫なものがあるというか

  2. 李氏朝鮮時代は経済どころか商業さえも無かったんでしょ。
    半島には500年の強奪と搾取と物々交換の先祖帰りの原始朝鮮人が跋扈してるんでしょ。

    1. 儒教において商売は悪なので、利潤を得ることが許されないという認識なんでしょうね。

  3. 韓国のこの種のニュースに接するたびに、もやもやと感じていたことを、次のような仮説にしてみました。

    1、韓国(というか、中華文明圏全体の傾向として。朝鮮文化圏では、それが極端になります)では「労働の対価」という概念が無い。
    2、労働とは「奴隷か罪人か賎民」が『当然の義務として』やるべきもの。よって、それに「対価」は発生しない。
    3、労働者にたいして払われる「給与」は、労働の対価としてではなく、「ある身分(例えば、サムソン電子の正社員である)を有することに伴う特権」として与えられる。
    4、ゆえに、労働者の「労働の質」は問われない。
    5、よって、商品の生産・流通において「人件費・必要経費」という概念が成立しない。
    6、結局、「原材料費・仕入れ値」のみを「原価」だと思い込む。

    甲には「特権」が有り、乙には「義務だけ」が有る。この基本的な構造そのままですね。

    1. 成程、万里の長城とかピラミッドの製作を今の経済で原価計算すると作れないのが解る、当時の原価はロハだから。
      毛沢東も共産国家のインフラも金王朝のミサイル開発も同じ経済感覚で作ろうとしてたんですよね。
      でもね、北が核放棄をした時に他国に要求する毀損経済効果と言うのは凄い膨大な経済計算で要求をするんでしょ? 知らない訳じゃないんだ。

    2. >とろいやさん

      おそらく韓国人は、商売のことがまるでわかってないんだと思われます。
      商売=金儲け(あくどいこと)くらいの認識

      労働者がすなわちオーナーでもある。という経験をしてこなかった国。
      日本でいえば、昔はこどものうちに
      大店に丁稚奉公にあがる。きびしいし、ただ働きに等しいけど
      労働の対価は、素人未経験の未熟な子供に
      住居と食事を与えたうえで(仕事)を教えてくれること。
      全員じゃないけど、仕事ができるようになれば身分もあがる。
      手代になればお給料もあがる。
      番頭さんになれば周囲からも一目おかれる。

      そしてのれんわけしてもらえれば、自分が最初からお店を
      はじめるよりも、老舗の信用をつかわせてもらえる。
      労働者が経営者の視点で、自分の仕事をみつめるわけです。

      高校の学園祭だって、模擬店も(お店ごっこ)ですが
      実際に本物のお金を預かるわけで、経営者の視点にたつわけです。
      原価と労働力と廃棄リスクと利益を考えます。

      高くしすぎたら、お客さんは、他のクラスにとられてしまう。
      売れ残ったらそのぶんも赤字。かといって、安くしすぎたら大赤字

      何時間でこれだけの仕事をやったら、いくら貰える。
      って、保証がないのが商売です。
      そしてサービスや希少価値などにも、お金を払うって意識がなさそうですね

コメントは受け付けていません。