韓国野党「赤ちゃん産めば1億ウォン支援する政策が必要だ」

共に民主党の「最低賃金あげる」政策、いわゆる所得主導成長を非難してきた自由韓国党。

その院内代表(院内総務)であるキム・ソンテ氏が、対抗政策を表明しました。

新生児1人に1億ウォンずつ国が負担する「出産主導政策」です。

適当でうですが「ものすごーく」金がかかりそうな政策ですが、財源はどうするつもりなのでしょうか。中央日報の記事から引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

出産のときに2000万ウォンを「出産奨励金」として支給し、それから20年で8000万ウォンを「出産支援金」で支給する・・という出産政策ですが、面白いのは、その財源です。

保守派の中央日報すらも「これはない」なニュアンスで記事を書いていますが、そこにこういう内容があります。

<・・今年推定される新生児の数、32万人だけで計算してみても、出産奨励金で128兆ウォン、出産支援金268兆8000億ウォンなど、20年間で396兆8000億ウォンが必要である。この財源はどのように調達するというのか。

キム院内代表は「ムン・ジェイン政権が公務員17万4000人を大挙増員するというが、そのせいで今後330兆ウォンがかかる」とし、その予算を出産支援金に回すと主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180908100051558

 

この「前の政権のお金」でやればいい、「前の政権の政策の分を回せばいい」という話、右も左もなく、前から何度も聞きました。セウォル号の時にはCEO一家の私有財産でなんとかするとかそんな話もありましたが・・

 

所得主導 対 出産主導。どちらが勝っても破綻しそうな気はします。赤ちゃんつながりで某アニメのタイトルを少し変えてみると、「未来のコナイ」とでも言いましょうか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

99+

“韓国野党「赤ちゃん産めば1億ウォン支援する政策が必要だ」” への75件の返信

  1. 出産時200万円
    20年間の養育費が800万円と換算すると
    妊娠出産時の勤労できない分出産諸経費が1年分200万円と
    成人までの毎月の子供手当が3万円とみなせば 
    野党が云うところの支給額は 多すぎる金額でもないのか。
    資本主義国の政策というより 社会主義国の政策に見えてしまいます。

  2. 生むだけで金貰えるならそらポコポコ生むだろうなー。
    その先を何も考えてないのが韓国らしい。
    まあ、少子化は解消されるだろうね。数値上では。

  3. 子供を産んだ人または家庭にお金を出す案自体はそう悪い事とは思えません。
    配り方は色々あるとは思いますし場合によっては効果も疑問ではありますが。
    ただ、公務員増員の為の予算をそれに充てるとして
    元々公務員増員の為の予算はどこから出す予定なんでしょうね?
    それも何かの政策の予算を充てるつもりだった
    …以下∞…なオチなのではという気もしますが。

  4. ヘル朝鮮と自嘲する国で女性が出産しようと思うでしょうか?

  5. >匿名 女子さん
    自己レス 追記
    >あとは、子供ができにくい体で悩んでいる友達もふたりいて、ひとりは30万円出して夫の子種で人工授精しました。結局その後離婚で、ひとりで子育てしていますが。人工授精もえらい高額なので、保険適用にするとか。

    ああ、自分で行って閃いたぞ!

    婚姻して3年以上子供が出きない夫婦に検査と人工授精を保険適用とする。
    結婚した夫婦6組のうち、1組の割合で不妊症で悩んでいてけっしてめずらしくないです。
    私の友人、知人も3組不妊症で、1組は人工授精で子供を作りました。
    現在は目安で、453,000円~483,000円
    体外受精にかかる費用は、全て自費扱いとなります。(別途再診料が通院日数分かかります)
    子供が欲しくてたまらないという夫婦、または独身女性に
    まず体外受精費用を全額保険適用にすれば、有効な子育て支援につながると思いますがいかがでしょうか?

    1. >まず体外受精費用を全額保険適用にすれば、有効な子育て支援につながると思いますがいかがでしょうか?

      今の頭の固い自民党政権では無理な政策ですね。
      一億総活躍社会を目指す、と言いながら、どんどん保険額を減らして、高齢者は家庭で見るべきだって言い出す政党ですから。

      「家」や「家長」の制度が崩れるから夫婦別姓は認めない。とか

      現在の日本にはフランスのように出生率を上げる政策は出てきそうもありません。

      党は一緒でもどっちでも良いから、今の議員を総取っ替えするくらいの改革が必要だと思いますね。

      1. >紫電改のタカさん
        >今の頭の固い自民党政権では無理な政策ですね。

        実際、今ですら財政赤字がすごいので、これ以上お金をばらまきたくはないでしょうね。
        なので、財源としては

        人工中絶費用が、
        初期の場合、18-19万円くらい
        中期の場合、30-50万円くらい
        ですが、人工中絶初期の場合は補助金はでませんが、
        人工中絶中期になると、死産扱いとして、出産育児一時金として国から
        40万4千円が支払われるそうです。
        このため、わざわざ人工中絶中期になるまで待ってから
        人工中絶をされる方が多いんだそうですが、
        人工中絶中期の手術は初期に比べると極めて体に負担が大きいのだそうです。

        だいたい人工中絶初期にはお金をださないのに、人工中絶中期にのみ
        出産育児一時金をだすのはおかしいです。人工中絶と死産は明白に分け、
        今後中絶に補助金はださないか、出しても半額にする。
        そしたら、わざわざ人工中絶中期まで待って、母体を著しく損傷して
        不妊症や次回の妊娠での流産・早産、癒着胎盤等のリスクをあげる人も少なくなると思う。

        そもそも、人工中絶中期にも「出産育児一時金」がでることを知らない人も多いだろうから、
        反対意見も少なくないのでは?
        人工中絶中期の出産育児一時金を体外受精の補助金に回してはいかがでしょうか?
        女性はともかく男性に反対はいない気がする

コメントは受け付けていません。