抬棺示威

韓国には、テグァンシウィ(抬棺示威)という言葉があります。多分、中国でいう「抬棺しての抗議」がちょっとだけ変形された表現ではないか、と思われます。

そう一般的な言葉ではありません。韓国人でも、この言葉の意味を知っている人はほとんどいないでしょう。ただ、その韓国人に「病院に棺を持っていく」と言えば、「ああ、それか」とすぐなっとくしてくれる(?)はずです。

病院に棺を持っていくって、どういう意味でしょうか。普通なら病院で死んだ人の遺体のことか?と思われがちですが、韓国での意味はちょっと違います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

抬棺は「棺を担う」、示威はデモのことです。すなわち、病院に棺を持っていってデモをやること。

これは、病院で治療中に死んだ人の遺体を病院まで持っていって、「生き返らせろ」と要求しながら抗議する、という意味になります。棺を持っていって「生き返らせろ」と騒げば、その病院はまともな営業ができなくなってしまいます。ある意味、「相手がもっとも嫌がる形」のデモでもあります。

信じられないことですが、韓国ではこの「死んだ人を生き返らせろ」という主張が、「韓国人は、この世に人間の力で出来ないことは無いと思っている証拠だ」と美化されることもあるし、「だから現実順応の日本人より偉い」という根拠にもなったりもします。

 

病院側に何か非があって人が死んだのでしょうか?それはよくわかりません。ただ、棺を担って病院まで行った人は、そう信じています。病院の治療がまずかったのだ。だから「殺された」のと同じだ、と。

 

実際、遺体を使ってのデモは、韓国でもそうありません(無いわけではありません)。

ただ、同じ趣旨でのデモ・・「絶対的な悪行(殺人)を行った」相手に対する、「取り返しのつかないことをされた被害者」としての、「敵がもっとも嫌う形での抗議」。これは、韓国人が生きるにおいて、ある種の処世術みたいに影響しています。

去年、知韓派とされる台湾マスコミの人が、「韓国が日本に慰安婦問題を抗議するのは、抬棺示威(抬棺の抗議)にすぎない」と指摘したことがあります。確かに、反日にかかわる事案でも、この「抬棺示威」に準じたやりかたはよく見られます。「病院側のミスだという根拠(死亡診断書など)はあるのか」という、極めて単純なプロセスが、完全に無視される点。それが、抬棺示威の実態ですから。反日とよく似ています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“抬棺示威” への59件の返信

  1. これは、「韓国式のお葬式」の一様式だと考えれば、
    多少なり上手く理解できそうな気がしますね。(笑)

    日本でもお葬式というのは、
    実際には故人のためというよりも遺族のため、
    というのが大きいと思われます。

    遺された家族の悲しみをやわらげるため、
    故人の知人たちのお世話などで気を紛らわせるために。
    遺族が何かすることをわざと作り出すことで、
    悲しみを紛らせながら、心の整理を付ける時間として。

    そう考えれば、この「抬棺示威」というもの。
    まさに「韓国式のお葬式」と言えなくもないのでは
    ないでしょうか。(笑)

    病院で死ぬというのは、彼ら韓国人にとっては
    きっと理不尽そのものに見えるはずです。
    なぜなら、普通に考えて病院にお世話になるというのは、
    「治ることを期待して治療代を払っている」からです。

    それが治らずに死んでしまうというのは、
    感覚的・感情的に思考している韓国人にとって、
    「治療代だけ奪われて何も得ていない」となるわけです。

    納得のいかない遺族の感情をぶつける対象としての「病院」。
    理不尽(彼らの主観による)への怒りと家族・友人を失った悲しみを
    紛らせるための行為としての「デモ」。

    かくして、賑やかに執り行われる「韓国式お葬式」の
    醜く、そしてはた迷惑な「お祭り」の実情。

  2. 眠り猫
    >シャクナゲさん
    >死者への冒涜と言うものを知らないのか?
    死者への冒涜に関する追記
    日本人が、中国人、韓国人と大きく違う罪に対する考え方ですが
    彼らは(正しいか悪いか?)が基準です。
    けどあくまでも(自分たちにとって、自分の親やご主人様)にとって正しいか悪いか?なので、
    彼らの正義は、自己中心主義となります。自分の親が悪いことをしても
    親に味方し、悪を庇う事が(正しい)わけです。キリスト教、イスラム教だと
    (自分の親やご主人様)より上の存在の神様からみて(正しいか悪いか?)なので、
    儒教よりも視野が広い。仏教も(親やご主人様などを特別扱いするな)という宗教なので
    こちらも儒教よりも視野が広い。
    で、古代日本の宗教観は(正しいか悪いか?)ではなく(美しいか穢らわしいか?)です。
    祭り事を穢す。死者を冒涜する。近親相姦と獣姦の禁止、動物を殺す時に苦しめて殺すのも禁止。
    これらは(悪い事)というより(人として穢らわしい行い)とし、禁止されました。
    古代日本は(善悪)ではなく(清と罪穢れ)という、他国のとりわけ、中国と朝鮮とは異質の
    モラルを培ってきた集団なのです。

    よって、抗議のデモそのものが正しいかどうか?そこは
    関係なく、嫌がらせの材料に、棺を担ぎ出すという行為そのものが、日本人の目には(穢らわしい、忌まわしい、不浄な)人達にうつるわけです。

  3. これはつまり死んだ人間は決して生き返らないという真理を朝鮮人は経験から学んでいるってことだよな。
    そしてそれを決して覆らない上下の関係、すなわちウリとナムへとすり替えていく、と。

    要するに棺の中身を生き返らせろと言っているが別にその死体に生き返ってほしいわけでもなく病院や医者を責め立て続けられる立場に自分を置きたいdsけ、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。