韓国の民間信仰、「家宅神(ガテクシン)」

お稲荷様のご神札をいただき、神棚を用意し、毎日朝になると米、塩、水をお供えするようになって、約1ヶ月が経ちました。いつも参拝している稲荷神社はこの地域の鎮守社とのことで、このまま良き縁が続いたら、と願っています。

言い換えれば、日本の神道は「神様を家の中にお迎えすること」とも言えるのではないでしょうか。

私が知っている限りだと、韓国の民間信仰では「神をお迎えする」ことはありません。

韓国でも、仏教信徒の場合は、家に仏壇がある場合もあります。でも、日本に比べると「ほとんどない」と言ってもいいでしょう。また、日本では家庭にある仏壇が家族の霊を供養する意味もありますが、韓国では、家庭の仏壇で家族の霊を供養したりはしません。キリスト教でも十字架を壁にかけて、そこに祈ったりします。そういうのは「神をお迎えする」という考え方と似て非なるものかもしれません。

でも、韓国の宗教・・例えば民間信仰とか、そんな信仰で「神を家にお迎えする」要素はありません。

私が知らないだけなのか、本当に無いのか、ちょこっと調べてみました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国の巫俗(民間信仰など)では、神の力で「悪いもの」を追い出すことが基本になります。そういう呪術的な道具、殆どは「札」の形をしているそれらを、符籍(ブジョック)と言います。

中国発の人気キャラ(?)、キョンシーの映画・・もう古いよと言われそうですが・・を見ると、キョンシーの額に何かの札を付けるとキョンシーが動かなくなったりしますね。そういうのを韓国では全て符籍と言います。

新羅の説話に登場する、海の竜王の息子とされる「チョヨン(處容)」という男がいます。ある日、悪鬼が寝ているチョヨンの妻とあんなことやこんなことをしました。

すると、チョヨンが踊りだしました(なんで?)。

チョヨンの踊りを見た悪鬼は許しを請いました(だから、なんで?)。

その物語から、チョヨンの似顔絵などを、「悪鬼が近寄らない」ことを願って家に貼ることになった・・のが、符籍文化の始まりだと言われています。

 

でも、それは「神をお迎えする」とは違うのではないか・・と思ってもっと調べてみた結果、韓国にも昔は「家宅神」というものがあったことがわかりました。

たとえば「台所」「庭」といったふうに、それぞれの場所にそれぞれの家宅神があったとのことです。

もっとも有名なのは、ソンジュ(城主)という神で、小さなハンアリ(ツボ)の形となります。マル(板の間)の神です。

※画像は昌原(チャンウォン)市のホームページよりキャプチャーしました※

 

ですが、家宅神に関する信仰は、今では『資料すら殆どない』ほどに消滅している、とのことです。なにせ、韓国でずっと暮らしてきた私が初めて耳にしましたから。

個人的に、これらが儒教思想と衝突したのはないだろうか、と推測しています。家宅神は基本的に「ご先祖様」の神となります。儒教思想では、先祖の霊が家に「特定の日に帰ってくる」ことはあっても、家に「留まる」ことはありません。先祖の霊は、子が祠堂を作ると、そこに留まることになります。それが無いと、消えるまでこの世をさまよいます。

2つの考え方が衝突し、負けたほうが『積弊』として清算されてしまった・・のではないでしょうか。邪推ですが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

 

“韓国の民間信仰、「家宅神(ガテクシン)」” への62件の返信

  1. 三重県のお正月飾りの事が書かれてありましたが、お正月には、おそらくですが、一般的に、床の間以外に台所、靴箱の上とか、小さなお餅でお飾りしてますよね。
    それって神道からなのでしょうか?

    日本は地理的、また他国からの侵略など長い間無かった特有の国です。ほんの150年前まで一般人は外国人も見たこと、もしかしたら聞いた事もないような国でしたから、後々色んな宗教が入って来たとしても、やっぱり神道が基盤が頑としてあり、それはもう信仰とかではなく生活において、当たり前のように普通になっている。
    その上、敗戦後、「日本は資源がない。一面の焼け野原、日本はダメだ、ダメだ」と ある劣等感で洗脳させられていました。
    それを跳ね返し、あっという間に先進国と呼ばれ、世界2位のGDPの国になりました。
    最近、なんかチヤホヤされて、日本もまんざらでもないって思い始めたくらいです。
    「えっ、そうなの?」などと、私なんぞは感じました。

    何か、つかぬ事になってしまいましたが、
    「韓国人は優秀だ」から始まる韓国と日本はそもそもが真逆だったという事です。
    そういう驕りは大切なものを一つ一つ失くして行ったのではないかと思うのです。

  2. >たとえば「台所」「庭」といったふうに、それぞれの場所にそれぞれの家宅神が……

    この風習について。
    日本の神道の総本家(?)でもある、三重県の伊勢地方では、
    今でもお正月に、玄関に飾る注連縄(しめなわ)とは別に、
    「井戸神さん」「竈神(くどがみ)さん」「厠神さん」&鬼門に当る家の北東の角などに、
    縦横15cm×15cmほどの、ミニ注連縄を飾る風習が残ってますよん♪

    まっ、現代となっては「井戸」も「竈(かまど)」もありませんから、
    水道周り&ガスコンロのあるキッチンにまとめて1つと、
    トイレに1つ、そして家の北東の角に飾ることになるのですが(苦笑)。

    古い時代の韓国で「家宅神」をどのように祭っていたのかが気になるところですが、
    アニミズム的な土着宗教として、非常に近いものがあるのではないか、と感じました。

  3. 前のコメントで国会図書館デジタルアーカイブスと書きましだが、ちょっと間違ってました。それと、URLを乗せなかったのは不親切でしたね。
    御免なさい。
    お詫びがてら、追記。

    国立国会図書館デジタルコレクション
     http://dl.ndl.go.jp/

    [朝鮮総督府]調査資料. 第25輯 民間信仰第一部 朝鮮の鬼神
     http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1147569

  4. >すると、チョヨンが踊りだしました(なんで?)。
    >チョヨンの踊りを見た悪鬼は許しを請いました(だから、なんで?)。
    「踊る。」の基本形は、足を踏み鳴らす行為ですね。
    足を踏み鳴らす。=御先祖様(鬼)を呼ぶ行為。
    (自分から遠い)御先祖様が、悪鬼(最近、御先祖様と為った)、自分に最も近い御先祖様を、処罰して欲しいと頼んだので、悪鬼は許しを請いました・・・。
    こんな所だと思う。

  5. なんで、チョヨン王子が そこで 踊るのか?
    なんで、チョヨン王子が踊ったら 悪鬼が謝るのか?
    私も 疑問に思います。

    けれど、いつだったか 駐韓米国大使が刺されて入院していた時、韓国人がその病院の近くで 踊っていた時がありました。

    不思議なことをする人達だと、思っていましたが、
    韓国人にとって「踊ること」は 悪霊を退治することになるのでしょうか。
    とすると、この時の悪霊は 誰だと思っていたのでしょうか?

    1. >朝鮮 ?さん

      >韓国人にとって「踊ること」は 悪霊を退治することになるのでしょうか。
      >とすると、この時の悪霊は 誰だと思っていたのでしょうか?

      不思議な踊りを見るとMPがごっそり落ちるんですよきっと。

      踊りと行っても、病体舞のように、とても失礼な踊りを踊る人達ですからね(身体障害者の物まね)
      日本だと日本舞踊を連想しますが、朝鮮にも朝鮮舞踊があり
      宮廷舞踊(呈才舞(チヨンジエム))と
      旅芸人のサダン(社党)たちの風物(プンムル)、遊女や妓生( キーセン)たちの舞踊、農楽(のうがく)(ノンアク)やカンカンスルレなどの民俗芸能の群舞など、いろいろありますが

      ムーダンの踊りは踊りながら、祈ったり、呪ったりするそうなので、呪いの踊りを踊ったのかも知れません。

  6. >正良心的日本人さん

    >元々仏教には先祖供養の考えはないので、先祖を仏壇に祀るというのは日本だけでしょうね。神道の考え方が仏教に反映された結果でしょう。そもそも「祀る」っていうのが神道の用語だし。

    そもそも仏壇そのものが日本の独自文化です。インド、タイ、中国、韓国などにはない。
    日本の仏壇は(寺院の須弥壇が原型)で、ので、本来は仏像を祀るためのもので、いちいち寺院までいかなくとも家庭の中に(仏間)と呼ばれる部屋を作りました。
    これがどんどん小型化して、仏様の掛け軸のみを床の間に飾ったり、仏像を省略して、位牌だけ設置するようになりました。

    仏教とはとても相性の悪い宗教なので、仏壇に位牌というのは変なんですけどね。

    位牌やお焼香は中国伝来の酒興なので、朝鮮にも位牌を祠堂などに安置する習慣が伝わっています。
    孔子以前の儒者達のお仕事は、お葬式屋さんだったそうです。

    ただし、現在の韓国人は位牌を祠堂に安置する習慣がそんなに残ってないそうです。なので、韓国人が位牌をどこにおいてあるのかはわかりませんが。
    中国も文化大革命の時に宗教施設等を大量破壊したそうで、現在、位牌をどうしているのかはわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。