韓国、「鉄道連結の事前調査は制裁対象ではない」と言い切る

昨日お伝えした「鉄道連結テスト(南北共同の事前調査なども含めて)が邪魔された」件、市民団体などが激しく反発しています。

また、韓国の統一部は「制裁対象ではない」と言い切り、また推進する意向を明らかにしました。しかし、制裁対象ではないとしながらも、どういう物資が北朝鮮側に移動するのかは「具体的には話せない」としました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、615共同宣言(板門店宣言)実践委員会、平和と統一を開く人たち、民主社会を開く弁護士団体など複数の市民団体が「主権侵害だ」と反発しています。

<南北鉄道連結のための京義線の北側区間に関する南北共同調査がUN軍司令部(UN社)の軍事境界線通行不許可で失敗に終わったことは、米国の反対のせいであり明白な主権侵害という糾弾の声が続いた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180831144200135

 

そんな中、統一部が「南北鉄道連結の共同調査は北朝鮮制裁違反ではない」と言い切りました。しかし、統一部は「南側が鉄道の共同調査の過程で、軽油などを載せて搬出しようとしたことで、国連が懸念を示したという観測」に関連した質問に、「搬出・搬入のリストなどについて具体的に確認する(公開する)ことができない」としました。

https://news.v.daum.net/v/20180831141833349

 

記事を読んで真っ先に気になったのは、「制裁対象ではないと韓国が決めていいのか」でした。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

102+

“韓国、「鉄道連結の事前調査は制裁対象ではない」と言い切る” への48件の返信

  1. 関連記事があったので上げておきます。

    【米国と朝鮮半島問題】米軍は、北朝鮮と韓国を結ぶ鉄道建設計画を阻止
    ttps://blinks.news/usa-korea-nkorea-20180901/
    >米国は北朝鮮との経済協力の前提条件として完全な非核化を要求してきたが、韓国政府は北朝鮮との建設的な関与を支持するなど、あまり極端ではない立場を取ってきた。

    韓国の文在寅大統領は、鉄道連結が年内に完了することを期待していた。

    文氏は、南北関係の改善に相当な政治的資本を投入しており、対北朝鮮制裁が解除されれば、大規模な対北朝鮮投資をするという意志を示している。

  2. >匿名 カーキさん
    >経済制裁の間は何も運ばないという前提で計画を進めてはいかが?
    約束をまるで守らない国がそれを守るとでも?
    制裁中は 鉄道連結をさせないこと。
    これにつきます。
    >そして鉄道を通して人的交流ができたら離散家族も自由に行き来できるようになるかもしれません。
    その前に、北の核の放棄が先です。
    戦争中の国同士ですから、離散家族の前に北のテロリスト達が
    堂々と離散家族の子孫と名乗って、韓国内に侵入してきますわ

    外からの攻撃よりも、国内に多くの北の工作員達が侵入して
    テロ行動をとるほうが、核ミサイルよりずっと多くの人命を奪う事ができますよ

    1. >眠り猫さん
      秘密裏に鉄道開通を目指すでしょう。日米の衛星に監視されてようが
      石炭密輸するぐらいですからね
      鉄道開通後は、南から石油・食料・医療品などが
      北からは安く売れる衣料品・日用雑貨なんかでしょうか

      弁護士の件は同意です
      特に人権派弁護士はたちが悪いと思ってます
      差別利権で利益を出してるようで

  3. 弁護士って決してお花畑ではないですよね。

    公平性に著しくかけるプロのゴネ屋

    依頼者の利益のためには、法律の抜け穴をついてでも
    依頼者に非があっても、そこを隠して、
    利益をもぎとります。
    そして依頼人が泣きついても、勝ちめがない時は
    あるいは報奨金が安いときは、仕事を引き受けません。
    それがビジネスなのはわかりますが、

    弁護士が集めるとろくなことになりません

  4. 犬猫に道理を教え込むことと
    同じむなしさを感じるなあ

     いうことを聞かないときは
     頭をはたくに限るよ

  5. 経済制裁の間は何も運ばないという前提で計画を進めてはいかが?
    鉄道整備は時間がかかるのだから完成した数年後には制裁解除されているだろうことを祈りましょう。そして鉄道を通して人的交流ができたら離散家族も自由に行き来できるようになるかもしれません。

    1. お花畑な話です。
      敵国(独裁者)と鉄道を通すなどキチ○イ沙汰です。
      何故、物質ではなく軍隊や戦車が輸送されてくると考えないのでしょうか?
      シベリア鉄道という前例も有ります。
      まあ、文タンとしては首領様への支援になりますが。

コメントは受け付けていません。